秋|秋の抜け毛|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0241 秋の抜け毛

NO.0241 秋の抜け毛

日中はまだまだ暑い日差しと気温ですが、
夜になるとさすがに秋らしくなってきました。
今日、私は伊豆七島の新島に来ています。
もちろん遊びではなく、「お肌の学校」で伺っているのですが、
日中の暑さは都内の比ではなく、温度湿度ともに超真夏並です。
お客様も真っ黒に日焼けされ、見事な夏のトラブルでおいでになります。
場所柄いたしかたないことですが、夏は色々忙しく、
お手入れをしていただくにも大変な説得が必要です。

新島で感じたのは、本当に真っ黒に日焼けした肌とパサついた髪でした。
日差しと海風によって、力のなくなった毛髪となり、
ほとんどの方が秋にはひどい抜け毛で困るそうです。
そこで、今回は秋の抜け毛について少し勉強してみましょう。

髪の毛は東洋医学的には血余(けつよ)といって、血液の一部であると
考えられています。
そしてこの考え方により、毛髪に起こるトラブルは血液と
性ホルモンのバランスが大切であると考えられます。
髪をつかさどる五臓は腎ですので、腎臓→生殖器との関係と水分代謝が
深く関わりますので、性ホルモンのエネルギーが髪に影響するのです。
ということは、精力が衰えると太い髪だった方の髪が
細くやせてくるということです。

血余(けつよ)と呼ばれるように、血液の汚れや血流の悪さが
毛髪にはとても関連してくるということですね!
例えば無理なダイエットやストレスによる拒食状態の方の髪が抜ける
というのも同じ考え方ということになります。

しかし、日常の抜け毛に関してはそう考え込まなくとも
1日に60~80本は自然に抜けていきます。
これはヘアサイクルといって成長期~退行期~休止期(脱落)~新生と
周期で常に変わっているからなのです。
特にこのサイクルにおける抜け毛の時期は、春と夏に起こりやすく、
その時期になると不安になる方も多いと思います。

毛髪1本のヘアサイクル(毛周期)は、男性は3~5年、女性で4~6年
といわれています。
先ほどお話したように、年齢とともに精力の衰えと関係して
ヘアサイクルも短くなり寂しくなってくるわけです。

もう一つ、白髪も遺伝的要因はありますが、やはり腎の弱りといわれ、
偏食や貧血も関係してくるので、若白髪に関してはカルシウム分を
しっかり摂って食事と生活のバランスを整えると回復してきます。
また、枝毛や切れ毛は紫外線やヘアダイ、シャンプーリンスの選び方も
大変関係してきますが、貧血や低血圧の方は、特にこの傾向が強くなります。

秋になっても今年のように湿度の多い寝苦しい夏は、腎機能の低下が
起こり、10月ぐらいになんともいえない食欲不振やだるさを感じたら、
まず夏バテと考えていただかなくてはなりません。
当然エネルギー不足の体は、秋の毛髪の損傷や抜け毛を促進させて
しまうことになります。
できれば頭皮環境を整えることを目的としたシャンプーやリンスなどを選び
備えることが秋には大切なところです。

地肌のカサツキやベタツキ、頭皮のブヨツキは要注意です。
フケになるともっと大変!フケは抜け毛の元になりやすく、
上手に回復しなければなりません。
カサツキは貧血や栄養バランス、ベタツキは脂肪代謝力の低下で
解毒作用の弱さになりますので気をつけましょう。
ブヨつきはムクミと同じで内臓機能低下ですので水分の取りすぎ注意と
休養をキチンと取ることが大切です。

さて、毛髪についてはヘアサイクルでお解りいただいたように、
地肌が栄養の源となり、毛髪の状態としては、だいたい頭皮から5cm位
までは地肌の影響が大きいのですが、それ以降の髪に関しては
ヘアケアをいかにしていただくかにかかっています。

私のお勧めはフワリズム、洗い流さないトリートメントです!
これは毛髪の美容液といえるもので、シャンプー後または
シャンプートリートメントをしてタオルドライ後、半渇きの状態で
適量を手に取り、髪につけるだけのケアで、ヘアダイで褪色した毛色や
パサついた毛髪が、乾かすとサラッとツヤツヤになっているんです。
まったくべたつきがなく、髪の毛1本1本がイキイキしてきます。
その上お手軽なのでお勧めです。
ヒアルロン酸やペプチドなど、内容成分もまさに美容液です。

秋の抜け毛やパサツキには夏バテ防止から気をつけ、ヘアケア商品も
吟味して選んでくださいね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
      http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop/top/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up