春|豆知識―食養生2|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0074 豆知識―食養生2

NO.0074 豆知識―食養生2

花粉症の方にはつらい季節、春真っ盛りですが、いかがお過ごしですか?
健康な身体は、まず基本生活からということで、
前回に引き続き、食養生をテーマに、食品の有害物質を減らす除去法などを
お話していきましょう。
まず第一に、加工食品には有害物質が多いということです。
現在認可されている食品添加物は1600品目以上あり、
複合毒性、慢性毒性は、どの物質においても不明ですので注意が必要です。
それら添加物の中でも、特に発ガン性の疑いがあるものは、
品質保持剤(プロピレングリコール=PG)
着色料(赤色2号、104号、106号、コチニール)
発色剤(亜硝酸Na、硝酸K)
酸化防止剤(BHA)
保存料(ソルビン酸、パラオキシ安息香酸)等があります。
このような物質の表示されている商品は要チェックですね!
このように添加物の形で、それら物質が表記されていると
選ぶことができますが、その他、すでに含まれてしまっている物質は、
表記で確認できないこともあり、とても大切なポイントですので、
少しあげて見ましょう。
肉類でいうと、エサの中に含まれる物質、例えば抗菌性物質やホルモン剤、
ダイオキシンなどのホルモン、残留農薬などです。
これらの物質は、脂肪と内臓に蓄積するので、脂肪の少ない部分を選び、
内臓類は控えたほうがよいでしょう。
特に現在は狂牛病などでも警告がでておりますので、
栄養面でも、良質な赤身の部分を取るように心掛け、
心配な方は、湯通ししてから調理したり、
漬け汁に浸して、その漬け汁を捨てたり(漬け汁に有害物質が出る)、
少し工夫をしていただくと、ずいぶん違います。
魚類に関し、回遊魚は一ヶ所にとどまらないので、汚染は少ないといえます。
特に遠洋のタラ、マグロ、カジキなどは安心です。
魚も養殖物は抗菌剤やダイオキシンなどの残留が考えられますので、
ウロコ、エラ、内臓は取り除きましょう。
その他、熱湯での湯引きは臭みも取ってくれますし、有害物質も取り除きます。
野菜果物類も同じく、よく水洗いしたり、皮を少し厚めにむいたりすると
残留農薬や殺菌剤の影響が、かなり違ってきます。
特にトマトは農薬の使用量が多いので、必ず皮をむいてから調理してください。
根菜類は、土壌残留ダイオキシン、消毒剤汚染がありますので、
皮をむく、下湯でする。
山芋などは、すりおろす前に酢水にさらすなど、ちょっと心がけましょう。
食養生の考え方の中では、身体にいいものを摂るということと、
いかに有害物質を除去して摂るかという双方がとても大切になります。
これを読んでみて、すでに日常気をつけている方も、
なるほどと思っている方も「食べるものないじゃない!」などと思わず、
「良質のものをさがす、害を減らす」という心掛けを忘れないで下さいネ!
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
    
==================================================================
---------------------------------------------------------------[PR]---
  ■□■□■   パウダーなのに日焼け止め!   ■□■□■
シェルクルール化粧品のプロテクトパウダーは微細粒子のパウダー基剤が
外的刺激(紫外線、寒冷寒風、ホコリ、雑菌)からお肌を守り、新配合の
トルマリンがストレス環境からもお肌を保護します。
   ★☆★ http://www.cher-couleur.com/top.htm ★☆★
-----------------------------------------------------------------------
   お肌のトラブル別対処法はバックナンバーをご覧下さい
大人のニキビ
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/summer/no_0001.html
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/autumn/no_0002.html
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/autumn/no_0003.html
小じわ肌荒れ
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/autumn/no_0004.html
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/autumn/no_0008.html
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/winter/no_0013.html
シミ
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/winter/no_0018.html
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/winter/no_0023.html
思春期型ニキビ
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/spring/no_0028.html
テカリ
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/spring/no_0032.html
日焼けと日光アレルギー
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/spring/no_0036.html
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/summer/no_0040.html
脂漏性湿疹
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/summer/no_0044.html
日焼け後のスキンケア
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/summer/no_0048.html
アトピーとアレルギー
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/autumn/no_0052.html
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/autumn/no_0056.html
ストレス性紅斑
http://www.cher-couleur.com/mail/siki/autumn/no_0060.html
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
        お取扱店は下記にお問い合わせ下さい
シェルクルールお取扱店紹介中http://www.cher-couleur.com/torihikiten.htm
   お問い合わせは info@cher-couleur.com
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
   
**********************************************************************
“こんなコーナーを設けてほしい”などのご意見も募集中!
        junko@ohadanogakko.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは  http://www.cher-couleur.com/
お問い合わせは info@cher-couleur.com
Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』、『pubzin』を利用して発行しています。
まぐまぐ
 http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma!
 http://www.melma.com/ ID:m00013953
Pubzine  
http://www.pubzine.com/  ID:007880
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up