秋|季節のトラブル―乾燥と痒み―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0433 季節のトラブル―乾燥と痒み―

NO.0433 季節のトラブル―乾燥と痒み―

秋晴れが続いています。何と清々しいんでしょう。やる気が出ますね!
それでも夕方は気温がぐっと下がるので油断は出来ません。
生活のワンポイントとしては、夜首を冷やさないこと!これは風邪の
予防にとても大切なことです。そしてのどから体調を崩す方も多いので、
入浴時など、のどの奥にシャワーをかけて流してみてください。
のどの弱い私の毎日の風邪予防の習慣です。
風邪予防のために、是非一度試してください。

さて今回は、秋風が肌の乾燥を促進させて起こる“かゆみ”について
勉強してみましょう。
痒いのは本当につらいですよね!ブヨに噛まれた友人が掻き壊して
いるのを見て我慢できない“かゆみ”のつらさを実感したことがあります。
このメルマガでもアトピーについて何度かお話させていただきましたが、
痒い⇒掻く⇒ホッとする⇒痒い⇒掻く⇒ホッとするの繰り返しが、
アトピーやアレルギーの悪化の原因になると考えてよいと思います。
“本当に痒いんだから仕方ない”という気持ちもわかりますが、
この痒みの連鎖反応にどう対応するかが大きな分かれ道となってきます。

痒みにもいくつか種類がありますが、蚊に刺されてかゆい痒みを
ヒスタミンの痒みといい、比較的皮膚表面で痒みが発生します。
これはかぶれを起こしたときや、あせもが発生したとき、傷口の
回復期の痒みも同じ種類にはいるかと思います。そしてもうひとつ、
私たちが身近にいつも感じる、皮膚が乾燥したときに起こる痒みも
この種類と考えてよいでしょう。
しかしここで考えなければならないことは、蚊に刺されたりかぶれたり
した場合には、はっきりした理由があるのですが、皮膚が乾燥したときに
起こる痒みは、明確な原因がないということです。乾燥による痒みは、
皮膚の自己保護力の低下と考え、自分の肌の力では乾燥を中和、改善
できない状態と考えなければなりません。そのため皮膚の表面は粉が吹いた
ような状態を作ります。この状態だけで痒みなどがなければよいのですが、
皮膚表面がカサカサと粉の吹いた状態になると“目には見えないけれど
傷だらけの肌”という状態になってしまっているのです。
その傷から水やホコリや細菌が皮膚内部に入ってしまうので、人によっては
どうしようもない痒みが発生します。

では正常な皮膚表面とはどのようなものかも勉強してみましょう。
肌というものは、どなたにも分泌される汗と皮脂が皮膚上で乳化された
天然のクリームである“皮脂膜”によって様々な刺激から守られています。
この皮脂膜のPhが弱酸性であればバリア機能が高まり、ニキビや肌荒れ、
肝斑などは発生しにくいのですが、この皮脂膜がうまく出来なくなった
状態がカサカサ肌ということになります。

こう考えると、カサカサにしないようにすることが一番大切ということに
なりますよね!カサカサや痒みの出やすい方は男性でも女性でも、本格的な
冬が来る前に肌のバリア機能を高めるケアをしていかなければなりません。
先ずお勧めは、毎日のボディシャンプーを弱酸性のアトピー対応タイプに
変えること!そして次にセラミドや良質の保湿剤の入ったボディクリームや
エッセンスを冬になる前から毎日使用すること!
せめてこれくらいは実行しましょう。

さて“かゆみ”についてもう少し付け加えましょう。
痒みは現代人のストレスや食生活、過労などによって膵臓や副腎の機能が
低下しても発生します。糖分や脂肪の摂りすぎ、睡眠不足はその代表と
いえるでしょう。そしてもうひとつ考えていただかなければならないのが、
電磁波障害です。テレビやパソコン、レンジ、高圧線などによっても痒みは
起こるのです。特にパソコンの前で筋肉を緊張させて血行を悪くさせる時間の
長い方は、仕事が終わって緊張が緩み、血行が良くなって神経を刺激すること
もあるのです。電磁波は皮膚の乾燥や老化についても関連しているといわれて
いますので、生活面、食事面、スキンケアをしっかりしていただいて痒みを
発生させない肌にしていきましょう。これからのケアが冬のカサカサと痒みに
とても影響しますので頑張りましょうね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
   ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
   http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
   淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
            お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
       お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up