夏|季節のお手入れーリンパマッサージ|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0319 季節のお手入れーリンパマッサージ

NO.0319 季節のお手入れーリンパマッサージ

夏日が続いておりますが、夕方から急に気温が下がり、
鼻かぜなのか、カモガヤのアレルギーなのか、
判断がつかない体調の方も多いようです。

大学生の間ではなんと“はしか”の流行によって休校する学校も多いようです。
学校によっては、休校によって多方面に“はしか”が広がることを懸念して、
あえて休校にしない学校もあるようですが・・・。
学生としてはどちらを望んでいるのでしょうか?
“はしか”は、なかなか大変な病気ですが、
それでも“おたふく風邪”のような副作用は少ないようですから、
なんとか乗り切っていただきたいものです。

思えば今20歳くらいの方が乳幼児の頃、予防接種の副作用が世間に広まり、
予防接種が強制ではなくなりました。結果、良かったのか悪かったのか、
不思議な気がしますね。

さて今回のお手入れは、これからの季節のインナードライ対策として、
リンパ刺激を勉強していきましょう。

6月は梅雨に入りますが、現代人は常にハードな冷房の中で夏を過ごします。
たぶんメルマガ読者の7割くらいは、日中ずーっと冷房の中で
過ごしていらっしゃるのではないでしょうか?

冷えをあまり感じない私でも、一日中冷房の中にいると、外の暑さが
心地よくなる程ですから、体調を整え、美肌を保つためにも、
簡単リンパマッサージを活用して、全身的な美容効果を期待したいところです。

さて、リンパという言葉自体、近頃良く耳にするようになりましたが、
今日は改めて少し勉強してみましょう。
リンパマッサージは、ヨーロッパ発祥の手挙軽擦法(直接肌に触れての施術)
マッサージで、ソフトで心地よいマッサージです。
簡単に説明しますと、血液の循環は動脈により栄養や酸素を細胞に運び、
静脈が老廃物を回収します。
そして、全身に網の目のように広がる腺をリンパ管といい、
その中に流れている液をリンパ液といいます。
そのリンパ液には排泄機能と免疫機能の二つの役割があり、リンパの滞りは
毒素や余分な水分が体内に蓄積され、免疫機能がトラブルを起しやすくなり、
体内外に障害が起こりやすくなるということになります。

今日は美肌回復がテーマですので、鎖骨上リンパ節から上のリンパ節を刺激し、
肌の透明感を出し、むくみを回復するマッサージを勉強してみましょう。
大切なことはあまり構えすぎないこと、私の手入れのお勧めは、
日常的な流れの中でお手入れをしていただくことです。
さァーやるぞーと、意気込みすぎると長続きしませんので、
マッサージの時間はほんの1~2分間、それもクレンジング時を利用して
実施したいと思います。

まず、夜のクレンジングを入浴する前に行います。
ティッシュで押さえてから、コットンに化粧水を含ませ軽く拭き取り、
天然のピュアなオイルを少し多めに引いて、夜使用するクリーム
(乳液でないほうが良い)を重ねて、顔全体に延ばします。
このとき正中線(額、鼻筋、口もとのライン)から全体にこめかみに向かって
延ばしていってください。

次に首にピュアオイルと夜のクリームを延ばします。
このときアゴから下は下から上へ、耳の付け根(耳下腺)からは
上から肩の方向へ延ばします。
リンパの流れはとてもゆっくりですから、手のひらで軽く圧迫しながら
ゆっくりゆっくり流してください。

では始めましょう。
正中線から左右に開くように手のひらで顔を包んで、
耳の手前の耳介リンパ節に流します。
次にフェイスライン下部の頤(オトガイ)リンパ節に向かってゆっくり流し、
次に頸部リンパ節から鎖骨上リンパ節に流して、鎖骨上リンパ節部を
手のひらでゆっくり左右に刺激します。

これは簡単にアレンジしたフェイシャルリンパマッサージですから
1~2分、週に2回くらいが特にお勧めです。
鎖骨部までマッサージしますので、入浴前というのがお勧めなわけです。
マッサージ後、入浴して洗い流していただくとピュアオイルとクリームの
効果でとても肌が変わります。
入浴後の化粧水やエッセンス後のクリームもこの手順を
少し活用してみてください。肩こりや眼の疲れも違ってきますよ!

さて、しっかり活用したい方もいらっしゃると思いますので、
とても参考になる本を紹介させていただきます。
全身的なリンパマッサージを自分でできるわかりやすい本として、
絶対おすすめなのが“3分間ツボ&リンパマッサージ”という
浅井隆彦先生の本です。これは、指圧とリンパマッサージの融合により、
本当に納得できる本です。実業之日本社から出ています。
浅井先生のお人柄のよく出た、わかりやすさ抜群の本ですよ!
活用してみてください!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
  http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
     http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

◎淳子先生の『お肌の学校』
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000041844/

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up