夏|豆知識―水|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0094 豆知識―水

NO.0094 豆知識―水

やっと夕暮れから秋風を感じ始めました。
今年は例年に増して暑かったので皆さんホッとしていることと思います。
暑かった時季、しっかり水分補給はしましたか?
タンパク質はしっかり摂れましたか?
皆さんに注意信号を発信している私は、今まで一度も夏バテをしたことが
ありません。ピークは過ぎたとはいえ、これからもまだ日中の暑さは続きます。
まだまだ、注意を怠らないで下さいネ!

さて今回は体に一番大切な水分、「水」について少しお話ししましょう。
まず大切なことは人間は半分以上が「水」で構成されているということです。
赤ちゃんの70%、成人男性の60%、成人女性の55%、高齢者の50~55%が
水でできているということ、つまり細胞成分を結び付けている
原形質と呼ばれるものも水ということです。
そしてこれは人間に限ったことではなく例えば野菜や果物の80~90%、
魚類の約75%、クラゲにいたっては約95%が水分だそうです。
そして人間の血液成分も90%が水です。
そのため体を維持するためには摂取、排泄、循環をスムーズにさせることが
とても必要になります。

日常的な生活をしている成人男性の一日の水分排泄量は、約2,5L、
そのうち自分では感じない不感知発汗による汗の蒸発で約1Lを排泄し、
他は糞尿などによる排泄になります。
ですから、補給も排泄に準じて補わなくてはなりません。
水分が不足すると血液に粘りが出ます、こういうときに血管の詰まる病気が
起こりやすくなるので注意が必要です。
特に高齢者の場合、夜中にトイレに起きるからと水分を控えますと
夏の暑さにより発汗が高まり、血液に粘りが出て思いがけない疾病症状を
起こす場合があるようです。
充分な水分補給を心がけることが大切ですネ。

水分の補給としては
1)飲料水としての水分を1日1L。
2)のどが渇く前に。
3)朝内臓を目覚めさせるためにコップ1杯。
というポイントを守りますと老化予防にもつながってきます。

しかし、最近では都会の水は評判が悪く、なかなかおいしく
いただくことができません。
そこで、評判が悪いけれども一番身近な水道水について少し触れてみましょう。

現在水道水の浄水処理法は、プールのような貯水池に水を溜め、
不純物を沈殿させた後、ろ過処理して塩素を入れ、殺菌するという処理方法です。
よく、カルキ臭がするという言い方をしますが、これは塩素の臭いではなく、
塩素が細菌と反応することによって起こる臭いです。
カルキ臭が強いという地域は、それだけ水源汚染地区ということになり、
より注意が必要です。
しかも、水の中の有機物と塩素の化学反応によりトリハロメタンという物質が
作り出され、この成分が人の精神や、内臓に悪影響を与えます。
やはり水道水はおいしくいただくためだけでなく、健康、安全のためにも
食事、飲料として使用するものには浄水器などの必要性はかなり大ということですね。

また、水は軟水、硬水という分けられ方をする場合があります。
これは水の成分中のCa、Na、Kなど様々なミネラル成分(鉱物質)の
量によって分けられています。
それを「硬度」という呼び方で表し、ミネラル成分のCa、Mgの量が
1L中100mg以下が軟水、200mg以上が硬水といわれ、日本の水は火山国ですので
100mg以下の軟水になります。
ですから口に残らないソフトな感じになるのです。
それに対しミネラルウォーターと呼ばれるものは硬水のものが多く、
鉱泉水呼ばれるものですので、味に重みがあるのですが、体液のバランスに近く、
体のホメオスタシス(恒常性維持機能)のバランスを高め、
必要なものは吸収し、不必要なものの排泄を高めますのでお勧めしたい飲料です。

私はよくお客様に「水を飲んでください」とお話しますが、
家庭用はトリハロメタンを取り除いてご使用いただき、
飲料としては鉱泉水をお勧めしています。
小さな努力ですが生体のバランス維持にはとても大切であり、
もちろんお肌と体の老化対策にもなります。
日々の効果になりますので是非心がけ、お水を飲んでみてください。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
    
====================================================================
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
      http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop/top/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』、『pubzin』を利用して発行しています。

まぐまぐ
 http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma!
 http://www.melma.com/ ID:m00013953
Pubzine  
http://www.pubzine.com/  ID:007880
__________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up