春|季節によるトラブルとお手入れ|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0215 季節によるトラブルとお手入れ

NO.0215 季節によるトラブルとお手入れ

3月になりましたが、まだまだ寒い日が続きます。
さらに東京では8年ぶりの3月の積雪となってしまいました。
しかし、花粉症の方は予報通りひどいようで、目のかゆみや鼻水だけでなく、
肌も湿疹やカユミで症状の出ている方が多く、ご相談も大変多くなっています。
この時期のスキンケアは、本当に気をつけなければいけませんね。

実は私も最近、事情で美容室を変えざる得なくなり、ご紹介で新しい
美容室に行ってみました。
本来、私は美容室でのシャンプーはあまり好きではないのですが、
すべて組み込まれていたために一応お願いしたのです。
すると、シャンプー中、ホホ骨の辺りに金属のようなものが触れました。
おそらくシャンプーをしてくれている方のブレスレットか何かだと思い
注意をさせていただき、すぐに取っていただけましたので、
その場はそれで終わったのですが、翌日、顔のホホ骨辺りからホホにかけて
ジンマシンのようにミミズバレになっているのにびっくりしました。
一瞬「なぜ?」という感じでしたが、一緒に行った後輩に
「シャンプーのときではないか?」といわれ「なるほど」でした。
もちろん薬は使わず、いつもお話している方法で自然回復させていますが、
特にこの時期は本当に気をつけなければいけません。
これは、アレルギーを起こしていない人でも、花粉やその他空気中の
浮遊物が多い春先は敏感になっているということの現れなのです。

さて、今回はアレルギーのお話ではなく、日差しが明るくなると目立つ、
目の下のクマについてお話してみよいうと思います。

目の下のクマは、規則正しい生活さえしていれば、水々しく若々しい
高校生のレベルではまず現れることはありません。
しかし、不規則な生活をしているとその高校生でも現れてきます。
通常若いときは、一過性のすぐ消えるクマが最も多く、原因としては
寝不足が最もクマの発生する原因になります。
ここで注意するべきところは、睡眠のあり方で、10時間寝ているから
寝不足はないとか、土日に寝だめしているから大丈夫では、充分な睡眠とは
いえないということです。
クマを作らない睡眠とは、「午後11~12時に寝る」という、
睡眠のスタート時間の重要性にかかわってきます。
この時間に寝るということは、ホルモンのバランス、自律神経のバランスを
調整し、ニキビや肌荒れなどを自然回復に導いてくれます。
しかも、体温が一定レベル上がり、血圧も安定してくるといわれます。
ただ、11時に毎日寝るだけで、たとえ5時に起きても6時に起きても
睡眠不足から発生するクマは消えるということになります。

若い方のクマはこのレベルですから心配は要りません。
ちょっと気にすれば2~3日で消えてしまうということになります。

しかし同じクマでも、もう少し進んで、いつも現れている方が
いらっしゃいます。目の下が黒ずんで年齢よりも老けて見えたり、
疲れて見られたり、体調不良に見えたりもします。
このような慢性タイプのクマには、身体の血流の悪さプラス寝不足、
冷え、ストレスが関係してきています。
目を使うお仕事の方、緊張するお仕事の方は、お肌のカサツキまで
発生させることもあるでしょう。
このレベルのクマになると、間違いなく肌のシワが深く入ったり、
シミが目立ちやすくなります。
これは目の周りの皮膚が、身体の中でも最も薄い皮膚であること、
目の下には脂肪層があり、毛細血管が少ないために酸素不足になりやすく、
血行不良が起こりやすいことからくるものなのです。
しかも、楽しいことをしているときには血流がいいのに、いやな仕事や、
つまらない仕事をしたり、つまらないお付き合いで、夜遅くなったりすると
特に目の周りの老化が進みます。
更に、これらにタバコなど酸素不足を起こさせやすい物質が入ると
なおさら目の下のクマが目立ってくるのです。

そこで、先ずは正しい睡眠をしっかりとります。
そして、睡眠不足を補ったら、クマに対するお手入れは、やはりマッサージと
お顔の運動が一番効果的でしょう。
入浴時、ダブル洗顔後、マッサージクリームや天然オイルをお顔全体につけ、
湯船に入っている時間に軽くマッサージしてみてください。
方法は、指に力をいれず、全体にくるくると、こめかみに集めるように
全体をマッサージし、目の周りはやさしく、クマやまぶたの上は、
軽く指圧を行ってください。
全体に首すじまで1~2分行ったらムシタオルでやさしく拭き取り、
冷水を目に当てるように10回ほど顔にかけてください。
その後はたっぷりの化粧水(化粧水パックなど)や乳液、アイクリーム、
クリーム類を使用して終わります。

次のお顔の運動は、目の玉を前後左右に各20秒ずつ動かし3セット、
口を大きく開けて「あ・い・う・え・お」と声を出して発生してください。
「た・ち・つ・て・と」くらいまでは必ず実施してください。
これを1日1回必ず実施すること!
首筋までのマッサージとお顔の運動で、目立つクマもかなり目立たなくなり、
透明感が出てきますよ!
ただし、デリケートな目の周りはくれぐれも擦り過ぎや、力の入れ過ぎの
ないようにしてください。

もうひとつ、花粉症の方はお顔の運動を優先し、マッサージはカブレなどの
状態を見てからにしてくださいね!これで年齢より必ず若々しくなりますよ!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
    
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
      http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop/top/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up