春|季節のトラブルー春のカブレー|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0681 季節のトラブルー春のカブレー

NO.0681 季節のトラブルー春のカブレー

“暑さ寒さも彼岸まで”という言葉がありますが、確かに春彼岸あたりから寒
い土地でも随分と気候が落ち着いてきます。この彼岸という言葉、よく身につ
いている方はお分かりだと思いますが、若い方ですと???と思われる方もい
らっしゃると思いますので、日本人にとって、とても大事なこの彼岸を少しだ
け勉強してみましょう。彼岸には春彼岸と秋彼岸があり、彼岸の中日を境に春
は日が長くなり、秋は短くなっていきます。春彼岸は春分の日が3月21日の
場合ですと前後三日を合わせて7日間をお彼岸といい、3月18日が彼岸の入
り、3月21日が中日、3月24日が彼岸明けとなります。秋も9月23日の
秋分の日から同じ計算になります。そしてこのお彼岸にお墓参りに行く習慣が
ありますね!これは仏教で生死の海を渡って到達する悟りの世界を彼岸といい、
私たちの生活世界を此岸(しがん)というのだそうですが、彼岸は西に此岸は
東にあるとされ、春分、秋分の太陽が真東から上って真西に沈むこの日が2つ
の世界がもっとも近づく日と考え、先祖供養をする日となっているそうです。
日本人の暮らしの中に根付いている先祖供養、是非心の中でも大切にしたいも
のです。よく占いやスピリチュアルの先生方もお墓参りの大切さを話されます
ので、意識は大いにあるのですが、何故かおはぎ、ぼた餅をまず先に連想し
しまうのは、やはりまだまだ悟りとは程遠いと感じてしまいます…。

さてお彼岸も過ぎ、まだまだ安心はできませんが日差しはかなり春らしくなっ
てきました。そして桜も開花し始めましたら急にカブレの状態で相談に来られ
る方が増えてきました。ツッパリ感、ピリピリ、カサカサ、ゴワゴワ等、何と
なく自分も感じてしまうちょっと経験のある肌の違和感!春にとても多いカブ
レの初期状態なのです!以前にも何度か説明していますが、春は肌にとって、
とてもつらい季節なのです。温度差、強風、ホコリ、乾燥、そこに紫外線量も
急激に増加し、肌はストレス状態になります。スギやヒノキの花粉症のある方
は最悪のコンディションになります。アトピーや他のアレルギーの方にとって
も春は同様に辛い季節になります!春の肌は常にカブレと背中合わせと考えて
良いでしょう。

今日も何人もの方がいらっしゃいましたが、ご自分で“よい”と判断した手入
れで皮膚表面の角質層がほとんどない方や、すでにカブレを起こしてしまって
いる方!自分ではよくなるという気持ちで頑張ってスキンケアをするのですが
キレイになれない方、いらっしゃいませんか?皮膚トラブルで困ったときは、
お肌のことをしっかり教えてくれるところを探すことが大切です。皮膚トラブ
ルが起こってしまうということは必ず原因があります。その原因をアドバイス
してもらって気づかなければ高級なコスメや良いと思ったケアでキレイになる
事はできません!皮膚に異常が発生したら“何故?”と考えてください!そし
てある程度原因を把握したら、どうすれば元に戻るかを考えてください。春は
スキンケアトラブルの発生がとても多く、元々の肌力がなければ改善しにくい
季節と考えてみると、まずは元々の肌力をしっかり戻さなければなりません。
肌力のアップには肌の一番外側の角質層という、私たちが肌または皮膚と呼ん
で触れることのできる部位をしっかり回復させなければなりません。角質層は、
バリア機能、保水機能をつかさどる重要な部位ですが、外界の刺激を一番受け
る部位でもあります。例えば4cm使用しなければならないクレンジングクリ
ームを2cm程とってマッサージのように3分間毎日摩擦してしまい、洗顔ソ
ープをよく泡立てもせずにゴシゴシ洗ってしまうとします。単純な自分のスキ
ンケアの癖ですが、こんな当たり前のケアで角質はダメージを受けてしまいま
す。そしてストレスを感じている時とか、ホルモンのバランスの問題とか、そ
の他いろいろな要素が重なって昨日まで大丈夫だったお手入れが皮膚トラブル
を急激に悪化させる原因にもなってしまうのです。

ここでのポイントはダメージを受けても肌の質によって、あまり大きなトラブ
ルが発生せず、気づかないうちに小さなダメージの積み重ねによって、最悪の
シミになってしまったり、カブレが治らなくなってしまう場合もあるのです。
このタイプの方は色白でしっかりした肌質の方で、化粧品カブレを起こしずら
いタイプです。しかしそれが逆に、角質のダメージを積み重ねてしまうことに
なり、後のトラブル発生につながってしまうのです。逆にすぐに化粧品でトラ
ブルが発生する人は、使用している化粧品の見直しをして、使用中止もあり、
結構気を使ってケアする方が多いようです。後者の弱点は敏感肌意識が強くな
り過ぎ、外用剤を常用してしまう方もいらっしゃいますので、できるだけ自然
に治癒させることをお考えいただいた方がよろしいかと思います。

このところ乾燥や肌ダメージの勉強が多くなっていますが、実にご相談件数が
多くなっているからなのです。先ず肌を元に戻す!そのためには自分の生活習
慣やスキンケアの見直しが大切です。是非、自分の肌をしっかり教えてくれる
お店を探して、頼りにしてみてはいかがでしょうか?意外に近くに、良いお店
があるものですよ!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
  http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
     http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒104-0042 東京都中央区入船2-7-4
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up