夏|季節によるトラブルとお手入れ|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0231 季節によるトラブルとお手入れ

NO.0231 季節によるトラブルとお手入れ

梅雨だというのに、このところ真夏並みの晴天が続いています。
私自身は暑さにすこぶる強いので、湿度が少ないこのような天気は
中々快適なのですが、発汗が激しくなって見た目はけっこう
暑苦しいですね!
でも逆に夏場汗を掻かない方は、見た目は涼しげなのですが、
体温調節がうまくいかず、体内が暑くホテリを感じ、
息苦しさまで感じる方がいらっしゃいます。
やはり日本の夏は汗腺の働きがよい方ほど
楽に体温調節ができるようです。

ただし更年期女性の、のぼせ状発汗はこれと違い、ホルモンの
バランスから自律神経の乱れを起こし、ホットフラッシュという
自分では調整不能の発汗を起こします。
これは体温の調節とは関係のない発汗ですので、
このホットフラッシュを感じている方は、血の道を正常にして
いくよう心掛けなければなりません。

さて今回の季節のお手入れは、夏に陥りやすい間違ったケアと
メイクのくずれとテカリを抑える方法のお話です。

先ず最初に基本の基本ですが、夏は汗がすごいからメイクは
しないとか、日焼け止めだけをつけるとかおっしゃる方がいますが、
それはお肌にはとても危険なことと心得てください!
お手入れもそうですが、日本の夏は乾燥肌の方にとって、
肌をキレイに見せてくれる湿度が多いため、ついつい手抜きを
される方が多くなります。
しかし長い目で見れば、その手抜きが肌の老化を進めている
ということになるのです。

それと同じでメイクをしない方の場合、「暑くて何度も顔を洗うので」
といわれるのですが、これもシミと小じわの原因になります。
洗顔のし過ぎや、発汗したとき汗を拭くタオルの刺激も肌には
つらいものなのです。

次に日焼け止めだけの方の場合、SPF値などから1日中持続する
感覚を受けていらっしゃる方もいますが、体温や汗、皮脂等から
SPF値に関係なく日焼け止め成分の変化が起こり、これも日焼けや
シミの原因になります。
このように、夏の暑さのために陥りやすい「これでいいか」という
ケアは、お勧めできないものが多いのです。

一番いいのは、お掃除やお洗濯などの家事を行うとき、
・あまり発汗されない方は
日焼け止め用の肌を乾燥させないパウダーをつけて忙しい仕事をこなす。
・発汗の多い人は
やさしい日焼け止めクリームを使用した後、日焼け止め用パウダーなど
つけて仕事をこなす。
そして、ひと仕事終わったら軽くクレンジングし、洗顔、化粧水や
エッセンスをしてメイクベース、ファンデーションとキチンと
進めていくようにします。
ここでのポイントは朝一番から紫外線防止をするということです。
これがシミやクスミ対策では大切なポイントです。
毎日のこのケアを習慣化することが肌の透明感を維持する上で
一番大切なことなのです。お解りいただけましたか?

では次にメイクの崩れやテカリ対策に入りましょう。
まず、夜水分の摂りすぎを控えること。
そして、早く寝ること。この二つのポイントは大切です。
夜の水分の摂り過ぎは、ムクミを起こし毛穴が開いて見えます。
また、皮脂分泌を過剰にして、高温多湿の夏には最悪の
パターンを作ってしまいます。

そこで、夏のメイクをすっきり持続させるためのお手入れとして、
夜クレンジングの後、あまりこすらないようティッシュオフして、
もう一度クレンジングをたっぷり取り、1分間マッサージをして
みましょう。指先に力を入れず、ていねいにもう一回クレンジングする
つもりで、鼻筋から左右に分けてアゴの部分から内回りでくるくる滑らせ、
小鼻の脇は指を両脇に沿わせて上下に、そして全体にクリームを
行き渡らせるように滑らせます。

終わったら入浴して洗顔した後、良質な天然タイプのオイルをつけて
10分程度放置、そしてムシタオルを作って押さえ拭きしてお風呂から
出ます。その後はたっぷり化粧水やエッセンスを使用しましょう。
この1分間マッサージと入浴時のオイルパックにより、毛穴がきれいに
なり、発汗によってお顔が引き締まります。
週に1度で良いので是非実施してみましょう。
そしてもし、もうひと手間かけられるなら、入浴後化粧水をマスクや
コットンに含ませ、湿布を5~7分していただければ、すっきり
透明感が出るはずです。

お手入れの注意は何事も軽~く力を入れない、こすらない、
長い時間マッサージ、オイルパック、化粧水湿布をしないことです。
キッチリ、そしてサッと仕上げてください!
今年も暑い夏がやってきそうです、ひと手間かけた内緒のお手入れで
スッキリ過ごしてみましょう!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
      http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop/top/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up