夏|豆知識ー夏バテー|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0788 豆知識ー夏バテー

NO.0788 豆知識ー夏バテー

先週はノロノロ台風の影響で飛行機が欠航してしまい、1日おくれの出張でし
た。歴代1位になるのではないかというスロースピードの台風ですが各地本当
に被害が大きかったようですね!私の住んでいる茨城もこのところ地震が結構
あり、油断出来ない夏です!しかもお盆の時期は梅雨寒のような気候で体調を
崩される方も多いようです。低温、高湿度の体調管理は難しいので羽織れる服
を一枚準備するなどして乗り切りましょうね!

さて、予想に反して冷夏の様相を漂わせる今年の夏ですが、今日は夏の終わり
対策、“夏バテ”の勉強をしていきたいと思います。私も一番気をつけなけれ
ばいけないのが睡眠時間なのですが、こんな言葉がありました。“睡眠負債”
睡眠コンサルタントの方のお話しの中に出てくるキーワードですが、これは、
“寝不足の蓄積”ということだそうです。この蓄積がつもりつもると、まず生
活習慣病リスク、精神疾患リスクが上がるそうで、6時間睡眠を14日続ける
と脳のレベルが丸2日徹夜したのと同じレベルまで低下すると言われ、5時間
ですと缶酎ハイを数本飲んだレベルまでに低下するのだそうです。そしてこの
負債は寝だめでは解消されないそうで、しかも寝だめは体内時計のバランスを
崩すので体調不良に陥りやすいといわれています。私は寝だめこそしませんが
自宅では6時間弱でしょうか!出張時の方が体調管理を考えるので早く寝てい
ます。それでは負債を返済するのはどうしたらよいかと考えますと、やはり1
日7~8時間の睡眠をとる必要があるそうです。ただOECD(経済協力開発
機構)の研究データで先進国26ヶ国中日本は25番目で睡眠時間が短いそう
です。要注意ということですね!ただやはりよくいわれる昼寝は睡眠不足には
とても効果があり、こちらの先生いわく、15時までに15分でよいので昼寝
をするとかなりの睡眠不足解消になるという事でした。大切なことは15時ま
でということ!15時を過ぎて睡眠をとると夜の睡眠に影響が出てくるそうな
ので、昼休みに時間ある方はぜひ実行してみましょう。

個人的な話しで恐縮ですが、初めて“24”というテレビドラマを見てまして
現在時間を忘れて夜中に見ております。なんといっても5分間時間が経つのに
ドラマでは50分かかってしまうんですから、先を急いでしまうという!24
ファンの方は大昔に体験したことを今シーズン2というスローペースで初体験
しているところです。ヤキモキしますね!(海外ドラマ好きなんです!)
これはいけません!特に夏の夜更かしは体調不良の原因になりますから今日か
ら気をつけたいと思います。

そしていつもお話しする自律神経との関連ですが、明るい店内が売りのコンビ
ニへ夜中立ち寄ることを避けることが望ましいのです!ほとんどの照明が真昼
くらい明るいコンビニですが、交感神経を活性させて購読意欲を高めるという
目的で設定されています。そのため夜遅く帰宅される方には立ち寄って欲しく
ない場所になります。交感神経が活性させられると目がさえて眠気がうすれて
しまうからなんです。

そして夏バテ対策は食事も大切な要因です。ついつい食欲が落ちてしまい、素
麺など軽い物を召し上がることが多いと思いますが、良質のタンパク質、ビタ
ミンはしっかり摂ることをお勧めします。果物やお肉、とくに豚肉はビタミン
B群が豊富なので、疲労回復効果がかなり見込めます。ご存じのように豚肉の
赤味がビタミンB群を多く含んでおり、牛肉や鳥肉は少ないのです。例えば気
温が35度くらいとするとビタミンB1の消費量は3倍になると言われていま
す。ビタミンB1にはブドウ糖(糖質)をエネルギーにする役割があるのでと
ても大切です。ちなみにエネルギーにならなかった糖質は乳酸に変わって食欲
不振や疲労物質になりますから、ビタミンB1はしっかり摂りましょう。
VB1を多く含む食品は豚肉・うなぎ・ナッツ類
VB2を多く含む食品は豚レバー・鶏レバー・牛レバー・うなぎ・牛乳
VB6を多く含む食品はかつお・まぐろ・牛レバー・さんま・バナナ
などがあげられます。

それから日本人の国民食でもある梅干しパワーもクエン酸が豊富なので夏バテ
にはとても大切です。クエン酸は疲労物質をエネルギーに変えてくれる働きが
ありますので、特に夏には良いですよ!ただし塩分もありますので、たくさん
は避けませんと胃によろしくないので1~3粒くらいまでが適当です。そして
夏の旬の果物であるスイカは水分が90%といわれる果物なので、体に水分を
効率よくとり入れられるということでもお勧めになります。

そしてあまり冷房の中にばかりはいないようにしたいものですが、仕事でずっ
と室内という方も多いと思います。そんな方にはぜひ入浴で冷え取りをお勧め
したいものです。“汗をかく”ということも大切ですので夜湯船にしっかり入
る!これは1日の終わりにとても代謝促進及び睡眠にも大切な前準備になりま
す。1人暮らしまたはいつも夏はシャワーという方には、毎年お勧めする足湯
ならお風呂用イスとバケツがあればOK!10~15分でかなり温まりますよ!
1日の疲れをしっかり解消するのには入湯はとても大切です。これもお忘れな
く実行して下さいね!

そして最後の注意として、「夕方シャワーをしたからもういいわ!」といって、
おやすみ前のケアをされない方が夏は増えますが、これは肌にとってはとても
ダメージにつながります。寝る前のダブル洗顔とケアは入浴が早くても、おや
すみ前に必ず行って下さい!特に暑さでクリーム類が汗で流れる~と言われる
お客様多いですが、せめて目の回りはダメージに弱い部分なので、クリーム、
アイクリームなどしっかりつけておくと秋風が吹いても老化を感じさせません
ので、これもよろしくお願いします。まずは夏バテ要注意でお過ごし下さいね!

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up