春|豆知識―キムチ―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0217 豆知識―キムチ―

NO.0217 豆知識―キムチ―

春のうららかさとともに、一気に浮遊した花粉は猛威を振るい、
アレルギーを感じたことのない方々にも感じさせるほどのようです。
私も今年は喉の奥に花粉が入っているのか、
咳も他の症状もないのですが、しわがれ声が続いています。
人によっては、リンパが腫れたり、頭痛がしたりして、病院へ行くと
花粉症といわれ、安心する一方で戸惑う方もいらっしゃるようです。

さて今回の豆知識は、花粉症とは特に関係ないのですが、
身体にいいといわれるキムチについて、一緒に勉強してみたいと思います。

“辛いもの”は刺激物として、肌や身体に対して、多くの摂取はいけない!
ということは、よくご存知のことと思います。
もちろんキムチも同じなのですが、ただの刺激物とか、辛いものという
扱いではいけない存在がキムチのようです。
日本でもお漬物というものがあり、良く似た白菜漬けは、辛味のあまりない
発酵漬物です。塩分の強弱があり、これも日本人の食生活には欠かせない
ものなのですが、キムチとはもうひとつ違うようです。

まず、キムチといえば、唐辛子ですが、まずここが大きなポイントで、
一般的に鷹の爪といわれる日本産唐辛子と、キムチに多量に使用する
韓国産唐辛子は違うということなのです。日本産は辛味が強く刺激的ですが、
韓国産唐辛子は日本産の10倍程の大きさで厚みがあり、甘みがあって
辛さも日本産唐辛子の3分の1くらいだそうです。
同じ料理をするにしても日本の唐辛子は少量しか使用しないのに比べ、
韓国産はたっぷり使用できるということです。

この唐辛子の辛味成分をカプサイシンといいますが、カプサイシンといえば、
近頃はダイエットなどに良いとされる成分です。
なぜ良いのかというと、カプサイシンは体内に入り胃腸で吸収されてから
血液によって脳に運ばれ、中枢神経を刺激して副腎にアドレナリンという
ホルモンを分泌するように伝達されます。
アドレナリンが分泌されると脂肪分解酵素リパーゼの働きが良くなり、
体内で脂肪がエネルギー消費されるのが盛んになるということです。

単純に考えると運動したりウォーキングをして、体温が上がって
発汗するのと同じような効果ということです。
ただし、体重というよりも、対脂肪燃焼という効果が基本となります。
しかも、この辛味成分のおかげで、日本のお漬物の課題である塩分量が
かなり減らせるということもポイントになります。
その上、キムチは塩分が少ないので乳酸菌が増えやすく、アミノ酸も
多く含まれるというのも日本のお漬物との違いでしょう。

まとめてみますと、カプサイシンのダイエット(脂肪燃焼)効果、
乳酸菌による整腸効果、新陳代謝アップ効果などが期待できるようです。
以前にテレビで紹介されたように納豆キムチ(納豆とキムチをあえる)が
血圧によいとされたのもうなずけますね!

キムチとひとことで言っても色々な種類があることをお忘れなく、
例えばおなじみの白菜キムチのほか、きゅうりを漬けたオイキムチ、
角切り大根をつけたカクテキなど、それぞれにいくつかの種類が
あるようですので楽しんでいただけますね!

付け加えますとキムチに含まれる乳酸菌は、熱や酸に強く
生きたまま腸に届くラクトバチルス・カゼイ・シロタ株という乳酸菌です。
かなり期待できそうですね!

しかし、一つ注意としては、日本人は元々唐辛子を多量に食べる民俗では
ありません。小さいときから親しんでいる民族の方とはやはり違いますので、
そこそこに食べていただきませんと、効果だけではないところがあると
思います。気をつけてください。
あくまで、キムチのお話ですので、唐辛子のその他の食べ方での多量摂取
などは避けてくださいね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
    
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
      http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop/top/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up