春|季節のお手入れー春の基本的肌力回復法ー|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0631 季節のお手入れー春の基本的肌力回復法ー

NO.0631 季節のお手入れー春の基本的肌力回復法ー

今週は特に天気が不安定で、花粉も飛び乾燥もキツイと、肌にとっては中々
辛い時期です。3月のお彼岸までは、雪も用心しておかなければなりません。

さて今週は、皮膚トラブルの発生しやすい春ということで、基本の肌力回復
法を勉強してみましょう。まず、入浴後または日中、肌がつっぱり感を感じ
たらこれは皮膚が悲鳴を上げていると思ってください。“つっぱり感があるなァ”
“ちょっとヒリヒリするなァ”“アレッ、皮剥けてパサパサ!”このような
肌状態は、肌表面の損傷につながります。つまり、自分の肌を自分で守れなく
なった状態と考えてください。そしてこんな状態になったとき、ご自分はどの
ようなお手入れをしますか?何か決まった特別な方法がある方、放っておく
方もいらっしゃるかもしれません。正直言って肌というのは不思議なもので、
放っておいても自然に良い状態に戻ったりします。これはホルモンバランスの
高温期や低温期によって肌の状態に変化が起こるからなのです。「それなら
放っておこうか!」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これが確実に
皮膚老化に結びついていくことになるのです。肌というのは日々の積み重ねに
よって肌質アップが可能となるのです。実際プロの美容アドバイザーが見れば、
基本的な手入れをしている人としていない人の肌は一目瞭然でわかるものです。
どんなにキレイに、おしゃれにメークしていても、手入れをしている人として
いない人との透明感やメークの浮き感は、まるで違います。やはり大切なのは
毎晩のスキンケアなのです。

今日も本社で開催した基礎セミナーを担当して、ご出席いただいた各店担当の
方々にお話ししていますと、やはりダブル洗顔が一番大切であると改めて感じ
ます。ダブル洗顔については、よくご理解いただいていると思いますが、汚れを
落とすことが素肌に力をつけていくための一番大切な手入れということになるの
です。何度もお話ししていますが、現在使用しているクレンジングは、お肌に
やさしいもの、または良いものなのかどうかは大きなポイントです!
美肌はクレンジングによって大きな差が出ます。私のお勧めは肌にやさしい、
添加物の少ないタイプのクリームクレンジングです。肌への接触、なじみ、汚れ
の溶解性、角質の柔軟作用と、質の良い物ならばこの辺りの効果はかなり期待
できそうです。毎晩、メークしているしていないに係わらず、入浴前はまずクレン
ジングと夜のケアの流れを決めていくのがよいと思います。そしてクレンジング
は、少量を引き延ばししないことが大切です。サクランボ粒大を目安にして皮膚
表面でクルクルと延ばすのが理想です。そして1分以内に済ませてください。
大体30秒くらいのなじませで大丈夫です。少し多く使用したと思ったらティッ
シュで押えましょう。

その後の洗顔ですが、自分に合ったものを使用し、洗顔後ツッパリ感の強い洗顔
料は避けてください。素洗いして、よく泡立ててからお顔になじませます。洗顔
は濯ぎが大切ですのでよく濯いでください。そして入浴後は保湿化粧水をできる
だけ早く使用するのがコツです。やはりまず、水分をしっかりお顔になじませて
から次の手入れに移っていただいた方が角質に力が出ますので油分を含んでいる
ものを使用する前に化粧水の使用がお勧めです。ここでノンアルコールタイプの
化粧水をコットンに含ませ、薄く剥がして5~7分湿布をしてあげると肌の喜ぶ
手入れになるはずです。水分しっかり入れることにより代謝が上がりナチュラルな
代謝促進につながります。その後はエッセンスなり保湿クリームを乾燥を感じる
部分全体に延ばしてください。そして更に目の周りにはもう一度使用してあげると
いいでしょう。もちろんアイクリームの使用でもOKです。

今日の基本のお手入れは、毎日続けていただければ肌荒れ知らずの美肌が作れる
簡単手入れ法ですので、今日の夜から是非お手入れに取り入れてください。
この手入れの途中にマッサージを入れて、蒸しタオルを実施し、それから化粧水
湿布という手順で行えば、ちょっと上級者のお手入れになります。ただし、蒸し
タオルは軽いピーリング効果もありますので温度には気を付けてください。
これからの時期、辛い花粉症の方もこのお手入れなら大丈夫!週1回で充分だと
思いますので手抜きをせずしっかりケアしてあげてください。

春の基本のお手入れ、普段キチンとされている方にとっては当たり前の手入れ
ですので、このお手入れレベルまではどなたも着いてきていただきたいところ
です。社会人1年生の方も是非参考にして美肌力アップしてくださいね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
  http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
     http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒104-0042 東京都中央区入船2-7-4
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up