夏|季節のお手入れ―毛穴の引き締め―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0366 季節のお手入れ―毛穴の引き締め―

NO.0366 季節のお手入れ―毛穴の引き締め―

いよいよ梅雨の季節がやってきました!
この時期は気温の変化が激しく、お顔に湿疹を出したり、腸が弱ったり
する方がとても増えていますが、いかがお過ごしでしょう?
四季という季節の移り変わりに慣れている日本人にとっても、
体内バランスが一番取れにくいのがこの季節です。

特に現れやすいのが、以前にお話したことがある夏バテの一つである
梅雨バテです。どのようにバテるかというと、水分のバランスが崩れ、
汗が出るようになると、だるさや頭痛を感じやすくなります。
体のエネルギーである“気”が春になると、急に高まるので、
湿が体に入ることで停滞してしまうのです。

梅雨バテタイプの人は、とにかく規則正しい生活を心掛けることです。
夜は9時過ぎには水分を控え、ゆっくり入浴しましょう。
12時くらいには寝ていただき、休日の朝寝坊も体のだるさを促進し
ますのでそこそこにした方が良いでしょう。特にこのタイプは湿度を
感じると汗をかいて体の表面が冷える方が多いので、夕方から冷たい
ものは控えるようにしてください。

さて前置きが長くなりましたが、今回のお手入れは、この時期に
タイムリーな“毛穴の引き締め”を勉強してみましょう。
日本人は毛穴や脂浮きを気にする方が非常に多いのですが、
必要以上に気にするのはいけません。
トラブルというのは、ニキビであったりシミであったり、
特に目立ったトラブルでない限りはあまり気にせず
通常のスキンケアを毎日キチンと行っていただくのが
大切なことなのですが、ほとんどの方は通常のケアを省いて
気になるトラブルだけ解決しようとしてしまいます。
この“毛穴の開き”というのも、とても相談が多いトラブルなので
その辺りをキチンと整理してみましょう。

まずどの部分の“毛穴の開き”が気になりますか?
という質問に対して、顔全体と答えられる方はどのくらい
いらっしゃるでしょう?ほとんどの方は“ブラックヘッド”と呼ばれる、
鼻の部分と鼻の両脇の毛穴の開きが気になる方だと思います。

ここで、お顔全体と答えた方の場合は、体質的な部分もありますが、
糖質、脂肪類の食生活比率が高い方となります。このトラブル、
脂漏性肌の場合はオレンジスキンとも呼ばれるタイプで、食生活の
偏りと夜更かしが悪化の原因となっています。
そして大半である、鼻の頭や鼻の両脇の方は、貧血や低血圧タイプの
比率が高く、脂浮きが多いときは食生活の改善が大切な要素になります。
また、鼻の両脇の毛穴が特に広がっている、俗にいう涙型毛穴は
皮膚の衰え、老化の初期といわれ、弾力が落ちてたるみが出やすい
肌常態になっているということです。
どちらにしても毛穴の開きは顔の印象を変えたり、悪化させてしまうと
ニキビの原因にもなり、特に成人型ニキビは、毛穴が開きやすくなって
いると回復しづらいので引き締めを狙っていただかないといけません。

そして、ここで大切なことは、“毛穴の引き締め効果”をうたっている
コスメはあまり当てにできないということです。
ほとんどのものが、引き締め効果のある成分を、入れてあるという
レベルで、“キュッと引き締める”ということはまずありません。
毛穴の引き締めに大切なことは、“毛穴をキレイにすること!”
すなわち脂の汚れをすっきり落とすということなのです。

そこで今日お勧めする効果的なお手入れは、週に1~2回行っていただく
本格的なオイルパックです。
クレンジングをして洗顔後、べとつかない良質なオイルをタップリ
お顔全体につけて入浴していただきます。10~15分はそのままにして
シャンプーリンスの後、ちょっと熱めの蒸しタオルを絞り、
お顔を包むようにふき取ります。その後ぬるま湯シャワーを30秒くらい、
湯圧でくるくる回すようにお顔をマッサージしましょう!
上がりしな、冷水を10回程かけてお肌を引き締めます。
オイルのふき取りや、タオルの使用時には強くこすらないように
注意することが大切!できれば入浴後にノンアルコールタイプの化粧水で
5~7分程度湿布(パック)してください。

これを定期的に実施していただけば、引き締め効果はかなり期待できます。
1、2回で挫折せず、継続して実施してください。
まずは、オイルや化粧水などを選ぶことからスタートですね!
毛穴の引き締めと共に透明感も出てくるはずですよ!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
   ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
   http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
   淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
            お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
       お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up