春|豆知識 ―体臭、口臭―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0317 豆知識 ―体臭、口臭―

NO.0317 豆知識 ―体臭、口臭―

初夏の陽気が続いています。
ただ気温の差が、かなり激しく体調管理は結構難しいようです。

この季節、花粉アレルギーもやっと落ち着き、
ホッとできるシーズンになりますが、
花粉時季のお手入れ不足や肌荒れによって、シミの発生が目立ってきます。
紫外線もほぼピークにさしかかっていて、くもりの日でも晴れた日の70%の
紫外線が肌に届いていますので、365日、朝一番からの紫外線防止は
ぬかりなく実行しなければなりませんね!

近頃つくづく思うのですが、トラブル肌で悩んでいた方が、
スキンケアを身に着けてしっかり回復されると、その後スキンケアの手抜きを
あまりされませんので、本当に老化を感じない肌になってきます。
長いお付き合いの方が多いのですが、透明感、みずみずしさは60代の方でも
しっかり感じられ、すごさを感じます。
20年もお会いしている方が多いのですが、驚くことに、20年前よりも
肌力がアップしているような方もいるんですよ!
本当に日々のケアは大切ですね!

さて今回は、汗の季節が近づいてきましたので、
体臭について勉強してみましょう。
以前にも何度か勉強してきましたが、日本人程、香りや臭いに
好き嫌いのある民族は少ないかもしれません。
特に強い臭いに弱い人が多く、良い香りであっても不快臭であっても
同様に強い香りに対しては弱い方が多いようです。
ただ臭いは感じる方と感じない方がいるということも事実なんです。

さて代表的な体臭というと、
口臭、汗の臭い、足の臭い、頭の臭いではないでしょうか。
今日はまず口臭を例に説明してみましょう。
口臭にはふたつの種類があり、ひとつは「口腔口臭」と言われる、
食べ物が歯の間、舌や食道などに残り、時間とともに腐敗して
口元から発生する臭いです。
歯槽膿漏もこの「口腔口臭」に含まれます。
もうひとつは「腸内腐敗物質臭」といわれる、腸管から血液に吸収された
腐敗臭が肺から発生してでてくる臭いです。
これは便秘の方の代表的な口臭になります。
口臭はこの2つの腐敗臭が混合されて発生する場合があるので、
人によってかなり差があります。(腸内腐敗物質は汗からも発生します)

そして、この2つの口臭原因を本来自然に抑制してくれるのが唾液であり、
唾液不足は強い臭いの発生に結びつきます。(ドライマウス)
ダイエット中の人や食間の長い人も口臭が発生しやすくなります。

口臭を例にしましたが、体臭全般、ほとんど同様の考え方で
解消させていくとよいと思います。
臭いそのものが体質、生活習慣、食生活によって本当に変わっていくので
驚きです。もちろん加齢臭も心がけひとつでかなり改善できます。

それでは解消法への注意事項に移りましょう。
・生活習慣ではあたりまえのことですが、毎日入浴またはシャワーをする。
できれば湯船にゆっくり浸かり、発汗させた方が代謝が良くなり
清潔感がアップします。
・朝晩2~3分間のブラッシング歯磨きを心がけ、歯茎歯間を清潔にします。
・不規則な生活やストレスは皮脂腺を活発化させ、皮脂の酸化により
体臭が強くなるので注意です。
・食生活は血液と直接関係します。
毎日のことですからできる限り実行しましょう。
和食中心に心がけ、温野菜を努めて摂るようにしながら、バランスよく
タンパク質を摂ってください。そして、よく噛んで食事をすること!
あまりうるさい食生活アドバイスをすると食べるものがない!といわれて
しまいますので、あくまでも基本とお考えください。

そしてワンポイント! 加齢臭についてアドバイスしますと、
40代くらいからは男女とも注意が必要です。
これはノネナールという皮脂腺から分泌される脂肪酸の一種で、
若い人にはほとんど存在しない体臭成分が原因となります。
ノネナールは女性より男性が分泌が多いので強いようです。
加齢臭予防も又、野菜を多くとること。特にポリフェノールは
ノネナールを抑制してくれるといわれています。

今回は体臭、特に口臭についてお話しました。
神経質にならず汗の季節を乗り切りましょう。
デオドラント製品も良質なものが多くありますので、
夏は、自分は気にならなくても制汗剤の使用をおすすめします。
口臭対策としては、手始めにガムから始めましょう。
唾液分泌がよくなるので、簡単で効果的ですよ!

自分は大丈夫はいけません。ただし何事もおおらかに実行しましょう!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
  http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
     http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

◎淳子先生の『お肌の学校』
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000041844/

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up