春|季節のお手入れー導入美容と化粧水の活用ー|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0681 季節のお手入れー導入美容と化粧水の活用ー

NO.0681 季節のお手入れー導入美容と化粧水の活用ー

月末の朝、犬の散歩の時近くの公園の桜はほんの少し咲いていました。「そろ
そろだね~!」と話していたら夕方八分咲きになっていました!びっくりです。
桜の花の開花スピードこんなにすごいんですね!初めて知って感動しました!
そんな桜の花の魅力にひかれ、上野は人でいっぱいです。日本人の桜好きはも
っともですが、外国の方にも多いのにはびっくりです!今年の関東地方は雪も
少なく、近頃は5月上旬の気候といわれる日もありますので順調に春に移り変
わっていく感じがします。

春はお肌にとっても大変ストレスの多い季節です。花粉アレルギーを起こして
いるだけで敏感になってしまいます。そしてツッパリ感を冬よりも感じやすく
なるのは、気温、風、紫外線と汗の季節になる前の乾燥の影響があるわけです。
お肌のケアを習慣にして対処していきましょうね!

さて今日のテーマは、今コスメ大好きな方々がこぞって話題にしている導入美
容液について勉強してみましょう。まずは導入美容液とは何か?そこから始め
なければなりませんね!導入美容液、ブースター美容液といったコスメアイテ
ムが女性のスキンケアの中にいつの間にか入り込んできました。ブースターで
すから“後押しする、高める”といった意味が考えられます。使用法はいつも
のアイテムの前にそれらの美容液を使用し、その後自分のコスメアイテムを使
用することによって肌に対してコスメの効果が高まる!といった役割になりま
す。それでは色々なメーカーの導入液の役割を見てみましょう。
・肌のpHコントロール:肌を最初アルカリ~中性にすることによって肌の代
謝を高める。
・成分が浸透して肌を潤わせる。
・導入液に美白成分などを入れ、効果を高める。
色々な効果が考えられますが、この3つのポイントの効果の期待値がやはり高
いようです。そう考えますと古くはオパール化粧品さんの昔オパール原液と言
っていた美容液は1926年発売ということですから本当に歴史があります。
いつの頃からかどこのメーカーのコスメの前に使用しても良いという原液にな
っていました。最初刺激を感じる方もいらっしゃるようですが、根強いファン
を多く持つロングセラー商品です。

そして現在ではコーセーコスメデコルテのモイスチュアリポソームが導入液と
してはすごく人気があります。肌の潤いキープがメイン機能ですね!コーセー
さんは導入液、モイスチュアエッセンスという言葉がなかったころから、しっ
かり美容液としての導入剤がありました。こちらもロングセラー商品ですね!
そして近年導入液部門にはたくさんのメーカーさんがこれでもか状態で参入し
ていますが、これらは本当に必要なのでしょうか?考えてみればオールインワ
ンコスメで“これ一つですべてOK!化粧水、乳液、クリーム、エッセンスが
入っています!”というコスメもあれば、“今使用しているコスメの前に導入
剤を入れて代謝を高めましょう!”的な1品プラスしたほうが良さそうな感じ
のコスメもあるわけです。使用感、効果など自分で納得できる肌状態になるの
なら、これはお勧めアイテムになりますが、何だかたくさんのものを使用しな
ければならなくなりますね!CMや広告に背中を押されている感じがどうもあ
ります…。本当に必要なアイテムであるかどうかよく考えてみましょう。

私は30年近く“入浴後、洗顔後に保湿化粧水をとにかく急いで手でつけてく
ださい!”と指導してきました。入浴後、洗顔後のツッパリ感が肌には大きな
ストレスとなり皮膚トラブルが改善しづらくなるため、とにかく水分をしっか
り入れ、無駄に肌にストレスを与えない!という考え方です。油分を含んでい
ると化粧水を入れるときにどうしてもしっかり入りきらなくなるため化粧水を
使用して、それからエッセンスやクリームという順序で水分→油分のエマルジ
ョンを作ってもらっています。この方法は別に導入液を新たにプラスしなくて
も、化粧水を洗面台などのすぐに使える場所に置いておくだけでできます。日
本人の肌の老化を防ぐにはまず水分!欧米人には油分!という肌質、体質の違
いを考慮すれば化粧水を選ぶだけで高価な導入液を必要としない肌の方も多い
のではないでしょうか…。大変流行のアイテムですが、化粧水を導入液と考え
ることもできるということをチェックしておいてください!

何社かしっかりとした考え方を持ったメーカー様の名前を挙げさせていただき
ましたが、理念なく流行で作るメーカーもあると思います。古くは拭き取り化
粧水から始まった導入化粧品ですが“本当に必要?”という意識は持っていた
だきたいと思います。特に肌荒れを感じる季節にアイテムをプラスしたくなる
方は、お手入れの苦手な方が結構いらっしゃいます。まずは、絶対に必要なス
キンケアからしっかり習得していただきたいと思います!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
  http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
     http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒104-0042 東京都中央区入船2-7-4
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up