夏|季節のお手入れー暑い夏のこれだけスキンケアー|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0698 季節のお手入れー暑い夏のこれだけスキンケアー

NO.0698 季節のお手入れー暑い夏のこれだけスキンケアー

毎日暑い日が続きます。体調は大丈夫ですか?周りでも体調を崩している人が
増えているようです!全身のだるさ、倦怠感、食欲不振、その流れで頭痛や夏
風邪を引き起こし、変な汗と全身倦怠感と微熱で、またまた体調不良という悪
いパターンの方も多いようです。夏こそ栄養価の高い食事をしてくださいね!
肉類などのタンパク質、米や玄米、野菜に卵、バランスを考えてしっかり少し
でも食べること!これが大切です。食欲がないからとバランスの悪い麺類に走
ってしまうと夏バテの原因になりやすいので要注意です。そしてスナック菓子
も、お腹は満たされても免疫力は上がりませんので気を付けてください。水を
摂るのは良いですが、味のある飲み物、ソーダ類なども食欲不振の原因になり
ますから注意してくださいね!

さて今回は、どうしても暑さと湿度でさぼりがちになるスキンケアについて勉
強して、夏のケアを考えてみましょう。日本は高温多湿で発汗がとても感じら
れるお国柄、何だか肌もすべすべとして調子がいいなぁーと感じる方、ベタベ
タとバランスが悪くつっぱるなぁーと感じる方、トラブルのある方、特にニキ
ビや成人型ニキビで悪化したり痒くなったりする方など様々です。中でもトラ
ブルのない方は、お手入れをほとんどしなくなる方も結構いらっしゃるようで
す。その理由を聞いてみますと…
・化粧水をつけると上から汗がでる。
・クリームなんてベタベタでとてもつけられない!
・メークはほとんど落ちてしまい、夕方には顔を洗いたい!
など、色々なご意見がありそれぞれごもっともです!ただし、それでいいのか?
ということになると、元々手入れが苦手なおばちゃん風お姉さんたちはバッチ
リとおっしゃると思いますし、ある程度お手入れの必要性を感じる方は、まず
いんじゃないかなァーと思っているでしょう!人それぞれですが、5年後の肌
を考えると、絶対に最低の手入れは必要になります。

以前ニキビで悩む男子高校生の肌をフォローしていたとき、顔中のニキビでか
わいそうなくらいだったのですが、2ヶ月くらいでかなり改善され、顔の皮脂
もずいぶんキレイになって毛穴も落ち着いてきた頃に夏休みに入りました。サ
ッカー部だったのですが、夏休みにカウンセリングに来たときキレイになった
はずの顔が皮脂で脂ぎってトラブルが悪化していました。いろいろ話を聞いて
みるとケアはしっかりしてくれていましたが、落とし穴がありました。夏休み、
部活が終わって夕方入浴して、改善のためにしっかりクレンジング、化粧水等
のケアを夕方おこない、安心してそこから夜まで何もせずに過ごして寝て、朝
起きて洗顔だったのです。わかりますか?一度きちんとクレンジングをして皮
脂成分を分解しても、ニキビ肌の男子では3時間以上経ったら、寝る前にもう
一度メーク落としではなく、皮脂汚れ分解のためのクレンジングをしなければ
過剰の皮脂が肌の表面を覆ってアクネ菌などの絶好の温床になってしまうわけ
です。そこで、夜寝る前にもう一度しっかりケアをしてもらうことにすると、
一週間ちょっとで肌はしっかり落ち着いてきました。トラブルのある肌なら、
すぐに理解できることだと思います。実はトラブルのない肌の方もすぐには現
れなくても確実に老化の原因になっています。夏は紫外線、汗以外にもシワと
タルミの原因を作ってしまうということを感じてください。ただし、フルにお
手入れといってもクーラーのしっかり効いた室内ならば何のことはないのです
が、夏の環境は色々なので、最低の手入れで秋現実に直面して落ち込まない程
度のケアをお話ししておきましょう。

ポイントは入浴時、メークなど何にも着いていないと思ってもクレンジングは
毎日すること!できれば肌に肌にやさしいクレンジングで行いましょう。そし
て洗顔、よく泡立ててあまり擦らないでください。すすぎは丁寧に!特に目の
周りはしっかりすすいでください。その後、汗が引いていなくても化粧水か導
入液を使い少しの間乾かしましょう。そして身支度を整え、もう一度化粧水を
しっかり使用して、エッセンスなどあれば使用し、最後はアイクリームかクリ
ームを目の周りに少し多めに使用してください。最低の夜のケアはここがポイ
ントです。目の周りは他の肌の部位と比較して角質の厚みが1/2~1/3しか
ありませんし、再生能力も一番弱いところです。表情ジワの発生もかなり心配
な部分ですし、クマやシミも発生しやすい部位なので夏もしっかり守ってあげ
ることが大切です。室内はクーラーの効いた環境、一歩外に出れば汗だく、そ
れを繰り返している私たちは寒い冬よりも汗を拭いたり擦ったり、乾燥したり
と夏の肌は忙しいストレスがいっぱいなのです。

朝も目の周りはクリーム類を使用し、日焼け止めもしっかりしてください。た
だしSPFの高い日焼け止めは肌の乾燥を招いてしまいます。パウダーを上か
ら乗せていただくことで長時間SPF作用を保つことができますのでパウダー
やファンデーションの組み合わせを活用すると良いでしょう。できれば紫外線
散乱作用のあるパウダーがお勧めで、上から何度も押えることでUV効果を持
続することができます。どうでしょう?簡単だと思いませんか?まだまだ続く
夏にすぐできる夏のケアです。最低ラインをキープし、毎日のケアをお願いし
ますね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
  http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
     http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒104-0042 東京都中央区入船2-7-4
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up