夏|豆知識|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0329 豆知識

NO.0329 豆知識

今年は本当に暑い夏ですね。
関東近郊でも40℃を越えた所があり、通常の体温程度は
皆さん体験している感じです。

今日私は、小田原のお店で「お肌の学校」を実施していました。
とても熱心に肌トラブルに取り組んでくださっているお店で、
スタッフの方もみんなとても親身に携わってくれています。
ところが、今日はクーラーがほとんど利かず、全員がフーフーいいながら
仕事をすることになりました。でも、何か良い経験をしたように感じます。
お客様もきちんと参加され、「扇風機って涼しいんですね!」という
一言をいただきました(笑い)。

そこで今日は、まだまだ暑さが続きそうな今年にとても重要な、
夏バテについて勉強しておきましょう。

まず東洋医学的において、夏バテには二つのタイプがあると
いわれています。
わかりやすくいうと、梅雨バテタイプと秋バテタイプです。
夏バテとはいいますが、夏の前後に起こるトラブルということです。

梅雨バテタイプとは、胃腸が弱く水分の代謝が悪くなり、食欲が低下し、
夏中不快感とだるさを感じやすくなります。特に熱帯夜が続くと
夏痩せ傾向が強くなり、足のむくみが気になります。
このタイプは食欲低下気味なのに冷たい物や、冷たく甘い物を好み、
汗をかきにくいので体内熱が高くなり、冷し中華やソーメンなどを
好んで食べることでエネルギー不足に陥ります。
そして秋風が吹くころから元気が戻ってきます。

逆に秋バテタイプは、夏の間はあまり体調に変化は無いのですが、
クーラーの使用や食生活などの生活面での不規則がいっぺんに
秋に出てきます。このタイプは、特に秋に老化するタイプですので
注意が必要です。とにかく夏は何とか頑張れるのですが、秋口から
急に肌の乾燥、肌荒れが感じられ、のどが渇いてきます。
特に手足のほてりと自律神経のバランスが崩れ、眠れなくなったり
浅い睡眠で疲れが取れなくなったりします。

この二つ、夏バテの代表的なタイプなのですが、どちらのタイプも
すぐにでも注意していただきたいことはクーラーの使い方です。
バテやすい、またはすでにバテている人の原因は暑さと湿度ですが、
室内外の温度差が体調の悪化に拍車をかけていくのです。

ここで、二つの夏バテに共通の回復法をチョイスしてみましょう。
1)夜遅く食べない、飲まない。朝食が食べたいと思える胃腸作り。
良質のタンパク質、VB群をしっかり摂る(お勧めは豚肉)、
冷たい物のがぶ飲みはやめる。
2)入浴はしっかりする。
できればしっかり発汗させていただきたいので、湯船に浸かって
ゆっくり入浴する。リラックス効果とムクミにはとても大切!
3)汗をかく。血流も良くなり、体温調節作用も高いので、
夕方でもお仕事帰りでもいいので、ウォーキング20~30分で
代謝を高めましょう。
4)睡眠!
回復作用を早めるため、何とか今日のうちに布団に入る心掛けを
持ちましょう。クーラーはタイマーにして、冷えすぎないように
注意すること。
5)体を締め付ける下着は血流を妨げるのでNG!
むくみの原因になります。
ストッキングや靴下は絶対に必要なアイテムです。
素足は婦人系トラブルにも影響します。通勤時は上着一枚用意して、
冷えすぎ電車内をフォロー!

この5点、結構当たり前のことなのですが、意外に忘れがちな
ポイントです。梅雨バテ、秋バテ、どちらも厄介ですが、
この5点をクリアしていただくと梅雨バテは楽になり、秋バテは
起こらなくなります。
今、この時期の過ごし方、とても大切ですよ!
今の過ごし方ひとつで、お肌も乾燥や、成人型ニキビの悪化を
防いでくれ、秋の抜け毛や切れ毛も少なくなります!

そしてもうひとつ、自分の好きな香りを楽しむことも
自律神経に効果的です。アロマに限らず、オーデコロンや香水でも
自分に合う香り、好きな香りはリラックスできます。
猛暑に負けない夏バテ回復、頑張りましょうね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
  http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
     http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

◎淳子先生の『お肌の学校』
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000041844/

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up