春|季節のお手入れー梅雨時期のお手入れー|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0778 季節のお手入れー梅雨時期のお手入れー

NO.0778 季節のお手入れー梅雨時期のお手入れー

風はまだ初夏なのに気温は真夏です。夜は気温が急に下がりますので体調を崩
されている方が私の回りにも結構出ています。関東では日中気温が30℃とい
う日もありますので、湿度のない5月はお肌に乾燥というストレスが発生する
ことになります。そして6月はいよいよ梅雨入りです。今年の梅雨入りはいつ
頃になるのでしょうか?資料によると最も早い梅雨入りは1963年5月6日
だそうです。びっくりですね!もっとも遅い梅雨入りは1967年と2007
年の6月22日だそうです。いずれも関東地方の情報ですが、平均すると6月
8日頃だそうです。そして梅雨明けは2001年の7月1日が最も早く、19
82年の8月4日が一番遅い梅雨明けだそうです。平均は7月20日頃だそう
ですから、約1ヶ月半の間梅雨の不快な日が続く訳です。ジメジメとした雨の
日はやはりつらいですが、まあ毎日ではないのでなんとか乗り切りましょうね!

さて梅雨を迎えるにあたり、今回はベタベタ時期のスキンケアについて勉強し
てみましょう。実際に過ごしやすい湿度は40~60%くらいの間といわます
が、梅雨時期は湿度80%越えもめずらしくありません。肌もベタベタした感
じで不快感を感じる方も少なくないと思います。私も上京して初めての梅雨~
夏の記憶がいまだにあります。湿度のない青森から東京に来て身体中がジメジ
メ、ベタベタにただ不快でビックリしたことは本当に忘れられません。この時
期、保湿ができていいね!というキメ細やかな超乾燥肌の方もいらっしゃいま
すが、本当に稀かと思います。

梅雨の肌はベタツキや毛穴の開きがとても気になり、痒みのある湿疹が出る場
合もあり、肌にとっては結構むずかしい時期です。冬の肌は与えることによっ
てバランスがとれますが、梅雨~夏にかけては与え過ぎもよくありません。し
かも外気は湿度がものすごく、社内や家の中では冷房が始ります。この冷房、
暖房の切りかわり時期、カビの影響がとても多くなり、肌トラブルの原因にな
ることが多くあります。そして湿度⇔冷房でインナードライ状態をつくり、肌
が乾燥するために皮脂の分泌が活発になります。皮脂が多い肌表面には汚れが
つきやすく、ニキビや肌あれの原因になるという悪循環が起こります。乾燥し
ているという認識により、脳から皮脂の分泌指令が出て脂分が多くなりますの
で、脂分が多く感じられる方は実際には水分が不足している状態ということに
なります。この状態で水油バランスを測定すると、水分が全然ない数値になり
ますので脂分は水分のかわりにならないという事がとてもよく理解できると思
います。肌にとって大切なことはバランスですので、梅雨の時期のお手入れは
“どのように水分をしっかり入れるか!”となり、これが老化やトラブル対策
になるということです。

まずお手入れの基本はやはり毎日のダブル洗顔からスタートです!クレンジン
グをして洗顔をするというあたりまえのスキンケアですが、梅雨~夏は「日焼
け止めだけだから洗顔だけにする!」という方が意外に多いのです。日焼け止
めだけの場合は何度か重ねづけして頂かないと効果が持続せずにシミなどの原
因になります。そしてスキンケアでクレンジングをしないということは逆にソ
バカスやシミの原因を作るということなのです。これは油性の汚れが残り、そ
の酸化が原因となります。クレンジングの種類はいろいろありますが、たっぷ
り目に使用して、汚れを溶かすように使用することがポイントです。ただし、
お肌のキメが細かい方やニキビ、湿疹などのトラブルの気になる方はやはり肌
に優しいクリームタイプが良いでしょう。そして次に洗顔ですが、まずはよく
素洗いをして、クレンジングの残りなどを流してからソープ剤をよく泡立て使
用して下さい。クレンジングも洗顔も目安は40~60秒、つまり1分以内で
すから、擦り過ぎのないように気をつけましょう。結構このダブル洗顔のミス
で皮膚表面にキズをつけてしまう方がいらっしゃいますので、くれぐれも力を
入れて擦らないようにして下さい。

ダブル洗顔は365日実行して頂きたいので、これは梅雨時期とは関係ありま
せん。つい癖のあるスキンケアをしやすいのでここは押さえておいて下さい。
そしてお肌の梅雨対策としては、インナードライを防ぐということで、化粧水
のパック(湿布)が最適です。色々なタイプの化粧水がありますが、肌にストレ
スを与えずに効果を期待したいのであれば添加物の少ないタイプが必要です。
たとえば色素、香料、アルコールフリーのもの!もっとやさしく浸透させたい
ときはこれに界面活性剤もフリーのものを探しますと、かなり肌へのストレス
はなくなります。その中に優しい成分の配剤があればいうことなし!効果的に
作用するでしょう。紫外線は晴天を100%として雨の日でも20~30%は
影響します。曇りの日でも70%は肌に影響しますから肌を柔らかくし、保湿、
自然の新陳代謝をアップさせるローションパック(湿布)は紫外線、インナード
ライ対策、代謝促進と期待ができます。時間は必ず10分以内で、まだしっと
りしているコットンで終わって下さい!コットンが乾いてしまうと逆効果にな
ります。そしてエッセンス、少量のクリームなど使用して肌をやすめてお休み
下さい。気温、湿度が上がっても肌に優しいお手入れは手を抜かないようにお
願いしますね!

今日は基本のダブル洗顔と初心にかえってローションパックの復習でした。
メークも毎日忘れずにお願いしますね!

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up