秋|季節のトラブル|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0242 季節のトラブル

NO.0242 季節のトラブル

すっかり秋です!
台風と共に本格的な秋がやって来たという感じが強いです。
朝、夕はけっこう肌寒くなりましたが、お肌の調子はいかがですか?
この時期にツッパリ感を感じ始めた方は、夏のケアが不足していたと
考えていただいたほうが良いでしょう。
このツッパリ感が皮膚の老化の始まりとなり、結果的にはシワやタルミの
元凶になっていきます。

ということで、今日は秋のトラブル、「シワ」の復習をしてみましょう。

このシワ、男女を問わず、目立つ方と目立たない方がいらっしゃること、
すでに感じていらっしゃる方も多いと思います。
実際シワの発生は、20代であっても起こり、その時期は人によって
まったく違うのです。
これは、シワやタルミが年齢に関係なく、遺伝的要因が関係している
ことによります。
老化に関するご自分の遺伝的要因は、お母様やおば様、おばあ様など
目上の方で、自分と顔の骨格が似ている女性をチェックして見ると
良いでしょう。そして、その似ている方を基本として、その方が
普段お手入れをしているか、していないかでも老化は大きく変わるという
認識をもって判断しましょう。

ただし、現在60代以上の方の場合は、おもしろいもので普段お手入れを
していなくても肌のキレイな方が多いのです。
これは小さい頃に、日本人にぴったり合った粗食の食生活で過ごされた
からのようです。
食生活は肌の状態、体質にとても関係してくる要因です。
基本的にはいつもお話しているように、日本人は菜食の農耕民族です。
体も長い歴史の中でそのようにできているのですが、ここ30年の間に
かなり肉食に変わってきたために皮膚トラブルも多くなってきたのです。

というわけで、お手入れが苦手な方の中にも例外がいるということは
覚えておきましょう。
そして、シワがあまり年齢に関係ないということはご理解いただけたと
思います。

そこで、次はシワの種類です。
シワには真性ジワと仮性ジワという二つの種類があります。
真性ジワはまっすぐ正面を向いてくっきり口元や目の周りに現れるシワで、
表情ジワとも呼ばれています。このシワは名前の通り皮膚の深部まで
キズのような状態で亀裂(見た目は少しの溝状態に見えます)が入って
いますので、回復が難しいシワと考えてください。
それに対し、仮性ジワは、チリメンジワとも呼ばれ、まだキズ状態に
なっていないトラブルで、表面の乾燥が表情の筋肉に沿ってチリチリと
現れてくるものです。
これは、ダイエットや病後にも起こり、仮性ジワからお手入れ不足が
続くと真性ジワに移行していくと考えてください。
そう考えると、真性ジワは皮膚の深部にキズ状態で入っているトラブル
ですので、例えば究極の美容整形やプチ整形をしても、元に戻る時簡に
こそ差はありますが、必ず戻ってしまうものなのです。

では、何が一番大切かというと、やはりシワを作らないことになる
のでしょうが、現実にシワがないということはあり得ませんので、
50代になってもハリとツヤがあり、小ジワはもちろん、表情ジワも
年齢より少なめな肌を目指すところとなります。

そこで、必要以上にシワを作ることになる原因とは何か?
ということですが、
簡単に考えると、外的要因としてはお手入れ不足と紫外線、
内的要因としてはストレスと内臓トラブルと考えて良いでしょう。
ストレスの中には不規則な生活パターンも含まれていると考えてください。
その他、タバコ、深酒、睡眠不足は女性にとって美しく加齢することとは
かけ離れた老化を起こすことになります。

先ほどお話したように肌年齢と実年齢は関係ありませんので、
20代は将来美しく加齢するためにとても大切な年代になります。

スキンケアは若いうちに基本をマスターしていただくと、
習慣になって面倒くさいということはなくなります。
特にクレンジングは、皮膚トラブルや老化に対して一番大切なお手入れ
なのですが、手抜きの対象にされてしまうことが多く、面倒なお手入れの
代表になっているようです。
しかし、すべてのトラブル肌をトラブルのない肌状態に戻すためには
このステップを気を引き締めて行っていただくことが欠かせません。
そしてもう一つ付け加えて、シワは紫外線が深くかかわりますので、
1年中の日焼け止めも大切です。
ただ、日焼け止めに関しては、ファンデーションを使用される方であれば
SPF20もあれば一年中大丈夫です。
肌アレを起こしやすい、高いSPFのものを下地クリームに使用する
ことは逆にお勧めできません。

この時季のお手入れ、まずお風呂上りのツッパリ感を出さないように、
入浴後すぐに化粧水を使用するところから始めてみてください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
      http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop/top/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up