秋|季節のお手入れ―毛穴をキレイにするケア―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0434 季節のお手入れ―毛穴をキレイにするケア―

NO.0434 季節のお手入れ―毛穴をキレイにするケア―

夜がめっきり冷え込んできました。
11月の声を聞くと、個々の肌にずいぶんと差が見られてきます。
特に乾燥肌の方は、秋冬で皮膚年齢がかなり変化してしまうので、
基本のケアをしっかりと実行していただきたいところです。

秋~冬のお手入れのポイントは、肌も体も“温める”ということです。
どなたも老化を促進したいという方はいないと思いますので、先ず大切なことは
冷たいものを摂らないこと!もしどうしても欲しいときには日中に摂って夜は
控えることです。果物や生野菜も出来るだけ日中に摂るようにして、体温を
下げる方向の食生活は避けましょう。ただし、果物でもリンゴだけは多少夜に
食べても大丈夫です。ご存知のようにリンゴは寒い地方が産地であり、秋~冬の
ビタミンや繊維質の補給にはもってこいです。旬のものは日本人の体質を
強化してくれますのでお勧めです。

旬といえばミカンもありますが、ミカンは水分が多いので、夜は控えめにして
日中にたっぷり摂るようにしましょう。そして早く寝ること!
これは私にとっても課題なのですが、都会型生活の中でも、12~12時半が
限度と考えてください。もちろん11時就寝は理想的です。
知人が健康アドバイザーの指導を受けておりまして、そのまま私に指導を教えて
くれるのですが、肝臓を休ませるのは早く寝ること!これが代謝促進の裏技だと
いうことです。確かに出来る範囲で早く寝ると疲れ方が違いますね!
例えば午前2時や3時に寝て、昼過ぎに起きたりすると、気持ちはたっぷり睡眠を
とっていますが、体の代謝やホルモンバランスは安定しませんので、体調自体に
だるさを感じることが多くなり、ストレスになる場合があります。
出来るだけ“今日中”に寝て、早く起きるようにしましょう。

そしてお手入れにおいても、この季節はお肌の温度を上げるというのがとても
大切です。夏の紫外線で痛んでいる肌は、湿度があれば何とか保てるのですが、
急に湿度がなくなるとカサカサ状態を通り越し、カピカピになってしまいます。
今日いらっしゃったご相談のお客様は、皮膚表面がかなり敏感で、化粧品で
かぶれることが多く、ピリピリするということでした。拝見したところ、
毛穴の状態が不安定で、かなりの敏感肌でしたが、一目見てこすり過ぎと
刺激物の取りすぎということが分かりました。さらに、敏感肌とはいえ、
完全なお手入れ不足が分かります。たまたま内面メラニンのチェックスコープが
ありましたので、ご自分の肌をご自分で確認していただきましたら、肉眼では
見えない毛穴の詰まりがお顔全体にビッシリ有り、ホホ骨からホホにかけて
色素沈着が見られていました。肌質は良いので回復は必ず出来るお肌なのですが
何しろお手入れの基本が出来ていませんと効果が出てきません。

今日、ここでこのお話をしたのは、カサカサやピリピリした感覚の半分くらいは、
肉眼では見えない毛穴の詰まりによって、水分が角質内部に浸透しないため、
バリア機能が低下していく悪循環によって発生しているのです。つまり、
油膜をやさしく取り除き、毛穴の詰まりを解消することが、とても大切だからです。

そこで秋のお手入れとして“毛穴をキレイにするケア”をご紹介しましょう。
まず安心して使えるフレッシュなピュアオイル(オイルクレンジングはNG)を
そのままお顔に乗せます。目にしみると困りますのでアイメイクは落としておいて
ください。その上からラップを鼻から額に1枚、鼻から下顎にかけて1枚被せ、
5~7分肌を温めます。次にラップを剥がしクレンジングを重ねて軽く延ばします。
ティッシュで押さえて入浴し(オイルは持って入ってください)洗顔後、オイルを
多めにつけて10分ほどゆっくり入浴!最後に蒸しタオルで被せるように
拭き取ってシャワーをサッとかけて上がってください。
すぐに化粧水をつけて着替えた後、コットンまたはマスクにアルコールフリーの
化粧水を含ませ湿布、更にその上にラップをかけて5~7分おきます。
剥がした後、いつものエッセンスやクリームをつけてお休みください。
週に1~2回実行できたら毛穴はきれいになり、しっとり潤いが出てきます。
もちろん毎日の基本ケアはしっかり実施してくださいね!

例に挙げさせていただいた先ほどのお客様の場合は、先ず基本のケアからしっかり
始めなければなりません。今日ここでご紹介したお手入れは、基本がある程度
出来ている方の“秋の上級コース”と考えて実施してみてください。
かなりの変化が期待できますよ!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
   ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
   http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
   淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
            お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
       お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up