冬|冬の乾燥、年末年始のお手入れ|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0206 冬の乾燥、年末年始のお手入れ

NO.0206 冬の乾燥、年末年始のお手入れ

今年ももう冬至、かぼちゃにゆず湯ですね?
我が家では冬至当日、私の帰り遅いため、前日にかぼちゃとゆず湯をしました。
やはり季節感は大切ですね!そこで、冬至についてのワンポイント!
太陽の横経が270度に達する時で、北半球では正午に太陽の高度が
一年で最も低く、昼が最も短い日ということです。
ここからが冬の変わり目ということですね。

さて、先日伺ったお店の「お肌の学校」で、12月の忙しさのためか、
ホホがカサカサではなく、ガサガサで、切れている状態になった
OLの方がいらっしゃいました。当然のことですが、顔全体はゴワゴワ
として、赤い湿疹も出ています。
この状態は、肌荒れを起こし過ぎ、クリーム類を塗りすぎて、クレンジ
ングがうまくなじます、皮膚の表面が肥厚して荒れているという状態です。
幸い本人は痛いことはあっても、痒みのない状態でしたが、
実際、肌がゴワツキ、ホホがカサカサにむけている方は結構いらっしゃ
いますが、ここまでひどい方はあまりいらっしゃいません。

ところが、この状態というのは、年末年始のお休みの間、普段はキチンと
メイクしている方が、長い休日が続く寒い日にノーメイクで過ごし、
手入れが不足して肌荒れを起こしている状態とまったく同じなのです。
ということは、うかつにお正月の休暇を過ごすと、こんな困ったお肌に
なる可能性があるということです。

それではこれから、もし同じ過ちを犯し、困ったお肌になってしまった
場合のお手入れ法を、先回りしてお話しましょう。

今回ひどい肌荒れを起こしてしまったOLさんのお肌を戻すために、
まず大切なことは、皮膚の間に入った汚れを、柔らかく出してあげ、
化粧水などの浸透を高めることなのです。つまりこの状態は蓄積型の
トラブルということになるわけです。
では、今回私がそのOLさんにご指導させていただいたお手入れを
そのままお話します。

まず、汚れたままのお肌にオイルを多めにつけ、ラップをかけます。
これは、密封状態にして自浄化発汗していただくためです。
これは、10分が限度となります。それ以上は軽いゴワツキやカサツキの
方でもカユミが出る恐れがあります。
その後、ラップをはずした後のお肌に、クリーム状のクレンジングを使い、
やさしくオイルの上をなぞるように軽く軽くなじませます。
そして、ティッシュをペタっと貼って、押さえるように汚れを取ります。
そのあと、オイルを顔全体に塗って入浴です、10~15分して、
シャンプーリンスの後に良くすすぎ、ムシタオルで押さえてから、
洗顔です。フォームを良く泡立て、5~10秒さっとなぞるように洗い、
シャワーを直接当てず、湯を手ですくってすすいでいただきます。
(シャワーを直接当てることは、温熱圧がかゆみや赤味を起こさせる
ことが考えられますので避けます)
よくすすいだ後、今度は流水で10回ほどすすぎ、その後温水でまた
10回ほどすすぎます。顔がぬれた状態で、オイルを全体になじませて
お風呂をあがり、化粧水をたっぷりコットンに含ませ湿布します。
そして最後にクリームです。
ひどくガサつきのある時は化粧水後もオイル、クリームの順になります。

この方法は多少簡単にアレンジしていただいても、乾燥肌やシワ、
クスミの方に通用します。
良質な化粧水を使用している方は、この方法により、相当ひどくても
およそ一週間でツルッとしてくるはずです。
ただし、クリスマスやお正月などイベントの多い月は、睡眠不足と
食べすぎが悪化させますので注意してください。

冬は乾燥との戦いといってもいいと思いますので、顔も体も、
しっとり感を大切にしましょうね!
体にカユミを感じる方は、ボディシャンプー類を吟味して、入浴後は
セラミドを強化してくれるタイプのボディクリームを、まだ体に水分が
残っているうちになじませてください。
そうすることにより、ほとんどカユミが出なくなる方が多いんです。

お肌のトラブル専門でカウンセリングをしていてつくづく思うことは、
マメな方はキレイになるということです。
ここで、もうお二人の例を挙げてみましょう。
そのお二人は、ご両人ともヨン様ファン、60歳くらいの奥様です。
テニスが趣味で、乾燥によるシワの方と、肌荒れから皮膚科のお薬を
使い過ぎ、口の周りが真っ赤に腫れ、シワだらけで相談に来られた
というお二人です。
このお二人、まじめなお手入れの成果で、お二人とも透明感のある
素肌になり、シワもキレイに矯正されてきました。もちろんなくなる
わけではありませんが、お手入れ前(3~5年前)と比べ、10歳以上
の素肌のパワーアップというところでしょうか?
やはりここで大切なのは、お手入れは毎日毎日の積み重ねということ!

やれパックだマッサージだではなく、基本からキチンといきましょう!
今日から心を入れ替えてダブル洗顔、化粧水、保護エッセンス類、
クリーム程度は良いものをセレクトして毎日実施してみましょう。
それと、日中のメイクは、日焼け止めと外界からの保護ですから、
毎日必ずいたしましょう。
新しい年までちょうど一週間!これらのポイントをキチンと守って
いただくと、素敵な新年を迎えられることと思います。

ご自分の事に関するお悩みはメールでご質問、ご相談ください。
遅れることがあるかもしれませんが、しっかりお返事させていただきます。

新年は14日第二金曜からの発行予定です。一年間のご購読ありがとう
ございました。来年もよろしくお願いいたします。
それでは皆さん、良いお年をお迎えください!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
    
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
      http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop/top/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ
 http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma!
 http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up