冬|特集―花粉症―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0071 特集―花粉症―

NO.0071 特集―花粉症―

日差しはもう春ですが、風の冷たさはまだまだ冬ですね。
それでも、チューリップの芽もでてきて、日増しに春の香りが感じられます。
春といえば、我が家の近くでも、すでに目が痒くてつらそうなお嬢さんが
いますが、皆さんはいかがでしょうか?
春先のくしゃみ、鼻づまり、目のカユミ、これがいわゆる花粉症です。
今回は季節柄、花粉症について少しお話しましょう。
花粉症は、アレルギーの中で、即時型アレルギーといわれるもので、
1型に属するアレルギー反応です。
原因である抗原(原因物質)が侵入し、生体がその侵入を認めることで、
その抗原に感作することによって強く反応するアレルギー状態です。
1型と呼ばれるこのアレルギー反応には、
吸入性アレルゲン(花粉、ホコリ、カビ、ダニ)によるもの、
食事性アレルゲン(肉、卵、魚、穀物、野菜、その他)によるもの、
薬物アレルゲン(医薬品、化粧品、化学薬品)によるものがあり、
花粉症は吸入性のアレルゲンによるものということになります。
スギ、アカマツ、クロマス、ヒノキなど1月下旬からのスギに始まり、
5月のヒノキあたりまで、人によって感作物質が異なりますので、
すべてに反応する方、そのものひとつに反応する方と様々になります。
この時期、吸入性のほかに接触性としても桜草やチューリップなどで
反応を起こす方がおりますので、全般的に注意していただいたほうが良いでしょう。
ご自分がアレルギーを持っているかどうかの自己診断は、
1、両親のどちらか、またはお二人ともにアレルギーがあるか?
2、食物で蕁麻疹を起こしたことがあるか?
3、春先に、くしゃみや目のカユミ、鼻づまりがあるか?
4、化粧品カブレを起こしたことがあるか?
5、喘息の傾向があるか?
6、肌がカサカサになるか?
7、アクセサリーでかぶれたことがあるか?
8、手、指に湿疹はあるか?
この中にあてはまるものがありますとアレルギー体質である可能性があります。
体質的にアレルギーがある方に春先、花粉症の症状が出た場合、
かなり強い反応になりますが、春先の花粉症の症状だけの場合は、
体質的に後天的な原因で反応を起こしているケースがあります。
これは、人生で一番バリバリ活躍する年代に突然現れるもので、
ストレスによる免疫力低下が原因といわれています。
不思議なもので、60歳代になると春先の花粉症は起こらなくなる方が
多くなるようで、これはやはり、ホルモンとストレス、生活パターンなど
プレッシャーが重くなることとの関連が、強い反応にかかわってきていると
考えられます。
すでに花粉症でお悩みの方でも、体質改善を心がけていただきますと、
その状態によっては、症状がかなり軽くなったり、症状を起こさなくなる可能性も
ありますので、常に生活パターン的要因、多飲、タバコ、夜更かし等は
避け、努めて発汗、利尿を促すよう心がけてください。
また、初めて花粉症らしき症状が出た場合、ご自分が花粉症か風邪かわからない
という場合があると思います。
その場合のチェック事項として
1、くしゃみは立て続けに起こるのが花粉症。
2、鼻水は透き通ってサラサラしたものが、時期が終わるまで続くのが花粉症。
3、鼻づまりは夜つらく、寝苦しい状態が花粉症。
ということになり、何回かのくしゃみ、ドロドロの鼻水、寝苦しさの
あまりないものは、風邪の確立が高くなります。
その他、花粉症は集中力がなくなり、イライラしやすくなり、倦怠感を感じやすく
なりますので、まわりの方もちょっとした気遣いをしてあげることが大切です。
お手入れとしましては、アレルギー反応を起こしている状態ですので、
無理なケアは禁物です。オイルパックとか水分補給をきちんとして、
鼻をかんだ後は常に保湿クリームを使用しておいたほうが良いでしょう。
ケアをしておくと、シーズン後の肌の戻りが早く、目の周りや、鼻の下のくすみが
キレイに回復しますヨ!
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
    
===============================================================
   お肌のトラブル別対処法はバックナンバーをご覧下さい
大人のニキビ
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/summer/no_0001.html
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/autumn/no_0002.html
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/autumn/no_0003.html
小じわ肌荒れ
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/autumn/no_0004.html
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/autumn/no_0008.html
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/winter/no_0013.html
シミ
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/winter/no_0018.html
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/winter/no_0023.html
思春期型ニキビ
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/spring/no_0028.html
テカリ
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/spring/no_0032.html
日焼けと日光アレルギー
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/spring/no_0036.html
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/summer/no_0040.html
脂漏性湿疹
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/summer/no_0044.html
日焼け後のスキンケア
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/summer/no_0048.html
アトピーとアレルギー
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/autumn/no_0052.html
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/autumn/no_0056.html
ストレス性紅斑
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/autumn/no_0060.html
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
        お取扱店は下記にお問い合わせ下さい
シェルクルールお取扱店紹介中http://www.cher-couleur.com/torihikiten.htm
   お問い合わせは info@cher-couleur.com
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
   
******************************************************************
“こんなコーナーを設けてほしい”などのご意見も募集中!
        junko@ohadanogakko.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは  http://www.cher-couleur.com/
お問い合わせは info@cher-couleur.com
Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』、『pubzin』を利用して発行しています。
まぐまぐ
 http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma!
 http://www.melma.com/ ID:m00013953
Pubzine  
http://www.pubzine.com/  ID:007880
__________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up