夏|季節のトラブル|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0330 季節のトラブル

NO.0330 季節のトラブル

ようやくですが秋風が感じられるようになりました。
それでもまだまだ紫外線は強烈で、日焼けで困っている方も多く、
今年の秋のスキンケアは、例年以上に大切な気がします。

そんな今年の夏を踏まえて、今回は王道のトラブルである
メラニン色素の沈着について勉強していきましょう。

メラニン色素のトラブルでは、簡単なところでサンタンという
炎症の無い日焼けも入りますが、やはりトラブルとなると、
代表的なものは肝斑と呼ばれるシミと雀卵斑と呼ばれるソバカスでしょう。

メルマガでも何度か色素沈着について取り上げてきましたが、
今回はタイムリーに勉強してみましょう。

肝斑と雀卵斑の大きな違いは何かといいますと、
肝斑は後天的な要因で発生するもので、雀卵斑が遺伝的要因で
発生するものということになるでしょう。
後天的とは何かのアクシデントで起こったトラブルということですので、
そこには必ず原因があります。
それに対して遺伝的とは、もともと因子を持っているものが、
年齢とともに現れると考えてよいでしょう。

ということは、肝斑は回復できても、雀卵斑は回復できないと
いうことなので、とにかく雀卵斑は増やさないようにすることが
大切なのです。

それではまず雀卵斑を理解していただきましょう。
雀卵斑は、顔にできる色素斑がスズメの羽の模様に似ていると
いうことから日本では昔から呼ばれてきた名称のようです。
オーソドックスな呼び名のソバカスも、ソバの実を粉にした後の
ソバガラに似ているからといわれています。
その他、夏に増えるということで夏日斑(かじつはん)とも
いわれています。

いろいろな形容がありますが、雀卵斑は4~5歳から現れる方が多く、
特に鼻の付け根辺りから、発生するパターンが多いようです。
一定の形が広がるのではなく、孤立したものが散らばる感じで
増えていきます。

肌質では乾燥肌の方に多く、丈夫な肌の方が多いのが特徴です。
ただし、メラニンの代謝が悪いので、くすみやすい方が
とても多いようです。

雀卵斑のある方はとにかく日焼け止めの徹底と代謝促進がポイントです。
お手入れにより消えることは難しくとも、色合いはかなり薄くなり、
透明感のある方は雀卵斑も目立たなくなります。

次に肝斑ですが、肝斑には内因と外因のタイプがあり、体内原因が
出る場合を内因性、カブレや日焼けからの場合を外因性といいます。
体内的に代表的なものでは妊娠性肝斑があり、妊娠後期、
目の下の部分に発生します。
また、妊娠でなくても子宮に何らかのアクシデントのある場合、
目の下(目尻下)に発生する場合があります。

体内要因によっていろいろな部位に発生しますが、内因と外因の違いを
目で見て判断する場合、内因性は時間差はあっても左右対称に沈着して
くるという点が大きな特徴です。
カブレや日焼けから来る外因性肝斑の場合は、不安定な形で広がって
いきますので、トラブルを理解していただければ、自分の目でも
判断できると思います。

しかし、肝斑も時間が経ってきますと、代謝の弱った肌は
内因と外因が混合されることが多く、私は「肝斑は虫歯と一緒で
適切に処置しておかないと広がっていきますよ!」と、いつも説明させて
いただくのですが、本来確実に回復できるものを悪化させてしまう方が多い
ので、肌に合った手入れを適切に行い、ケアしていただきたいところです。

さて、内因性肝斑が主に発生するお顔の部位をチェックしてみましょう。
まず、額はストレスとの関連が深く、神経要因は額に発生します。
目の周りは子宮系トラブルと慢性疲労によって発生する場所で、
ホホは肝臓系が大きく影響し、口の周りは卵巣系やホルモン系での要因で
発生します。そして髪のはえぎわは内服薬との関係があり、安定剤、
鎮痛剤、ピルなどは、はえぎわに発生する場合があります。

ここまでお話してくると、やはり体内的に改善しないと
回復は無理と考えがちです!
当然ある程度の内的フォローは必要ですが、雀卵斑、肝斑とも
紫外線を受けて発生、悪化することを必ず理解してください。
「お肌の学校」でのトラブル回復率の高さ理由は、トラブルの内的、
外的とも原因を見極め、きちんとアドバイスした上で、スキンケアで
代謝を高めていくからです。
エステに行っているからとか、高級コスメを使用しているからという
満足感だけでは決して回復はできないのです!

雀卵斑は色を薄くしてクリアな肌を作り、肝斑は回復させる!
これが大切なポイントです。

付け加えますと肌が赤くなったり、カサカサやヒリヒリを起こしますと、
肌の内側にメラニン色素がたくさん発生しますので、スキンケアでの
トラブルの無い肌作りはとても大切なことなのです。

これから秋になり、この内在メラニンがどんどん肌上部に
上がってきますので、秋風が肌に触れた頃から
肌に合ったお手入れをしっかりしていきましょう。

次回は秋のお手入れのポイントということで、お手入れ編に続きます!
おたのしみに!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
  http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
     http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

◎淳子先生の『お肌の学校』
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000041844/

 

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up