春|季節のお手入れ―敏感になったお肌のケア―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0498 季節のお手入れ―敏感になったお肌のケア―

NO.0498 季節のお手入れ―敏感になったお肌のケア―

三寒四温という表現がぴったりの気候に私の周りでも風邪でダウンする人が
増えています。花粉もやはり多いようでつらい症状の方が多いようですね。
花粉というのは不思議なもので、どんなに多いといわれている年でも、
そのときの体調やストレスによって人それぞれ感作状況が違います。
ただやはり、夜にお酒を飲む方や夜更かしの方は、ひどくなったり、花粉症
デビューするリスクがありますので注意が必要です。

花粉症の人は敏感肌になるわけですが、近頃の相談で気になるのは、
皮膚科の薬の乱用による敏感肌です。乱用というと失礼な気もしますが、
やはり皮膚薬も薬ですので、自然に回復させる努力の大切さをご理解いた
だきたいと思います。

そこで今回のお手入れは、敏感になっている肌のケアを勉強してみましょう。
まず、敏感になっている状況と程度について確認してみましょう。
初級
・毛穴が目立っている。
・洗顔後、つっぱり感がある。
・部分的にカサつく。
中級
・洗顔後、すぐにつっぱったり、ゴワついた感じになる。
・午後になると化粧がムラになり、カサカサしている。
・油が浮いているのに乾燥感がひどい。
・化粧水や乳液がピリッとしみる感じがする。
上級
・痒みがある。
・つっぱり感、カサつきがある。
・赤くなってヒリヒリする。
・メイクが乗らない。
大体こんな感じです。超上級は、痒みから掻いてしまい、リンパ液が出たり
している方も稀にいらっしゃいます。実際に上級以上の状態で肌荒れを起こ
している方の何割かは、ステロイドや非ステロイド、またはプロトピック
の塗り薬の使い過ぎ、またはトラブルが起こるとすぐに薬を使う方に多い
ようです。必ずお医者様と相談して使うようにしてください。ただし、
お医者様でも、常連さんのようにすぐに塗り薬を手軽にくれる先生のところ
へ行かれている方は、やはり自分で自分の肌の力をアップすることを考えて
いただかないといけませんね!

実際にカブレ常態になってしまった時、すぐに薬を使用する習慣がついて
しまっている方にアドバイスですが、同じ箇所にカブレが発生する場合は、
肌の内部でトラブルが回復しておらず、薬で抑えているだけの状態です。
薬の効果が薄れた場合や、皮膚の代謝状況によってトラブルが悪化すること
がありますので、その場合は、我慢ができるならば、薬をできるだけ使用
しないで前週に少しお話した植物エキス配合クリームの“桃肌爽”のような
添加物のないクリームで代用していただくと良いでしょう。
途中ジュクジュクするときもありますが、基本的に痒み→赤味→カサカサ→
痒み→赤味→カサカサという繰り返しの中で回復してきます。ただし、トラ
ブルが広範囲の方は自分で勝手な手入れはできませんのでご注意ください。

さて花粉症の時期には、初級~中級の敏感肌の方がとても増えてきます。
花粉症の場合はアレルギーですので、いつもの肌とまったく違う反応を
起こしているということを、前回のトラブルの回で説明させていただいて
いますので参考にしていただきたいのですが、実際この時期には花粉症でも
ないのに・・・?という方も多くいらっしゃると思います。その場合は
単純にお肌に必要な保湿ができていないと考えてください!日々のケアが
しっかりできている方は、アレルギーや何らかの接触性などのカブレでない
限り、そんなに荒れたりはしないのです。

そこで、初級~中級程度の敏感状態の方には、オイル&ローションパックと
いうお手入をお勧めします。クレンジングや洗顔、化粧水で整えたお肌に
(入浴後)ピュアなオイルを薄き引いて、その上からローションをコットン
に含ませて顔全体に乗せ、上からラップを鼻の部分を開けて上下に二枚かぶ
せるお手入れです。体温が上がってほかほかになる10分間待ちましょう。
ホカホカしてこなかったら自分の手で圧をかけて温めてください。コットンが
乾いてしまってはいけませんので、10分くらいを目安にし、ラップをはずし、
下に引いたオイルを軽く拭き取るようにコットンを剥がします。この後、
化粧水をもう一度つけて、エッセンス、クリームで整えて終了です。
このお手入れは、オイルを薄く引くことによって表面損傷部に保護膜をかけ、
ローションを乗せてなじませることによって保湿力を強化し、ラップ効果で
発汗をアップさせて、自然回復力を手伝うケアです。

最低二晩は続けていただき、回復を実感してください。特に敏感な方は先ほど
お話した“桃肌爽”というクリームをオイルの代わりに使用していただいても
OKです。簡単にできて敏感肌を癒してくれるお手入れ、是非試してくださいね!
そして、ディリーケアも充実させて、季節の変化に動じない肌作りもお願い
しますね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
お取扱店情報はこちらから
http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com
Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。
まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up