夏|豆知識―冷え症とその対策―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0283 豆知識―冷え症とその対策―

NO.0283 豆知識―冷え症とその対策―

やっと夏らしくなったと思いましたら、やっぱり夏は台風!
どうも今年は「夏っー!」という雰囲気が長続きしませんね!

さて、今回の豆知識は夏の落し穴「冷え症」について勉強してみましょう。

皆さん「ゲルマニウム温浴」というのをご存知でしょうか?
エステでは解毒、血行促進のメニューとして人気のコースですが、
実はこの「ゲルマニウム温浴」冬よりも夏の方が圧倒的に盛況だそうです。
実際に、倍近い数字になると聞いて、もう一度しっかり
対策していただいた方が良いなと思い、今日のテーマを選びました。
そう、お分かりのように、オフィス内のクーラーは、女性の体にとって
想像以上に負担になっているということなのです。

実は「冷え症」は「冷え性」と書くのが本当だそうで、
漢方の「症」という字を使うようになったのは近年だそうです。
「性」という字は、ある傾向、特徴を持った性質という意味で、
「症」は、病気の現れた状態という意味です。
ということは、近年冷え症は病気として認知されてきたということ
なのでしょう。

さて、冷え性と一口に言っても色々なタイプがあります。
・貧血からくる冷えタイプ・血行不良による冷えタイプ
・体質虚弱からくる冷えタイプ・自律神経失調からくる冷えタイプなど

この体質タイプともうひとつ、本当に気をつけていただかなければ
ならないのが、生活や食生活、服装からくる冷え性です。
私のようなおばさんは、若い方の服装や食生活はとても心配なことの
ひとつです。
特に腰やおへその出るローライズのスカートやパンツ!
これにヘソピーというおへそのピアス!
その上スナック菓子やジュースなどのファーストフードが
加わってみてください!
婦人科系のトラブル、腰痛、生活習慣病の予備軍になってしまいます。

やはり大切なことは、へそから腰は暖めること!
へそから指三本下にあるツボを「関元」といい、このツボは体を温める
エネルギー源といわれています。
この部分を冷やすということは、気力を低下させ、集中力を失わせ、
ホルモンのアンバランスを起こします。
これは本当に大切なことですから要注意です!
自分でフォローできることですので注意してくださいね!

次に冷え症が、引き金になって体に起こる悪影響について
お話しましょう。
代表的な症状としては、頭痛、腰痛、肩こり、便秘、下痢、
不妊などがあげられます。
冷えは血の流れの障害と代謝力低下が原因となり起こるものですので、
放ってはおけないトラブルなのです。

そこで「私、冷え症!」と思う方に、改善案を提案しましょう。
・早寝の習慣(貧血から来る冷え、虚弱からくる冷えタイプ)
・入浴の励行(38~40℃のぬるめのお湯に入る、すべての冷えタイプ)
・体を冷やさない服装(すべての冷えタイプ)
・ハイヒール、下着など、緊張や圧迫によって血行を悪くするものを避ける
(血行不良タイプ)
・生野菜、アイスクリーム、ジュースなどを避ける(すべての冷えタイプ)
・8時以降の水分を控えめに
そして、これらにプラスして足裏マッサージをお勧めします。
この足裏マッサージは絶大な効果がありますよ!
おへその関元と同様、足の指を反らせたときにできるツボは「湧泉」といって
全身のだるさを取り、気力を充実させるツボです。
その他、足裏は内臓へ反射するツボがたくさんありますので
クリームなどを使用してのマッサージは本当によく効きます。

少し宣伝をさせていただきますと、私共の製品にアロマの
ティートリー油やフルーツ酸を配合した「樹香爽(ジュコウソウ)」
というクリームがあります。
におい対策にもカサカサ対策にも良いクリームで、
足などの角質の厚い部分にはとても効果的に使用できますのでお勧めです。

また先に紹介したゲルマニウム温浴やエステなど、リラックスできることを
取り入れるのもいいですね!

夏場は自分で感じないのに老化を促進させてしまう季節です。
冷え対策は、老化や更年期の対策にも直結しますので
とにかくできることから取り入れ、夏場のクーラーの中でのお仕事、
がんばってくださいね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
  http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
     http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up