春|季節のお手入れ―スキンケアの基本―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0410 季節のお手入れ―スキンケアの基本―

NO.0410 季節のお手入れ―スキンケアの基本―

5月の連休も近づき、大型連休の方も多いのではないでしょうか?
今年は高速道路がお得なので道路は混雑しそうですね!

さて今日は、久しぶりにお手入れの基本について復習しましょう。
なぜお手入れの基本をしっかりマスターしなければならないかというと、
キレイになるため、トラブルを回復させるため、良い状態を維持するため
など、色々な理由があると思います。
でもそれだけではなく、基本をしっかりマスターすることは、余計な予算を
かけないでトラブルを回復させたり、老化を防ぐことができるお手入れの
コツともいえる重要な部分なんですよ!
そんなお手入れの基本をご自分自身がどのように考えているか、
それが問題ですね!

日本人の肌のために必要な最小限のお手入れを紹介しますと、
夜は、1)クレンジングをする 2)洗顔をする 3)化粧水をつける
4)クリームなどで保湿をする。これが最小限の夜のコースです。
ほとんどの方が、このコースは実行されていると思います。
ただし、クレンジングはメイクをしているしていないにかかわらず、
毎日実施していただかなければなりません。
肌から出る皮脂と汗に、空気中の浮遊物、スモッグ、排気ガス等が付着して
しまうので、水や洗顔料だけでは落ちない汚れというのがあるのです。
その汚れが残ってしまうと、カサついたり、くすんだり、最悪はシミの
原因になってしまう方が多いのです。
良質な油分を使用しているクレンジングを毎日して、血行を良くし、
老廃物をすっきり落としてあげるだけで色々なコスメを使用しなくても、
化粧水がどんどん入っていく肌になり、透明感が増してきます。
そんな訳でクレンジングはクリームタイプがお勧め!
添加物が少ないものも多いし、良質な油分の物を選べるのです。

次に洗顔です。基本的には朝晩よく泡立て、あまりこすらないように洗い、
20~30秒ほどですすいでください。すすぐときも顔をこすらないように
注意してください。洗顔選びのコツは、特に敏感でない方は自分の気に入った
タイプのものでOKですが、成人型ニキビやカブレ、肝斑(シミ)など
トラブルのある方は素肌に延ばすものなのでやはりチェックが必要です。
泡立つものでクリームタイプや液状は、界面活性剤という成分が入っている
わけですが、長い間にトラブルを発生させてしまう場合もあり、できれば
使っていないものが探せればやはりその方がトラブルには良いと思います。
石鹸タイプの洗顔料では、界面活性剤を含んでいないものが多いのですが、
アルカリが強いものが多く、ツッパリ感を感じてしまい、肌のもともとの
潤い成分まで取ってしまったりしますので、それも困りものです。
石鹸の中でも透明な石鹸は弱酸性のものもあるのですが、何しろすぐに
溶けてしまうのでけっこう早くなくなってしまい不経済かもしれません。
そんな中、石鹸をクリーム状にしたものがあり、安全性に優れている
ものがいくつかありますので探してみてください。

この二つのコスメ、クレンジングとソープを使うことを“ダブル洗顔”と
いって皮膚表面のトラブルの原因になる汚れをキレイに取ってくれる
使用法になります。ダブル洗顔はソープで二回洗うことではないので
注意してくださいね!

次に化粧水ですが、日本人の肌にとって化粧水は、とても大切な代謝促進
効果があります。保湿はもちろん、化粧水パック(コットンやマスク)など、
水分を与えるお手入れは透明感のアップにはとても重要です。
保湿タイプの化粧水をご希望でしたら、アルコールや香料などをチェック
した上でお肌の合うものを選んでいただいてよいのですが、化粧水のパック
などをなさる場合は、抜群に効果の出る化粧水があります。この化粧水
ただつけるだけでは保湿もあまり感じませんし、さっぱりしていて“?”という
感覚を持つ方が多いのですが、毛穴、ニキビ、ハリ、クスミなどのトラブルが
気になれば毎日洗顔後にコットンに含ませてうすく剥がしてお顔に湿布して
いただくと、びっくりするほど肌がしっかりしてきます。
その化粧水は20年以上のロングセラー、すでに100万本以上出ている
“リプライローション”という化粧水です。
そう、いつも私が湿布用のローションとしてお話しする色素、香料、界面活性剤、
アルコールなど刺激になるものが入っておらず、成分がしっかり配合された
製品でこれはお勧めです。毎日の基本のお手入れに加えてみるとお肌の力が
回復しますよ!

そして最後は保護です。お手入れの最後には必ず乳液やクリームを使用して
水分の蒸発を防いでください。そしてクリームは肌質や肌年齢に合わせて
選んだ方が良いでしょう。もちろん基本のお手入れのほかにアイクリームや
エッセンスを入れていただいても大丈夫ですが、やはりクレンジングを
ノーメイクの日も実施することが特に大切ということを今回はしっかり
インプットしてください!

初夏に向ってスキンケアを見直し、紫外線対策もしっかり考えましょうね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
  http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
     http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up