春|スキンケア保護商材〈クリーム、パウダー〉5|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0026 スキンケア保護商材〈クリーム、パウダー〉5

NO.0026 スキンケア保護商材〈クリーム、パウダー〉5

こちらのコーナーではスキンケアの代表的商材を毎回取り上げ、
説明させていただいております。
そして、このシリーズの最終回の今回は、クリームとパウダーを
まとめてお送りします。

まず、クリームについてですが、
クリームは、幅広い比率で皮膚に水分油分を補う代表格の基礎化粧品です。
古くはフランスのルイ13世の時代にスペインから輸入したバニラとカカオを
原料にしたクリームや、中国でも約1800年前(漢の時代)に果肉を原料と
したクリームでマッサージをしたという記録があります。

現在ではその種類も多く、色々な名称が散在しているようですが
組成として、油分が多い、中程度、少ないの3種類に大別されます。

そして乳化の形態としては
1)水中油滴型(W/O型)の親水性サッパリタイプ。
  Oil in Waterの型といい、水の中に油の粒子が分散している乳化状態。
2)油中水滴型(O/W型)の親油性しっとりタイプ。
  Water in Oilの型といい、油の中に水の粒子が分散している乳化状態。
 の、2種類です。

代表的な呼称としましては、
1)バニシングクリーム
一般に油分が少ないO/W型、皮膚の中に消失(バニッシュ)するような
感覚を与えるので、この名前が使われており、脂性肌や、若年層の方を対象に
したサッパリタイプのクリームで、皮膚の保湿、柔軟、保護が目的です。

2)エモリエントクリーム
ナイトクリーム、栄養クリーム、ナリシングクリームなどと呼ばれ、
バニシングクリームより油分が多く、中性クリームまたは、ハイゼニック
クリームなどとも呼ばれます。基本的な目的はバニシングクリーム同様、
皮膚の保湿、柔軟、保護で、対象者によって油分量のあったものを使用します。
一般的にクリームといわれるものにはこのタイプが多いようです。

次にクリームの主要基剤として用いられるものの種類です。
動物油、植物油、鉱物油などの他、
油相成分として、炭化水素、油脂、脂肪酸、高級アルコールなど。
水相成分として、保湿剤、増粘剤、精製水などで、
配合成分、配合量により、クリームの性能や形状、タイプ、感触が違ってきます。

最後に目的です。
1)肌荒れ、乾燥の防止。
2)角質層への水分油分の補給。
3)角質層の柔軟化。
4)角質層の保護。
5)皮膚生理機能の向上。などです。

お肌の疲れは就寝中に回復するといわれ、お休み前のクリームの
適切な使用は、お肌の疲れを癒します。
最後の総仕上げとも言われるだけに、クリームの目的をよく知り、季節や
お肌の状態、トラブルに合わせ、上手に選んでご使用ください。
最近は、老化防止、美白効果を高めた様々な主剤、有効成分も豊富です。
トラブルを問わず、どんなお肌の方にもクリームの機能、タイプ、
使用量をよく知り、お忘れなくご使用ください。

続きましてパウダーについてです。
パウダーは、ファンデーションと異なりついつい忘れがちな商材ですが、
お肌の弱い方や、特にこれからの季節には、とても大切なものですから、しっかり
確認しておくことが大切です。

パウダーと呼ばれるものには、ベビーパウダー、シルクパウダー、バスパウダー、
フェイスパウダーなどがあり用途も色々ですが、ここで解説する
スキンケアパウダーは、通常メイクアップの仕上げ、くずれ、お直しのような
タッチアップを主とするものです。

そして、そのようなパウダーには、紫外線散乱効果があることはすでに
ご存知のことと思います。

その基剤に使用されている成分は、チタン、タルク、シルク、カオリン、カラミン、
酸化鉄、マンガン、ベンガラなど水に溶けない粉末状の無機成分に
エモリエント剤、粘結剤、酸化防止剤、紫外線吸収剤などです。
また最近では、お肌のことを配慮し、ビタミン類、肌荒れ防止成分が、
お肌を刺激から守り、トラブル予防に役立つパウダーが多く登場しています。

現在では、パウダーやファンデーションはスキンケアの延長線と考えられ、
皮膚を乾燥させない超微粒子のパウダーは、お肌を美しく守りますので
ファンデーションとペアで使用するとファンデーションの発色をよくし、
肌の透明感が増し、くすみの予防にもなります。

主なパウダーの目的
1)角質層をしっかり保護。
2)外的刺激(寒冷、寒風、ホコリ、雑菌類)からの保護。
3)紫外線から肌を守る散乱効果。
4)肌荒れ、乾燥防止。
5)メイクアップのくずれ防止。
6)老化防止。         などです。

そして、選び方も製品のコーティング状態により良し悪しがありますが、
そのものの真の色と、見た目の色の質感覚がありますので、無香料、無着色で、
ルーセントタイプの製品ですと透明感が出て、ファンデーションの色が美しく
仕上がります。その他、皮膚の通気性を重視し、適度に保湿性が保たれ、
つけた際の違和感がなく、なじみがよく、粉っぽくならない微細粒子のパウダーが
お肌に負担をかけません。

最後に上手な使用法として
アトピー性皮膚炎や、ニキビ、湿疹、大人のニキビ、赤ら顔、肌荒れ、
乾燥している敏感肌の方は保護クリームの後、直接パウダーで仕上げを、
シミ、ソバカス、老化予防にはファンデーションのあとの最終仕上げとして、
日焼け予防には、ファンデーションの前後に、ファンデーションを
サンドイッチ状態にパウダーを使用することで、効果のある使用ができます。

パウダリーファンデーションとの相性がよく、これからの紫外線や汗の季節、
外出時の携帯用として忘れることができない製品です。

8回にわたりお送りしてきましたスキンケア製品の解説は、今回でひとまず
終了です。来月より新たな内容を考えておりますので、
今後ともよろしくお願いいたします。 
    

====================================================================
    お肌のトラブル別対処法はバックナンバーをご覧下さい
大人のニキビ
http://www.cher-couleur.com/mg/mg001002.htm
小じわ肌荒れ
http://www.cher-couleur.com/mg/mg001229.htm
シミ
http://www.cher-couleur.com/mg/mg010228.htm

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
淳子先生の『お肌の学校』でおなじみの シェルクルール化粧品から
 一週間分のシンプルケア「トライアルキット」が新発売されました。
         只今、送料無料キャンペーン中!
詳しくは http://www.cher-couleur.com/trial/trialsample_f.htm まで
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
   
*************************************************************
“こんなコーナーを設けてほしい”などのご意見も募集中!
        junko@ohadanogakko.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは  http://www.cher-couleur.com/
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』、『pubzin』を利用して発行しています。

まぐまぐ
 http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma!
 http://www.melma.com/ ID:m00013953
Pubzine  
http://www.pubzine.com/  ID:007880
___________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up