春|特集―ニキビ|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0075 特集―ニキビ

NO.0075 特集―ニキビ

前回は思春期のニキビについて書きましたが、いかがでしたか?
近くにお悩みの方がいらしたら是非参考にしてみて下さい。
つい先日も私の担当していた中学三年の受験生が、顔中のニキビを
2年がかりでキレイにしました。お母様の協力もありましたが、
一番発生しやすい年代の男の子が、適切な手入れで、ストレスの中
毛穴までキレイになりましたよ!
やはり大切なことは、あせらずきちんとケアしていくこと、
そして「守ることは守る」というのが、お肌のトラブル回復のポイントです。

経過を少し振り返ってみますと、その男の子もケアしながら一度
悪化したことがありました。しかしそれは、夏休みのクラブ活動の後、
入浴が午後1時頃になり、夜入浴しなかったため、ケアがおろそかになり、
せっかく戻った毛穴の黒ずみが一気に悪化したことにあります。
すぐに悪化を見出して、原因を修正していただき、ケアを強化しましたら、
一ヶ月でかなり回復しました。
このようにちょっとしたことが思春期ニキビの悪化や回復につながるのです。
要は原因! 必ず何らかの原因があるということ、それを修正し、
正しいケアを繰り返せば回復につながるということです。

これは先月お話した思春期にできる強いニキビの例です。
この方もそうでしたが、悪化したニキビは白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、
膿胞ニキビと、すべてのニキビが顔中にできていました。
しかし、キズ、痕跡を考えなければ、このニキビは、年齢が上がると共に
ある程度治まってきます。

しかし、ニキビにはある時期がきても治まらないニキビ、前回最後に触れた
女性ホルモンの影響を受けた弱いニキビというものがあります。
20歳を過ぎても治らないニキビ、もしくは20歳位から急に発生するニキビです。
そのニキビを成人型ニキビ(大人のニキビ)と、何度か説明しましたが、
これは月経疹といって、生理周期に基づいて悪化するニキビと考えます。
このニキビも強いニキビと同じように、白、黒、赤、膿胞のすべてのニキビが
顔に広がりますが、思春期のニキビと違う点は、長引くと首にまで
広がってくることです。
そしてこのニキビの回復には、お肌のケア以外に更なる努力が必要になります。

このニキビは東洋医学でもニキビの薬剤より婦人薬の方が効果が出やすいほどで、
身体のエネルギーの流れ、血、水の流れをスムーズにして、生理周期に基づく
ホルモンのバランスを整えなければなりません。
「でも、ホルモンのバランスって?」と思われる方も多いと思いますので、
簡単なチェックと整え方をお話しましょう。

まずチェックについて、女性の場合とてもわかりやすく、
1)生理が28日周期で起こるのか、30日周期か?
2)起こった生理は1週間ほどきちんとあるか?
3)2日ないし3日間は夜心配か?
このあたりがひとつのポイントになります。
20代の女性が3日くらいで終わってしまうとか、逆に不順だとかでは
真剣にバランスを整える努力が必要になります。

そしてその解決には、以下の注意を守ること。すべて自分でできることです。
1)規則正しい生活(特に就寝時間が大切)
2)意識して和食中心の食事を摂る
3)便通は毎日1回心がける(下痢はいけません)
4)スキンケアはある程度同メーカーのものを使用し、W洗顔から毎日きちんと行う。
この4つは大切ですので、できるだけ心掛けるようにしてください。
そして、特に注意していただきたいことは身体の中を温めることです。
弱いニキビは体内の冷えをとってあげると代謝が高くなって回復しやすくなります。
そのためには日々の生活の中で身体を冷やさないようにすることです。
まず、流行とはいえ、おへそを出したり、小さな下着はいけません。
もっとうるさく言うと心理的要因として、紫、黒、青などの気の流れ、
血の流れの滞る色を身に着けることは避けるというアドバイスもあります。

そして、果物、冷たい飲み物は日が暮れたら摂らない(もちろん生野菜もです)。
コーヒー、お茶類も水の流れの滞りそうな夜は避けてください。
但し、リラックス度を増したり、温めるためのハーブや生薬等のお茶は良いでしょう。
それから入浴はゆっくり夜にする、髪を洗ったらきちんと乾かす。
これらが体内を温めていくポイントです。
これに良い汗をかいていただければいうことありません。

成人型ニキビは難しいトラブルではありますが、小さな積み重ねが回復力を
つけてくれます。ただし、思春期のニキビと違い、年齢的にこの辺でよくなるという
目安がありませんので、あせらず繰り返してケアすることと、
信頼できるアドバイザーの必要性は感じます。
日々の不安を解消しながら、ケアしていく必要性は大変大切なことですので、
いいアドバイスをいただける方を探していかれることをお勧めします。

     ※次回発行は5月10日です。お楽しみに!
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
    
==================================================================
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
      http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop/top/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』、『pubzin』を利用して発行しています。

まぐまぐ
 http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma!
 http://www.melma.com/ ID:m00013953
Pubzine  
http://www.pubzine.com/  ID:007880
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up