春|豆知識ーステロイド剤の事例ー|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0633 豆知識ーステロイド剤の事例ー

NO.0633 豆知識ーステロイド剤の事例ー

まだ寒い日も多いですが、季節はすっかり春ですね!庭のパンジーもすっかり
元気がよくなり、今はクリスマスローズと水仙がきれいな花を咲かせています。
ついこの間までまだまだと思っていたのに四季の移り変わりの楽しさですね!
今日は黄砂が非常に多くPM2.5もかなり多いと予報が出ていました。風の
強い日はアレルギーの方はすぐに感じますし、特にアレルギーがなくても
アレルギー物質が浮遊していますので肌のバランスは狂いやすくなります。
毎日の朝のメークは保護だと思ってしっかりしてくださいね!

さて今日は私の出張先に訪ねてきてくださったお客様の体験をちょっとお話し
してみたいと思います。その方はずいぶん前に横浜でお会いして、私以外の
担当ともとてもコミュニケーションがとれていたお客様なのですが、ご主人の
転勤で仙台に来られていたそうです。私は一度だけカウンセリングをさせて
いただいたのですが、とてもまじめな方でトラブルはアレルギーでした。
アトピー要因が強く、お顔がまだステロイドをご使用のような状態だったので、
「まだステロイドはご使用ですか?」とお尋ねしたのを覚えています。
「いえ!今は良い病院に出会ってステロイドの入っていない漢方クリームを
悪化したときに使用しています」というような返事だったと思います。
とてもまじめで素直なお客様で、スキンケアフォローもされていたので、
“あれっ??”と思いながら指導させていただいたのを覚えていました。

実は、私も長くスキンケアアドバイスをさせていただいていますので、
脱ステロイド済の肌とステロイド様の肌が直感的に感じられるのですが、
大昔、とある化粧品メーカーをご使用の方がトラブル相談で来られたときの
こと、その内容は、どう見てもステロイドの使用スキンなのに「私はこの
メーカーのクリームで脱ステロイドに成功しました、でもどうも赤味が消え
ない!」という相談でした。私はすぐに“これはまずい!”と感じしっかりと
アドバイスをさせていただいたのですが、少し経ってその化粧品メーカーの
クリームにステロイド剤が入っていたことが分かり、世間は大騒ぎになりました。
もちろん薬事法違反です!爆発的に売れていたクリームでしたが、確かに
一次的にはトラブルが消えてしまうのです。そんな体験を何例ももっていた
私ですが、今回はそのお客様が信頼していた漢方クリームの中から、ステロイド
剤の中でも顔にはまず使用しないプロピオン酸クロベタゾールというストロ
ング(強さの表示)のステロイド剤が検出されたということが昨年春分かり、
大変ショックな状態で仙台から石巻、バスで1時間半かけて相談に来て
くださいました。たまたま石巻のお取引店様は、トラブル肌を専門賭する
薬局様でフォローがしっかりできるお店ですので、現在お世話になっている
アレルギー科の先生に相談しながらケアをしていくことでアドバイスさせて
いただきました。本当に信頼していた病院に裏切られてしまったショックと
これから肌に起こるトラブルを考えると大変な道のりになりますが、肌は
時間はかかっても必ず答えを出してくれるということをお伝えしました。

何よりその病院は「ステロイドは入っていません」としてその漢方クリー
ムを5g4000円で販売していたということ!1ヶ月5~7万円くらいは
普通に通院でかかっていて、保険外の形だったということもお聞きして、
正直あきれてしまいました。それにしてもこの病院は子供さんを中心に、
皮膚トラブルの方々を裏切って社会問題になりそうです。このメルマガを
書いている途中で、今朝のフジテレビで取り上げられていたという情報が
入りました。

このような事実、お悩みの患者さんにとっては許し難いことなのですが、
実はこのような事例、ここだけではないのです!色々なところで、その地方の
有名皮膚科といわれる先生方の処方でステロイドではない!とわれて
ステロイド剤を出されていて、やはり大騒ぎになったりトラブルのお客様が
相談に来られたりすることが結構あります。良心的に対応してくれている病院
にとっては迷惑なことです!

ここで大切なことは、肌トラブルはあくまで表面に現れるシグナルであると
いうこと!ポイントは体質を改善していくということが本質的トラブル改善に
結びつきます。アトピーやアレルギーはアレルゲンとの関係はありますが、
コントロールは可能です。どうしてもひどいときは信頼できる先生のところで
処方してもらった薬を使用することも大切ですが、やたらに長期使用になり
ますと、副作用なのか悪化なのかわからなくなりますので、この点は注意が
必要です。そして毎日のスキンケアは、お顔だけのトラブルなのか全身なのか
にもよりますが、洗浄剤や保湿剤は良質なものを使用することが大切です。
“スキンケアは面倒だ”という発想は絶対いけません!

今日は“自分の肌は自分で守る!”これを再認識していただきたいと思い
お話ししてみました。病院とも上手なお付き合いが必要ということですね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
  http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
     http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒104-0042 東京都中央区入船2-7-4
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up