春|豆知識―女性とストレス―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0174 豆知識―女性とストレス―

NO.0174 豆知識―女性とストレス―

先日の夏日から、次の日は電車にも暖房と、激しい気温の変化に体のほうは
ついていっていますか?
季節の変わり目、風邪などで体調を崩す方が目立っています、食事や睡眠など
十分注意して、ガードしていってください!

さて先日の『お肌の学校』に、10年以上ご愛用のお客様が、目の上、首などが
かぶれた状態で相談にみえました。
現在28歳、2児の母であるその女性は、あきらかにストレスによるホルモン
バランスの崩れの状態を示していました。
目の上は、私の経験から慢性疲労とホルモンバランスの乱れの重複、首は体力の
低下を示し、胃も弱っているはずです。そのことを告げますと、ストレスは
感じていないという答え、私はそれを聞いて「アラッ、大変!」と感じました。
なぜかというと、本当に強いストレスは本人が感じない場合が多いのです。
しかし、本人にそれを告げるわけにはいきません。

10年来ということは、その女性は高校生の頃からのお客様で、お姉さんが
相談に来てくれていた関係で、何かあると遠いところわざわざ来てくれている方
ですので、現在4歳と2歳の男の子がいるという状況下、決して完璧とは
いえないまでもポイントのお手入れは続けてくれていました。
その日はとても混雑した日でしたが、お肌の回復には、本人が自覚していない
部分をしっかり理解していただかないといけませんので、現在の生活状況など、
軽く質問しながらおしゃべりしました。
そうしたら、出てくる出てくる「実家のお父様の重病」「ご主人の給料カット」
「社宅の廃止」「兄弟への遠慮」etc。いかがでしょう?
これらはストレスと感じられないでしょうか?
通常はストレスに感じると思います。かなり疲れるはずです。
その方はこれらをそれぞれ対処しないわけには行かない生活を送りながら、
肌の状態と結び付けていなかったのです。

さて、以前にもパニック症候群やストレスについて少しお話ししましたが、
今日は特に女性とストレスについてお話しようと思います。
成人女性の場合、男性と大きく違い、子宮という臓器のバランスが大きく
関係してきます。毎月毎月の生理前後に感じている方もいらっしゃると
思いますが、小さな躁鬱(ソウウツ)の状態を起こします。
イライラしたり、いつになく悩んだり、体にも変調が起こります。
ストレスはそのホルモンのバランスの境目に起こると考えても良いと思います。
先ほどの方のように、ご自分ではあまり感じない方、とてもストレスを
感じる方色々ですが、前者の方は明るく割合辛い事も軽く受け流す方が
多いようです。また、ストレスを感じる方ほど、どちらかというとご自分を
大切に考えている方が多く、ストレスの発散も上手な方が多いようです。
ただし、ご自分では発散している感じはないかもしれませんが・・・。

ストレス状態をお顔で見ると、1番はクスミの発生です。次に額のシミ、
またはニキビです。そして、髪で見ると、生え際にかたまって発生する
白髪もストレスの関係が多いようです。そしてパサついた髪や、ホルモン
バランスもストレスとの関係があります。

そんな状況下のとき、先ず大切なことは、なぜこのようにストレスを
感じるのか?その原因を誰か信頼できる方に聞いてもらっていただきたい
のです。このような問題は、口に出せる方の方が上手にストレスと
付き合えます。口に出せない方は、体内バランスを狂わせやすいので、
少なくとも夜は余計なことを考えないようにすることです。
夜クヨクヨすると、働く神経(交感神経)が高まって眠れなくなります。
しかも、どんどん悪い方に考えやすいのです。一晩明けて朝になり、
「何であんなに考えたんだろう?」なんてことも多いのです!
夜眠れない、イライラするなどを強く感じる方は、東洋医学の漢方薬や
薬草茶の活用を専門の方に相談されるのもいいでしょう。
手軽なところではアロマもあります。例えば気分をリラックスさせてくれる
ラベンダーは、不安、疲労、頭痛、不眠に対して効果あり!
オレンジは、緊張、不眠、心労に効果的。頭の中のもやもやを取りたい人は
ローズマリー。これらのエッセンシャルオイルをハンカチなどに含ませたり、
湯船の中に数滴入れたり、オイルバーナーなどで香りを拡散させたりして
ストレス解消に役立ててくださいね!

先ほどのお客様ですが、今とてもつらいということを自分自身で納得し、
ひと泣きしたら、さっぱりしたようでした。きっと肌の状態も良くなると
思います。

女性は自分流のストレス発散法を考え、プレッシャーに負けない、
美肌と体を作ることです。
春は爽やかですが、花粉と同じく、ストレスもとても多く感じる時ですので、
バランスを考えた生活を送ることが大切ですね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
    
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
      http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop/top/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ
 http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma!
 http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up