春|豆知識―日焼け止め|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0082 豆知識―日焼け止め

NO.0082 豆知識―日焼け止め

東京では今週久しぶりに青空が見られ、5月を感じほっとした気分になれました。
庭の花の植え替えなどは終わりましたか? ウォーキングは始めましたか?
なんだか緑に誘われ外に出る機会も増えてきます。

前々回日光アレルギーについてお話しましたが、やはり予防策である日焼け止め、
紫外線防御法についてチェックしておいたほうが良いようです。
日焼けは色が黒くなるということだけでなく、ご存知のように皮膚の老化に
結びつきますので、なるべく焼けない、そして焼かないようにしなくてはなりません。
すぐ黒く重なるように焼ける人も、赤くなってヒリヒリする人も、
老化との関係は同じですので、充分注意することが必要です。

以前にも説明していますが、黒く焼けることをSuntanといい、
UVAという長波長の紫外線が表皮基底層に散在しているメラノサイトに働きかけ、
メラニン色素の生成をすすめ、皮膚が黒くなるわけですが、
メラニンを含んだ細胞が各層から角質層に達するまで時間がかかるため、
当日より2~3日経ってからの方が黒色化が目立ってきます。
UVAはトラブルを起こすことはないのですが、真皮の深層部まで侵入して
シワやタルミの原因になってきます。

一方、赤くなるヒリヒリ型の日焼けはSunburnといい、
UVBという中波長の紫外線の影響で起こるもので、皮膚に対して刺激が強く、
かなり浴びてしまうと赤くヒリヒリしたり、火傷様症状を起こすことがあり、
まれに脱水症状を起こすことも考えられます。
これは明らかに皮膚炎の状態を引き起こすということです。
やはり、もともと肌色か小麦色の方の方がSuntanで落ち着き、色白の方の方が
Sunburnを起こしやすいようです。
そして、これはもともとのメラニンの下地の違いのようです。

日焼けが肌にいけないことはおわかりいただけたことと思います。
そうしますと、私が常々お話している『朝一番からの紫外線防止』の必要性も
ご理解いただけると思います。
私共は、朝起きてメイクまでの時間がある方は、パウダーなどでまず予防することを
いつもお勧めしています。

それでは、どのような日焼け止めが良いのでしょうか?
現在、日焼け止めには肌への負担を少なくするため、吸収剤と散乱剤の
二つのアプローチがあります。
吸収剤の代表的成分は、パラアミノ安息香酸誘導体やオキシベンゼンなどがあり、
散乱剤には微粒子酸化チタンや酸化亜鉛、タルク、カオリンなどが用いられます。
これらがバランスよく配合されているものがサンスクリーン剤で、
その機能数値をSPF(サンプロテクトファクター)で表します。
このSPFは、UVBから肌を守る機能の高さを表す指数で、
UVAからの防御指数はPA+以上で目安をつけます。
ただし、各指数が高ければ良いのではなく、高いほど毛穴をふさぎやすく、
肌に負担をかけることも忘れてはいけません。
ひとつの目安として、日常生活であれば、SPF15、PA+位あれば充分です。
あまり気にし過ぎ、高い指数を常用すると、その後のスキンケアが大変になります。

そしてもうひとつ、肌には本来紫外線防御能力があるということを忘れないで下さい。
・内部メラニン色素による吸収効果
・角質による反射
・NMF、細胞間脂質による吸収
・皮膚中ビタミンEの酸化防止
・皮膚中ウロカニン酸による吸収
など、日頃ケアの行き届いた肌は、自然に防御能力が高くなりますので、
やはり日常の素肌ケアはとっても大切なんですね!

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
    
==================================================================
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
      http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop/top/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』、『pubzin』を利用して発行しています。

まぐまぐ
 http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma!
 http://www.melma.com/ ID:m00013953
Pubzine  
http://www.pubzine.com/  ID:007880
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up