春|豆知識―生理不順と生理痛―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0225 豆知識―生理不順と生理痛―

NO.0225 豆知識―生理不順と生理痛―

新緑鮮やかな季節になりました。
しかし、気温はまだまだ不安定で、かなり寒い日もありましたね!
私はちょうど仙台に出張で、冬のような寒さを感じてきました。
そんな寒い日もあるのですが、寒い暑いに関係なく、
女性、特に若い方のファッションは、どんどん露出度を
増していくようです。
こんなファッションで体は大丈夫なのかしらと、
おばさんは感じてしまうわけですが、流行のファッションが台無しに
なってしまいますので、「うるさいことは言うまい!」と
常々思っているわけです。

それでもやはり気になって仕方がないので、近頃お悩みの多い
生理不順と生理痛について今日の豆知識でお話しようと思います。

まず、お肌のピーク(昔でいうお肌の曲がり角)が、
生理の始まる年齢が早まるのに比例して、早くなっていると
感じたことはありませんか?
実際にお肌の曲がり角といっていた時代では、生理の始まる
年齢(初潮)は、だいたい中学2年~高校2年くらいでした。
それが現代では小学校5年生くらいで、かなり初潮が始まって
いるようです。そして、その差が体格の差にも結びつき、
お肌や体のピークを早める結果になっているようです。

生理が中学2年くらいで始まっていた時代は、
やれ生理中は洗濯するなとか、下着をもう一枚つけろとか、
冷たいものを食べるなとか、儀式のような決め事が結構ありました。
それに比べ日常生活がどんどん便利になり、シャワーや温水器の
普及により儀式のような指導もほとんどなくなってしまったようです。
このあたりが、現代のお嬢さんたちの生理不順や生理痛と結びついて
いるようです。

それでは生理とは何か?そこからもう一度勉強してみましょう。
思春期になって、体が大人の状態に近づいてきたとき、
子宮が発達し、子宮内膜から周期的自発的に起こる出血を
生理(月経)といいます。
生理痛は、出産経験のない女性の場合、子宮頚管が細くて硬いために
生理が起こったときに出血がスムーズに体外へ排出されないために
痛みが起こる場合と、ホルモンバランスが崩れて子宮収縮が強く
痛みを起こす場合があります。

ホルモンバランスの崩れの場合、その原因としては、ストレスや
生活環境の変化、寝不足、肥満、代謝不良、ダイエットなどが
考えられます。その他、病的原因としては、子宮内膜症や筋腫、
甲状腺機能亢進などが考えられるでしょう。
これらはすべて、女性ホルモンのバランスに関係してくるものです。

そこでちょっとお勉強!
女性ホルモンは生殖機能だけでなく、骨や脂質代謝などにも重要な
役割をしています。
女性ホルモンが2種類あることはご存知だと思いますが、
よく耳にする卵胞ホルモンと黄体ホルモンです。
このホルモンを脳にある視床下部と下垂体から分泌されるホルモンで
調節しているのです。そして、このホルモン類がスムーズに流れ、
分泌されると体調もよく、生理も特に変化がないのですが、
自律神経の乱れや、ストレスなどによって生理痛や生理不順が起こると
症状も下腹部痛や腰痛、イライラ、偏頭痛、発熱などの状態を作ります。

そんな憂鬱な生理痛や生理不順、やはり起こしたくないものです。
そこでその大きな原因を考えて見ますと、それが冷えと動物性脂肪に
あるようなのです。

まず、冷えの原因となる血流の悪さは大きな問題ですので、お風呂に
ゆっくり入ったり、小型使い捨てカイロをおへその下(下着の上)に
一枚貼って循環を良くしたり、腰やおへその出ない服装を選んだり
することが大切です。
ウォーキングやジョギングも効果的ですね!スイミングの場合は
やはり冷えてしまいますので注意しましょう!

そして動物性脂肪ですが、これはエステロゲン(卵胞ホルモン)の
分泌を促進させる食べ物でホルモンバランスを悪くします。
注意が必要ですね!その他カフェインも悪化原因となります。
良い食べ物としては、レバーやほうれん草、魚、小麦胚芽、
ブロッコリーやピーマン、イチゴなどビタミンB6、E、C、鉄分の
多い食べ物に火を通して食べるのが良いようです。

私は食べ物や生活環境に注意しながら自然回復させていくのが
一番良いと思っていますので、小さな努力を怠らず注意して
いただきたいと思います。

ヘソピーなどは金属で大切なおへそを冷やすことになりますので
これから先が大変かと思います。このメルマガを読まれた方は
できるだけ普段ははずすようにしてくださいね!
逆にへそ下カイロはとてもお勧めです!
体の流れやホルモンのバランスは、体の若さや神経に大変影響を与えます。
自分でできる小さな努力、惜しまないでいただきたいと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
      http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop/top/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up