夏|豆知識―夏の飲み物“麦茶”―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0424 豆知識―夏の飲み物“麦茶”―

NO.0424 豆知識―夏の飲み物“麦茶”―

暑い中にも秋の気配が感じられるようになりました。
今月は大雨、地震、台風とさぞ大変な地区もあるでしょう!
私も小学校の頃、大火(町中が消失)や十勝沖地震の経験がありますが、
直後はライフラインが乱れ生活が麻痺してしまいます。
この暑さの中では大変なことですので、本当に心配です。

さて、今回は夏の飲み物“麦茶”について勉強してみましょう。
正直言って私は麦茶を少々下目線においていたのですが、ふとしたことで
なぜ日本人は麦茶なんだろうと疑問を持ちました。
食養生を勉強していると発酵食品が体に良いことを知ります。
そしてもうひとつ気づくことに、各地区には代表的な発酵食品が存在すると
いうことです。欧米にはヨーグルト、チーズがあり、韓国にはキムチが
あります。そして日本にはヌカヅケ、味噌があるわけです。
その国それぞれにその国の体質にあった食があるということでしょう。
お茶でいうと、紅茶の国、コーヒーの国、ウーロン茶の国、色々あります。
現代の日本では全てのものを自分の好みで飲んだり食べたりできるわけですが、
日本の飲み物と考えると、やはり緑茶と麦茶がその代表ではないでしょうか?
しかし、カテキンブームなどで、緑茶効果は良くわかっていても、麦茶となると
意外に子供の頃から“夏は麦茶”程度の認識の方が多いのではないでしょうか。

そこで、まず麦茶の歴史から探ってみたところ、これがまたびっくりですが、
緑茶よりも古くから親しまれていたようで、江戸時代、茶店といえば
文化文政年間は麦茶と呼ばず“麦湯”として飲用されていたようです。
家庭で麦茶を作るようになったのは明治頃からだそうですが、日本人の
飲み物として長い歴史があることを知らされました。

そして原料は大麦!大麦には大別すると六条大麦と二条大麦の
二つの種類があります。もちろん六条大麦が麦茶の原料としては最適で、
二条大麦はビール麦とも呼ばれ、ビールの原料になる品種です。

成分と効能としては、整腸作用、便秘改善効果の食物繊維、体内組織を
正常に保つリノール酸、香り成分で青魚に含まれるEPA等と同様に
血液サラサラ効果のピラシン類、脳や神経の働きを活性させるギャバ
(GABA)等が含まれており、ノンカフェインであることが何より
ポイントで、病気の方から年齢も関係なく飲めるということは大変
優れている点です。特に夏バテの原因のひとつに水分補給がうまくいかず、
汗をかいて血液がドロドロ状態になり、疲労物質が溜まりやすくなることが
ありますが、ピラシン類の血液サラサラ効果は絶対お勧めの夏バテ対策と
いうことになり、夏の暑い時期、最適の飲み物といえるでしょう。
何だか今年の夏は“麦茶”という気分になりませんか?
ちなみに水出しも香りが今ひとつですが、効果はかなり期待できるようです。

お茶ついでに、ここでもうひとつ私のお勧めのお茶を紹介しておきましょう。
南アフリカのセダルバーグ山脈一帯に自生する、学名「アスパラサス・リネアリス」
というマメ科の植物のお茶で“ルイボスティー”というお茶です。
私は子供時代は別として、麦茶派ではなかったので、ずっとルイボスティーを
飲用しているのですが、これもノンカフェインでグレードの高いルイボスティーに
なるとSOD作用がびっくりするほど高いのです。(SODとは老化や病気、
ストレスなどを引き起こす活性酸素を分解してバランスをとってくれる抗酸化物質)
ちなみにスーパーグレードのルイボスティーは緑茶の50倍程のSOD作用を表す
数値が出たそうです。
このルイボスティーは現地語で「赤い藪」という意味を持ち、透明度の高い
ガーネット色をしています。成分は亜鉛、マンガン、セレン、カルシウム、
マグネシウム、カリウムなどが含まれています。

実はルイボスティーは現地ではウラン発掘作業者の放射線を中和する
特別なお茶ということから日本で研究が始まったそうで、知っている方は皆、
ルイボスティー=SOD作用と結び付けるんですよ!
また、麦茶の成分のアミノ酸は酸化しやすいのですが、ルイボスは酸化しにくい
のが特徴です。ただし、ルイボスティーに水出しはありませんので、
少し面倒でも煮出していただかないといけません!

どうでしょう?“麦茶”結構見直しちゃいませんか?
今年の夏は麦茶をたくさん飲んでくださいね!
そしてついでにルイボスティーも頭に入れておいてくださいね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
   ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
   http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
   淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
            お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
       お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up