春|季節のトラブル―毛穴のトラブル―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0409 季節のトラブル―毛穴のトラブル―

NO.0409 季節のトラブル―毛穴のトラブル―

日々の気温は違っていても、初夏の兆しが感じられるようになりました。
花粉症の方にとっては、もうしばらくの間つらい時期が続きますが、
お花好きの方には、ウォーキングしていても、電車の窓から見える景色も、
本当に良い季節です。一年で一番お花が充実している時期ですものね!

さて今回は気温の上昇と共に目に付いてくる“毛穴のトラブル”について
勉強してみましょう。女性の毛穴トラブルは、目に付くととても気になり、
コンプレックスを感じたりもします。

毛穴は人の肌で1cm四方に約20個ありますので、お顔全体では
かなりの数になります。毛穴の働きは内部に皮脂腺という皮脂を分泌する
機能を持ち、真皮の毛細血管とつながっていますので、皮膚内部とは
密接に関係しています。思春期以上の男女にはどなたにも存在するのですが、
目立つ方目立たない方がいらっしゃるのはお分かりのことと思います。
思春期以前の子供の肌にも一応毛穴はあるのですが、性ホルモンの
分泌の関係で皮脂の分泌が無いため、皆つるつるの、毛穴を感じさせない
肌に見えるのです。思春期以降はそれぞれの遺伝要因や生活習慣によって
肌の状態はかなり変わってくるのですが、毛穴の開きはかなりの方が
自分自身で感じる皮膚トラブルになっています。

ここで本当に毛穴が開いているのかどうか、チェックしてみましょう。
鏡から30cm程度はなれてじっくり見てみますとよくわかります。
全体の毛穴が開いているように見える方、鼻筋の両脇が開いている方、
鼻の頭の毛穴が開いている方、いずれかに当てはまりますか?

まず全体の毛穴が開いている方、このタイプの方の場合、本来の肌は
かなりの水分不足です。体内水分も不足気味、皮膚表面も水分不足で
皮膚の乾燥を和らげるため皮脂の分泌が過剰になっている状態です。
ですから、毛穴が開いて脂っぽいのにカサカサするという状態でしょう。
特に体内では解毒作用も弱っていますのでインスタント食品や加工食品、
酸化した油類は避けるようにしてください。

次に鼻筋の両脇が開いている方、このタイプの方は全体に開いている
方よりも肌が敏感になっている場合が多く、カユミの発生する場合も
あります。タバコやお酒、辛いものなど刺激物の影響が強く、寝不足は
毛穴の開きの大敵です。

そして鼻の頭の毛穴の開きや黒ずみが気になる方には、貧血の方が多く、
その部分以外の毛穴は目立たない方が多いようです。このタイプの方には、
特に12時までには寝ていただき、体を冷やす生野菜、果実、アイスクリ
ーム、ジュース類は控えていただいた方が良いようです。

これら毛穴の開きは20代~30代前半の方に多いのですが、
もうひとつ厄介なものに肌年齢の加齢による毛穴の開きがあります。
ここで肌年齢としましたのは、皮膚の年齢と実際の年齢は決して比例
しないということなのです。自分に合ったお手入れを励行していたり、
遺伝的に皮膚年齢が若い肌質の方には、加齢老化をあまり感じない方が
いらっしゃいます。しかし、自分の肌や体質に合わない生活やお手入れを
繰り返していますと、強制老化という、まだまだ老化する状態ではない
のにも関わらず老化が促進されてしまうという現象が起こります。
この状態で起こる毛穴の開きは“涙型毛穴”と呼ばれ、毛穴が引っ張られる
状態で開くトラブルです。これは別名“たるみ毛穴”とも呼ばれ、真皮の
コラーゲンやエラスチンなど、肌を支える弾力繊維が加齢や刺激によって
衰えてハリがなくなってしまい、このような状態を作るのです。
いかがでしょうか?ご自分の毛穴の状態に気になる点がありましたか?

それでは簡単に、毛穴の気になる方へのお手入れアドバイスをさせて
いただきましょう。
先ず毛穴のトラブルが気になったら、毛穴の黒ずみと角栓を取り除く
ことから始めましょう。急なケアは皮膚トラブルの元になりますので、
毎晩少し良質のクレンジングを使用すること。そして洗顔は、洗う時と
すすぐ時に強くこすらないこと。入浴後すぐに化粧水をたっぷりつけて、
落ち着いたらコットンにアルコールフリーの化粧水を含ませてパックを
実施してみてください。

まずここからスタートです。とにかく毎日実施すること!これが大切です。
毛穴の開きは詰まった皮脂と水分不足が悪化の原因です!
ごく当たり前のスキンケアのようですが、毎日キチンと行なうことで
必ず改善に向います!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
  http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
     http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up