夏|季節のお手入れ ー夏のシャンプーとその選び方ー|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0786 季節のお手入れ ー夏のシャンプーとその選び方ー

NO.0786 季節のお手入れ ー夏のシャンプーとその選び方ー

いよいよ8月です。ここ1~2日は久しぶりに涼しい風が吹く過ごしやすい陽
気になりましたが、元々8月上旬は一年で1番暑い時季ですのでしっかり体調
を整え乗り切ってください。

さて夏のトラブルとして、前回は角質の肥厚と乾燥のお話をしましたが、クレ
ンジングの選択は上手に出来ましたでしょうか?お手入れの中で一番気をつけ
たいのがクレンジングで、私はお肌のためにもう40年もクレンジングの必要
性とその選び方のお話をしてきました。いかに上手にクレンジングをするかは
肌の改善や老化にとても影響しますので、日々の手入れの中でしっかりと良質
のクレンジングを使い、肌のコンディションを整えるようにしてください。

さて夏本番に入るわけですがここでやはり気にしていただきたいのは毛髪です。
そうなんです、夏の髪のダメージがすごいのは女性であればとても納得出来る
ことと思います。
夏の髪に与えるダメージとしては
・紫外線
・頭皮の蒸れ
・頭皮の汗
・冷房による毛髪の乾燥
これらが一挙に毛髪および毛根をおそいます。西洋的に毛髪を分析してみます
と毛髪の主成分はテラチンというタンパク質です。内側からメデュラ(毛髄質)
→コルテックス(毛皮質)→キューティクル(毛小皮)という3層になってお
り、コルテックスにメラニンが内在して個々の毛髪の色を決定します。シャン
プーやトリートメントなどで毛髪ケアをしている訳ですが、先にのべた紫外線
などのダメージでキューティクルがダメージを受けて毛髪の根元ではなく、毛
先がどんどん痛んでいく訳です。自然なダメージの方にヘアカラーやパーマな
どは本質的ダメージとなり、枝毛や切れ毛の原因になります。そしてすべての
ダメージが重なって地肌バランスが悪くなり正常なヘアサイクルではなく、抜
け毛や白髪の原因になるのです。これが西洋的に見る毛髪トラブルということ
になりますが、東洋医学的にはまた違った見解があります。東洋医学では毛髪
は血余といって身の内の血の余りと考えられています。それは単に余りではな
く血液が運ぶ栄養が毛髪を作る!と考えているようです。ということは東洋学
的には毛髪は体調の変化が出やすい場所ということになります。体内の栄養が
身体の中を血液となって巡り、それを毛髪が受け止めるという考え方です。つ
まり、栄養状態が良ければしっかりとした毛髪になり、ツヤやうるおいがしっ
かりとでる!ということです。そして次のような言葉もあります。“腎の華は
髪に出る!”東洋医学的には、腎は腎臓というよりも精の生ずる所であり、生
命のエネルギーの源と考えます。腎が弱ると腎虚といって身体に力のない人は、
病気になってもずるずると長引くと考えますので、腎の力が血余といわれる丈
夫な髪になると考える訳です。ということは夏バテや水分の摂り過ぎ、汗の掻
き過ぎは“精”が少なくなり夏の終わりに抜け毛が起こりやすくなる!という
ことになります。西洋医学的には毛髪と地肌の関係、東洋医学的には栄養と精
の関係というように考えらているのですね!

それでは夏場はどのような毛髪ケアが良いのでしょう。まずここも地肌にやさ
しいアミノ酸系シャンプーの使用というところから考えて下さい!シャンプー
選びが秋のダメージ回復につながると考えてよいでしょう。もちろんノンシリ
コンのものがよく、シャンプーは髪を洗うというよりも地肌を洗うと考えまし
ょう。合成界面活性剤系のシャンプーは泡立ち・指すべり・泡切れなど使用感
の良いものがあります。そして香り!これもシャンプー選びには大切なポイン
トになりますよね!でも地肌にとってどうなんでしょう!という事です!特に
シャンプー回数の多くなる夏はシャンプー選びはとても大切なポイントです。
地肌は血液と結びついている訳ですから、出来るだけ毒性の少ないものを選ぶ
のはあたり前のことと考えます。

毎日毎日使用しているものから毒性の強いものが少しずつ身体に入って蓄積さ
れていくものを経皮毒といいます。この経皮毒、元気な時には気づかなくとも、
身体に力がなくなっている時に病気の原因になることが十分あり得るというこ
とです。髪を清潔にするもの、地肌をキレイにするもの以上に毎日使うものと
して気に掛けていただきたいのです!なぜなら毛髪のすぐ下は脳があり、自律
神経との関係がとてもある部分だからです。実際の毒性という点ではトリート
メントやコンディショナー等に使用されるのコーティング成分がかなり毒性の
強いものだということをお忘れなく!地肌にはあまり付けないように濯いでく
ださいね!そして夏はすっきりしたい、抜け毛を予防したいと考えるならば出
来るだけアルコール成分の少ない地肌用の栄養剤は毛根にとてもなじむものが
多く、良い毛髪が正常サイクルしてくれますよ!今回は夏のシャンプー選びを
お手入れとしてアドバイスさせて頂きました!血余は身体作りからというのも
お忘れなく夏本番を迎えて下さいね!

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up