秋|肌年齢とシワ|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0147 肌年齢とシワ

NO.0147 肌年齢とシワ

今年の気候には振り回されっぱなしという感じで、暑さ寒さに体が
ついていくのが大変なようです。
しかしお肌に関しては、いつもの夏の肌より日焼けも少なく、
肌への負担はやや少なかったようですね!
だだ、このところ乾燥が大変目に付き、皮膚の老化が気になります。
そこで今回は、突然やってきた秋によって気温もめっきり
下がってきましたので、シワについて少しお話ししてみましょう。

何回かシワについてはお話ししてきましたが、タルミとの関係も深いので
ちょっと復習してみましょう。

皮膚の年齢は20歳を過ぎたあたりから、実年齢とはあまり関係が
なくなってきます。つまり、その人の私生活と仕事、食生活などが関係
してきて、それに遺伝的要因がプラスされ肌年齢に反映されていくわけです。

特に変化が出るのは、老化型のトラブルの方で、30代くらいから
はっきり現れてきます。
【私共のお肌の学校ではシミ、シワ、タルミ、くすみは「老化のトラブル」
ニキビ、湿疹、月経疹は「毒素のトラブル」と、トラブルを大きく二つに分け、
ご指導させていただいています。】
10代、20代で、毒素のトラブルでお悩みの方はとてもご苦労して、真剣に
取り組むのですが、老化トラブルの方に関しては、一番予算も時間もある
時期に、「トラブルなど特に気にしない」という傾向があり、ここに老化の
トラブルを悪化させる問題があります。

まず、毒素のトラブルの場合、ほとんどが毛穴が大きく開き、皮脂の分泌が
活発であることが特徴ですが、逆に老化のトラブルの方はキメが細かくそろって、
見た目もキレイな方が多いことが特徴になります。
そのため、毒素のトラブルの方はこのタイプの肌にあこがれ、「キレイな肌ね!」
「うらやましい!」などと連呼するわけです。
「一見、キレイに見える肌」ここに老化のトラブルが放置されがちな原因が
あるのです。

近頃のお子さんは、寒暖の温度差を空調でコントロールするため、特にこの
老化タイプの肌に育っていくようです。
汗腺というのは熱さの中で、体温調節のために発達していくので、
空調のきっちりした中で育ってきた都会型の方に、このタイプの肌が多いのです。

老化のトラブルというと10代、20代の方にはピンとこないと思うのですが、
決して人事ではありません。
私はこのツルンとした、キメの細かな肌を「ベビースキン」と呼んでいますが、
大切なことは、ご自分の肌が、毒素のトラブルを引き起こしやすい肌か、
はたまた、老化のトラブルを起こしやすい肌か、ということを若いうちから
知っておくことです。
ご自分の肌を知らず、「キレイな肌」といわれて、お手入れもせず、
30代に入ったらどうなるか?
ヤセ型の方では、40代の肌年齢になっている方も多いのです。
このタイプの肌の方は20代前半で8割の方にシワの前兆が現れています。
ご自分の肌をしっかり認識し、それなりのお手入れなり、対応を心掛けることが
肌年齢を若く保つコツでもあるのです。

皆さんはシワには、大きく分けて二種類あることをご存知だと思います。
小鼻の横から口角にかけて出る表情ジワ、これは代表的なシワですが、
大変深い溝になり、皮膚内の傷のようになっていきます。
これを真性ジワと呼び、皮膚内真皮層のコラーゲン量の減少や、弾力繊維の
破壊から起こるもので、このシワはお手入れでは回復できないものです。

もうひとつは仮性ジワと呼ばれ、乾燥や肌荒れで起こり、ちりめんジワとも
呼ばれているシワです。これは一時的なものですから、お手入れによって
かなり回復が見られます。
ただし、仮性ジワから真性ジワに移行するケースが多いので注意が必要です。

この二種類のシワが理解できましたら、生活面でのチェックをしましょう。
・正しいお手入れと自分に合った化粧品選び。
・できるだけ早く寝る習慣を持つ。
・紫外線対策は一年中。
・食生活でのバランスを考え、赤身のお肉や鳥のササミなどのタンパク質、
 緑黄色野菜を意識して摂る。
・喫煙はシワやタルミの発生要因になるのでなるべく避ける。

このあたりから気をつけていかれると、加齢による老化に対して人に差をつける
ことができるはずです。
また、お手入れと化粧品選びについても、ご相談の方からお聞きすると、
「なぜあなたがこのコスメ?」と首を傾げたくなることも多いので、
ご自分の肌をしっかり知ることから入り、適切な判断をすることです。

どなたにも訪れる老化!
ご自分の肌を理解することは、自分でできる最大の老化対策です!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
    
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
      http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop/top/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』、『pubzin』を利用して発行しています。

まぐまぐ
 http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma!
 http://www.melma.com/ ID:m00013953
Pubzine  
http://www.pubzine.com/  ID:007880
_________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up