夏|季節のお手入れー洗顔について|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0422 季節のお手入れー洗顔について

NO.0422 季節のお手入れー洗顔について

今年は本当に冷夏なのでしょうか?
ちなみに今日は真夏日ですが、日々の気温がかなり変わります。
体や肌にも負担がかかりますが、しっかり自己管理していきましょうね!

さて今日は、是非復習してみたい洗顔について見直してみましょう。
洗顔とは、もちろん石鹸類を泡立てて顔を洗うものですが、なぜ今ここで
洗顔かというと、私の通っているスポーツジムには銭湯のような浴室があり、
そこで見る女性たちの色々な洗顔の仕方がとても面白いと思ったのです。
それが正しいかどうかは一概に言えないのですが、大部分の方は、たぶん
正しい洗顔ということを気にしていないか、自分流が一番正しいと思って
いるかのどちらかだと思います。
このメルマガでもダブル洗顔の必要性ということは口をすっぱくして
お話していますので、その点においてはクリアされている方がかなり多いと
思いますが、やはり時々は復習して確認してみましょう。

先ず日本人はそれこそお風呂が大好き、しかも水、特に質のよい水に
恵まれています。実際には塩素やトリハロメタンなどの害は考えさせられる
ところですが、私が子供の頃(かなり昔です)は、浄水器をつけている家など
おそらく無かったと思います。いつのことからか水を買い、持ち歩くことが
一般化していますが、水を硬水、軟水という点から考えますと、日本は軟水の
とても良い水に恵まれた国ということになります。

フランスなどヨーロッパ地域の女性の一般的な夜のお手入れ法を紹介しますと、
クレンジングまたはコールドクリームでマッサージ、クレンジングをした後、
ふき取り用化粧水できちんとふき取り、化粧水や美容液、クリームを使用する
というステップになります。もちろんほとんどの方がシャワーで済ませ、
洗顔をするという習慣は無いようです。
これは水が硬水のため、洗顔料が泡立たなかったり、水に負けてしまって
肌荒れを起こしてしまうため、いたしかたないお手入れステップといえます。

この洗顔しない美容法、日本でも流行の兆しが見受けられたことがありますが、
白人の方は一般的に、メラニン色素が少ないためソバカスが多く、シミを気に
することもあまりありません。また皮膚表面が硬く、肥厚しやすい肌質ですので、
その美容法がもし日本の女性に浸透してしまっていたら5年、10年後、
日本女性の肌にかなりのトラブルが発生していたような気がします。

その他の国ではコスメの普及率にもよりますが洗顔をする国が多いようです。
日本女性の場合は洗顔に興味が出始めた頃からスキンケアを意識し始めます。
確かにドラックストアでの洗顔料の種類の多さにはびっくりするものが
ありますね!

そこで、洗顔の種類の復習をしてみましょう。
まず、石鹸タイプ、クリームタイプ、液状タイプ、泡タイプ、粉タイプ、
それに洗顔のように泡立つのにクレンジングといっしょになっている
タイプもありますね。ここで大切なのはメイクをしている方やニキビが
出ている方は、油の汚れを取るために必ずクレンジングをしてから洗顔を
するという基本を守っていただきたいということです。
でも、実際私の通っているスポーツジムやスーパー銭湯では、私の行く
夜だけの統計ですが約70%の方が泡の立つものだけで洗っています。
しかもその洗顔法も色々で、クリームタイプを手に取り、少々の水で
手に延ばしただけでつける方。何度も洗顔を繰り返す方。泡立てネットで
ていねいに泡立て洗顔される方。泡立てた泡をずっと顔に乗せたままでいる方。
泡立てた泡でマッサージするように使用する方。その他様々です。

そこで今日は、お手入れの基本としてお勧めしたい洗顔法を紹介しましょう。
洗顔選びはお好みもありますので自由に選んでいただいてかまいませんが、
スクラブ系、酵素系、ピーリング系のものは毎日の使用は年数、肌質によって
かなり肌に負担をかけてしまいますので、使用感が好きでも週1~2回、
夜だけのご使用をお勧めします。できれば合成界面活性剤をあまり使用して
いないタイプものや、pH(水素イオン濃度)があまり高くないものを選ぶと
いいでしょう。

それでは洗顔法の紹介です。
洗面所でクレンジング後にすぐに入浴、シャンプートリートメントを済ませて
よくすすぎます。洗顔の泡立ちが悪くならないよう軽く手を洗い、洗顔料を
手にとってよく泡立てます。この時泡立てネットを使用してもかまいませんが、
ニキビ、かぶれの方はネットの雑菌に注意してください。泡を顔全体になじませ
軽く摩擦します。小鼻の横は少し力を入れてもかまいませんが、ゴシゴシとか
キュッキュッと擦るのは避け、力を入れずに20~30秒なじませます。
次に人肌程度のシャワーか流水をよくかけ、しっかりすすぎます。生え際や
耳の後ろ、耳の横、目元の堀の深い部分は特に注意してすすぎましょう。
最後に冷水を手に取り目元を中心に3~5回かけてください。ホルモンへの
刺激と温冷効果で肌の引き締まりが期待できます。
お風呂からあがり、タオルドライ後すぐに化粧水をつけて、着替えという
手順がお勧めです。これが正しい洗顔というものの一例です。ご自分の洗顔と
比べてみてください。

洗顔のし過ぎは皮膚表面を肌荒れ状態にしてしまいますので必ず1度だけが
お約束です!肌は何十年もお付き合いする大切な自己表現部分のひとつですから、
何につけても良いといわれる方向に正し、自分のお好みであっても修正の努力は
必要ですよ!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
   ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
   http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
   淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
            お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
       お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up