夏|季節のトラブルー汗と臭いのトラブルー|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0697 季節のトラブルー汗と臭いのトラブルー

NO.0697 季節のトラブルー汗と臭いのトラブルー

梅雨が明けました。洗濯物がカラッと乾き、気持ち良いことこの上ありません!
今年は冷夏予想が出ていますが本当でしょうか?5月の台風の発生が起因にな
っているようです。その他調べてみますと、気温は平年並みで湿度の高い蒸し
暑い“ジメジメ夏”と予想しているところもあります。“冷夏”なのか“ジメ
ジメ夏”なのか、今のところ“暑い夏”しかわかりませんね!そんな夏の対策
として、今回は汗の勉強をしてみましょう。

先日、年に2回伺う千葉県勝浦のお店様に行くJR特急の中で、車両前半分が
すさまじい汗臭さで鼻が曲がりそうになりました。しかし人というのは慣れる
と感じなくなるもので、最初だけ辛かったのですが、席もその方から10列程
離れていたのも幸いでした。その臭いは、汗の臭いでもあきらかにワキガでは
なく、すっぱい汗の強烈な臭いでした。いわばお風呂に入っていないホームレ
スの方が時々放つ臭いとでもいいましょうか…。とにかく辛いものです。今日
は、その臭いにつながる色々な汗を勉強していきましょう。

さて汗とはいったい何なのか?その源は血液です!というとちょっとびっくり
しますが、血液は汗の出口の汗腺に取り込まれ、水分以外の成分はほとんど血
液に戻されます。気温や体温の変化を脳が感知して血液中の水分を汗腺から皮
膚表面に送り出します。汗の最も重要な役割は体温調節作用なので、汗をよく
掻く人の方が、一般的な発汗であれば体内的には暑くないということになりま
す。実際私も、休日の暑い時に掃除などするとすごい発汗を起こします。汗が
垂れてしまうので厄介ですが、暑くて辛いということはありません。ただ傍か
ら見ると“辛そう”とか“暑そう”と見えると思います。

さて、汗はよく掻く人とそうでない人がいますが、誰でも一年中感じない汗が
発汗されていると考えてください!その汗を不感知発汗といいます。この汗は
液体としてどんどん出るものではなく、いつも出たり入ったりを繰り返してい
る汗穴の汗です。そしてもう一つ、感知発汗という液体としてどんどん分泌さ
れる汗があります。この二種類の汗が発汗されているわけですが、これら発汗
は、すべて自律神経によって支配され、真夏に重労働したときの汗は1~2L
といわれています。

汗には良い汗といわれる汗と悪い汗といわれる汗がありますが、良い汗は成分
のほとんどが水分でサラッとしていてべたつきや臭いが少ない汗ですぐ乾き、
体温を下げることのできる汗です。それに対し悪い汗はミネラル分が血液に再
吸収されず、皮膚表面の菌の養分となって臭いの元になる汗です。体内からミ
ネラル分が排出されてしまうため体調不良や熱中症の原因になります。大粒で
ダラダラ流れ、蒸発しにくいので体温調節が弱い汗です。現代人はこの悪い汗
を多く掻くといわれています。それは冷房の発達や冷え、代謝不良、電磁波な
どの影響も大いにあるようです。そして、もう一つ勉強しておくと全身に分布
している汗腺をエクリン腺といい、サラサラ汗はこの汗腺から出る汗です。そ
してベトベト汗や臭い汗はもうひとつの汗腺アポクリン腺から分泌されていま
す。このアポクリン腺は、思春期に発達し始める汗腺で、毛根を包んでいる部
分から毛を伝って皮膚表面に分泌され、腋の下や乳首、へそ回り、耳穴、外陰
部、肛門など限られた部分にあります。このアポクリン腺が日本人がとても嫌
う“ワキガ”の原因になっています。(外国人には特に嫌がられないようです。
外国の方には比較的ワキガが多く、日本人に少ないためと思われます。)ワキ
ガは、分泌される成分の体質的違いによるところが原因のようです。

ちなみに多汗症の汗はエクリン腺から分泌される汗で、精神性発汗の異常とい
われています。よく緊張からたくさん汗が出るといわれますが、交感神経が敏
感で普通に生活していても腋の下や手の平、足の裏に大量に汗を掻いてしまう
ので難しい問題になります。あらかじめ周りの方々に「多汗症で困っています」
と告げておいた方が楽になると思います。

汗は血液なので臭いも食べ物によって変わると考えてください。臭いの強いニ
ンニクや香辛料を好んでいると汗の臭いも当然強くなります。睡眠不足やスト
レスも悪い汗の原因になります。野菜をたっぷり、海藻や大豆などをしっかり
摂るように心がけてください。汗を掻いた後に服を替えるだけで臭いは抑えら
れます。サッと水で絞ったタオルで拭いてあげるのも良いでしょう。肌に対し
てもエクリン腺からのサラサラ汗はpH4~6で弱酸性(時間が経ったり真夏
はアルカリ性)、アポクリン腺からの湿った汗はpH6.7~7の中性です。
サラサラ汗は皮膚表面にある程度必要な汗といえますのでゴシゴシ拭き取った
りせず、抑えるように拭き取りましょう。そしてアポクリン腺の汗は消臭効果
のあるシートで軽く拭きとったり、できることならシャワーがお勧めです。

さて私の体験したすごい臭いは、何度も汗を掻いて、生乾き状態が続いた服か
ら発生しているように思われました。例えばたまたま生乾きのスッキリしない
Tシャツを着て汗を掻いてしまうと臭いはすごく強くなります。この臭いは洗
濯、乾燥という基本的な問題も大いにありますので、梅雨明けしたばかりの電
車内ですから気を付けなければいけないところもあるでしょう!

今日は汗と臭いの作用を少し勉強しましたので、良い汗を掻いてスッキリした
夏をまめなシャワーや入浴で対処しで過ごしてくださいね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
  http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
     http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒104-0042 東京都中央区入船2-7-4
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up