冬|豆知識―女性の病気―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0158 豆知識―女性の病気―

NO.0158 豆知識―女性の病気―

やっと冬らしくなりました。吐く息が白くなると、12月と実感しますね。
キリリという寒さは、身も心もヒキシマリます。しかし、低温は体を硬くし、
血流の滞りが、手、足、肩とコリを発生させます。入浴やストレッチで
ゆっくり身体をほぐしてあげるよう心掛けてください。

さて、今回は先日受けた私の半日ドッグの経験から、女性の病気について
お話してみましょう。
前回のドッグ時、40代半ばで脂肪肝、体脂肪、コレステロールの最悪な方が
一緒で、近くで話を聞いていると、夜更かし、偏食、飲酒、タバコと、とにかく
すごい生活習慣に、いるんだなァこういう方・・・と思ってしまいました。
その数値を自分で大きな声で話していましたが、コレステロールなどは、通常
高いといわれる数値の2倍くらいありました。
やはり、正せるところは努力していただかないといけません。
その方はスラリと背の高い、素敵な方でしたが、髪のパサつきと顔のくすみ、
目の周りのシミはやはり仕方のない状態です。
私を知っている方はご承知の通り、昨年も今年もやはり体重オーバーのみ注意を
受け、あとはすべてOK! 見た目と中身は違うんですよ!

さて、その見た目でわからない代表的身体のトラブル、婦人系では卵巣ではない
かと思います。子宮は生理周期で不調、好調の判断がつきますが、卵巣の病は
サイレントキラーと呼ばれ、なんの症状もなく進行するのです。
子宮のことはなんとなくわかっていても、卵巣は意外とわからないことが私を
含めていろいろあります。女性の一生には、子宮よりもむしろ卵巣の方が深く
関わっているようです。

まず女性は、生まれたときに数百万の原子卵胞を持っており、思春期までに
5~20万個に減少、どんどん卵胞の数が減り、閉経時には0になって役目が
終了するわけですが、男性と違って女性の卵は老化していきます。そのため、
受精能力も衰えていくわけです。そして卵巣は、女性ホルモンを分泌する臓器
として、肌にとっても重要な役割を持っています。

今年話題になった、宇多田ヒカルさんの病気も、「卵巣のう腫」という両性の
腫瘍でした。この「のう腫」は、10代から起こるトラブルで、20代30代が
もっとも多い年齢です。卵巣の中に分泌液が溜まり、腫れてしまうトラブルですが、
サイレントというように、何も感じずに握りこぶしくらいに大きくなっている方も
多いのです。私の友人も検診で見つかり、かなりの大きさでしたが、気がつきま
せんでした。友人のトラブルは、のう腫の中でも「皮様のう腫」という
タイプで、卵巣の中で卵が受精しないで髪の毛や皮膚、菌などに変化したもの
だそうです。最初は私もびっくりしましたが、ままあることということです。

ちなみに手塚治虫先生の名作「ブラックジャック」のピノコという名前の少女は、
この「皮様のう腫」の組み合わせで生まれたという設定でした。
すごい発想ですね!
もちろん悪性も全体の10%くらいはありますので、年1回の婦人科検診は、
是非行なっていただきたいと思います。

もっと身近なところでは、ストレスや無理なダイエットによって、卵巣機能不全
という状態になり、排卵障害が起こっている人が多いのです。生理不順や無月経を
見過ごさないでください!この卵巣の力不足は、肌への影響がすぐに出てきます!
特に肌のはり、くすみには大きな影響があり、成人型ニキビはまさに、これが
大きな原因となることが多いのです。
毎日の生活リズムを考え、体の老化を上手にコントロールして、若々しい肌を
維持していきましょうね!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
    
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
      http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop/top/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』、『pubzin』を利用して発行しています。

まぐまぐ
 http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma!
 http://www.melma.com/ ID:m00013953
Pubzine  
http://www.pubzine.com/  ID:007880
________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up