夏|季節のトラブル―インナードライ―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0417 季節のトラブル―インナードライ―

NO.0417 季節のトラブル―インナードライ―

梅雨の合間の晴天は30℃を越えるところもあり、梅雨寒の日は20数℃
くらいと10℃近い温度差があります。不快な湿度は毎年のことながら、
温度差と湿度に慣れるという方は、ほとんどいらっしゃらないでしょう。
前回食中毒について勉強しましたが、今のところ梅雨らしい梅雨ですから
食品の保存に気配りを忘れず、常に手洗いを心がけお過ごしください。

さてこの時期は、急に肌のしっとり感が増してきて(べたついてイヤという
方も多いですが)肌の老化を忘れてしまいそうです。
私自身もハンドクリームをつけなくても手のシワが目立たなくなり、
乾燥をすっかり意識しなくなりました。
いかがでしょう?月経疹(成人型ニキビ)、ニキビ、湿疹の方にとっては
悪化の気になるところですが、それ以外の方にとっては、「そういえば
肌の状態がいい感じ!」と思われる方が多いはずです。

そこで今回は、“このしっとり感が実は老化の引き金になる”という
インナードライについて復習してみましょう。
インナードライとはその名の通り皮膚表面はしっとりしているのに
肌内部の水分やハリが失われていて、自分では気づかぬうちに老化を
促進させてしまっている状態をいいます。

実はこの状態はオールシーズン起こるのですが、温度、湿度の高い
春の終わりから夏場にかけてが一番理解できるシーズンです。
ここでひとつ、秋冬に起こっているインナードライについても
勉強してみましょう。秋冬のインナードライ状態の問題は、手入れ不足です。
しかし、手入れ不足なのに皮膚の表面はしっとりしている。これは
使用しているコスメがラップ的要素で肌を保護しているために手入れ不足が
わからない!というときに起こります。特に30歳くらいになると、
皮膚年齢と年齢に差の出てくる方が多くいらっしゃいますので、
“本当に気づかずに過ごされている方”が多いと感じます。

しかし、そのような方にも気づいていただかなくてはなりませんので、ここで
インナードライによる老化を起こしやすい方をチェックしてみましょう。
1)人からキメの細かい良い肌だといわれたことがある。
2)お手入れは苦手で、“簡単で効果”が一番好き!
3)睡眠不足を感じる。
4)パソコンの前にいることが多い。
5)タバコを吸う。
6)割とカロリーの高い食品が好き。
7)表情ジワがはっきり出てきた。
8)よく見ると鼻の横の毛穴が開いてきた。
9)秋、冬肌がカサカサになったことがある。または部分的にある。
10)このところクスミが気になる。
これらの項目を確認していただき、ちょっと厳しいですが、二つ以上
心当たりがあり、その中に2)が含まれていれば、ご自分で気づかぬうちに
老化が進んでいるということが多いにあると思ってください。
この状況で50代に入りますと、間違いなく、肌自慢だったほとんどの方が、
10歳以上老化した見た目になってしまいます。
見た目とは自分で自覚がなく、他の人が感じる様子のことですので、
ご本人に指摘してくれることはほとんどありません。
私はトラブル相談で日々多くの方にお会いしますが、皮膚年齢が、
見た目老化している方は自覚がほとんどありません。また、気づいても
ほとんどの方が「昔は肌が良くって人からうらやましがられたんですよ」
「それなのに・・・」という感じです。

インナードライは本当にもったいないトラブルなのです。チェック項目に
二つ以上当てはまることがある方でも、これから基本の手入れをしていけば
肌はしっかり元に戻ってくれます。
そこでまず、ご自分がインナードライと感じたら、クレンジングのない
メーカーと化粧水のないメーカーは使用を避けてください。これは、
クレンジングや化粧水があってもきちんとアドバイスしてくれない
メーカーも入ります。
例えばクレンジングや洗顔は適当にして化粧水、乳液、クリームがひとつに
なっているコスメなどを勧めるブランド!ピーリングに力を入れている
ブランドなどを、長期にわたって使用することは日本人の肌にはちょっと
厳しいと考えてください。

インナードライから肌を守るには、メイクをしていない日も使用できる
良質のクレンジングと洗顔、そしてたっぷりの化粧水、それを保護する
ためのエッセンスやクリームを毎晩使用すること!すでに毛穴が開いて
いればクレンジング、洗顔後アルコールフリーの化粧水をコットンに含ませ、
一週間毎日5~7分ほど湿布してみてください。特に生理終了後であれば
肌の状態の変化がよくわかります。

6月以降は湿度、温度がどんどん上がり、肌の状態をなかなか把握できま
せんが、基本の手入れを毎日しっかり励行して、皮膚内部からの代謝を
高めて美肌を保ってくださいね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
  http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
     http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up