冬|豆知識ー五十肩ー|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0712 豆知識ー五十肩ー

NO.0712 豆知識ー五十肩ー

すっかり秋も深まり寒さにも慣れつつあるのではないでしょうか。日本人にと
って四季の移り変わりは当たり前のことですが、この四季という変化、日本独
特のものなのです。もちろん世界にも日本と同じくらいの緯度にある国には四
季はあるのですが、島国である日本は大陸の高気圧と太平洋上の高気圧がぶつ
かるところにあるため、気候の変化がはっきりしているようです。他の国はほ
とんどが大陸のため、これほどはっきりした季節の差がないといわれています。
世界的にも四季のある国は結構ありますが、春に梅~桜、梅雨に紫陽花、夏は
収穫期、秋に紅葉、冬は雪という四季の持つ表情は日本人の国民性にも反映さ
れているといわれ、そんな日本に生まれ育っているということは、情緒的にも
感性が豊かになってとてもプラス面が感じられますね!

さて今回の豆知識は、ついこの間私に起こった肩の激痛から、肩の痛みについ
て勉強してみましょう。まったくの私事なのですが、10月の15日くらいに
肩に違和感を覚え17日からは右肩激痛!夜も痛くて辛いほどになり、日中も
手が上がらなくなりました。初めての体験でしたが、着替えに10~20分か
かる!ここでも激痛!肘から上に手が上がらなくなり、脇も動かせなくなりま
した。自分なりに考えてみますと、出張が続き、キャリーを引く右肩に負荷を
かけて引いたためではないかと思ったのですが、“脱臼しているんじゃない!”
というアドバイスもあり、出張の予定も詰まっていましたので、意を決して外
科の病院に行ってきました。「五十肩ですね!」といわれて痛み止めをいただ
いたのですが、この日がピークで熱まで上がってしまいました。肩の痛みで熱?
ということで本当に大変でした。出張先の仲の良い先生に話すと、仕事はとて
も気を使っていただき、スタッフに助けてもらいながら何とかこなした後、多
量に田七人参(三七-田七)の健食を飲むようにいわれ、消炎剤と共に田七を
何度かに分けて飲みました。翌日、肩に違和感はあったものの、あれ?痛みが
全然違う!ちょうど一週間の激痛からびっくりするほど痛みが取れました!ギ
ックリ腰と同じ理論で一週間なのか?田七が効いたのか?とにかく痛みはなく
なりました。今も田七は飲ませていただいていますが、田七のコマーシャルで
はありませんのでご理解ください。

この体験から、肩のこりも肩の痛みも大変つらいということを身をもって知り、
ちょっと調べてみましたら、何と肩こりは国民病といわれるほどその患者数が
多いということで、またびっくり!私は肩が張っているといわれるのですが、
実際に肩こりを感じたことはほとんどなく、今回は血流の問題があったのかも
しれません。そこで、肩こりがシグナルとなる病気を少し勉強してみました。
・両肩がこる⇒自律神経の乱れ、ウツの症状は血行不良になる。
・肩こりと背骨、肩甲骨の間の痛み⇒胃腸
・左肩のこりと痛み⇒心臓
・右肩のこりと肩甲骨の痛み⇒肝臓
・その他肩に激痛が走る⇒五十肩または石灰沈着性腱炎
※肩を酷使する職業の方は例外になります。
肩のこり、肩の痛みもこのような原因になることがあるのですね!ということ
は、肩のこりも病気のシグナルということが言えます。私は石灰沈着性腱炎と
いう痛みの強い五十肩だったのですが、アッという間に痛みもなくなり本当に
ラッキーでした。私の知り合いの社長さんは2年間も痛みが続いたとおっしゃ
っていましたし、友人は肩の激痛が治らずに注射をしてもらったといっていま
した。私も痛みが取れるなら注射くらい全然OKでしたが「そんな治療はあり
ません!」といわれました。今となっては強い痛み止めをしなくて良かったと
思っています。痛み止めはステロイド剤や鎮痛剤なのですが、ステロイドの乱
用は、お肌同様骨をボロボロにする副作用があるようです。しかし初めての体
験でその痛みのつらさはよく理解することができましたので、十分注意しなけ
ればなりませんね!そしてもし50肩であれば肩甲骨のストレッチが有効だそ
うです。

たまたま一週間で楽になり、今はもう何でもなくなりましたが、キャリーバッ
クを4輪に買い換え、田七を飲み、寝ながら代謝できる秘密兵器も利用して、
現在60年近く酷使した身体のメンテナンスをしております。やはり肌と同じ
で身体のどこかに何かを発したらメンテナンスは年齢に関係なく心がけましょ
うね!

ちなみに50肩というのは総称で30代の方でも発症すれば50肩だそうです。
これは江戸時代、人生50年といわれた頃、老化を感じる方の痛みを50肩と
呼んだことから発しているようです。若い方も年相応の方もご注意くださいね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
   http://www.cher-couleur.com/mail_magazine/
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop_info/
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒104-0042 東京都中央区入船2-7-4
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『お肌の学校』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up