夏|豆知識ー火の国日本ー|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0700 豆知識ー火の国日本ー

NO.0700 豆知識ー火の国日本ー

台風が近づいているようです。今年はずいぶん早くから台風が近づいていまし
たが、本来の台風シーズンということでしょうか。台風シーズンになると気圧
の関係で体調不良やイライラなど夏バテのような不快感を感じる方が少なくあ
りません。そろそろ陽も短くなり夏も終わりに近づいた感じで、残暑に対して
要注意の体調管理ということになりますね!

さて今回は御嶽山の噴火に続き、箱根山の火山性地震、そして桜島と続いて緊
張がいっぺんに高まった火の国日本について勉強してみたいと思います。社会
科の勉強で日本は世界でも有数の火山国である!と習ってはいるものの、実際
に現実味はあまり感じていない方がほとんどだと思います。岐阜と長野の県境
にある御嶽山の水蒸気爆発は“いったいどうしたの!?”という感覚でした。
57名の尊い命が奪われたこの爆発!そこに関東地区では誰でも知っている神
奈川県箱根山での火山性地震!さらに桜島の噴火と続きますとやはりしっかり
した知識が必要になってきます。

近年1900年代からの犠牲者の出た火山噴火を調べてみますと、
1900年 安達太良山 死者 72名
1902年 伊豆鳥島    125名(全島民)
1914年 桜島       59名
1926年 十勝岳     144名
1940年 三宅島      11名
1952年 ベヨネース列岩  31名
1958年 阿蘇山      12名
1991年 雲仙岳      43名 
2014年 御嶽山      59名
という資料がありました。死者数は資料通りに挙げてみましたが、死者の出る
火山噴火がこんなにあったのかと驚かされました。2013年小笠原諸島の西
ノ島は噴火から1年半以上で、ついに島の大きさが東京ドームの50倍以上に
なっています。このニュースはときどき見かけても“そうなんだ!”と思う程
度でしたが、火山は地下で脈々と活動しているということですね!

日本で20世紀最大の火山噴火は、桜島大正大噴火という1914年の噴火で
す。M7.1の地震の約8時間後に大噴火が起き、家屋の全半壊300棟以上、
小規模津波も発生したという記録があります。それからちょうど100年、桜
島の噴火警戒レベルがまたアップしたわけです。そしてその前に同じ鹿児島県
の口永良部島でも火山性地震が頻発しているということも怖い感じがします。
代表的なリゾート地、軽井沢に行ったことがある方は、北軽井沢の“鬼押し出
し”をご存知の方も多いと思います。これが江戸時代の天明3年(1783年)
浅間山大噴火の溶岩が流れ出して作られたものです。かの有名な“上毛カルタ”
に「浅間のいたずら鬼の押し出し」と読まれています。5月の初めから小規模
噴火が始まり、7月末から本格的な噴火が起きて、8月2日に噴煙柱を上げな
がら大噴火が始まり前橋や高崎方面の東南東方向へ火山灰を降らせたそうです。
8月4日に火砕流が発生して北軽井沢の別荘地南部を襲ったそうです。そして
8月5日噴火と共に鎌原火砕流が発生して土石流と共に1400名以上の犠牲
者を出したそうです。鬼押し出しの歴史です。

簡単に書いてみましたが調べる程に地震と火山は日本にとって切りはなせない
大災害につながるということ!そしていつ起こるかわからないということがよ
くわかりました。それにしても天災とはすさまじいものです!しかも地質学で
みると火山活動は12万年前にさかのぼり、日本での巨大噴火は17回記録さ
れ、7000年周期だそうです。そして直近は7300年前の“鬼界カルデラ
噴火”だそうで、7000年周期から見ればすでに300年過ぎています!し
かし有名な理学博士である高橋正樹日本大学文理学部教授でさえ予知は不可能
といわれていて、万一に備えての防災対策の必要性を訴えておられます。すで
に遅いですが、川内原発の緊急対策も指摘されていました!ちょっと怖いです
が、高橋先生の著書はわかりやすく、そして鳥肌物の勉強ができます。興味の
ある方は探してみてくださいね!

東日本大震災後、日本列島のゆがみは間違いなくあるわけですから一人一人が
防災の意識を持ちましょう。今日は私自身も日本が火山国であることがよくわ
かりました!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
  http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
     http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒104-0042 東京都中央区入船2-7-4
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up