春|季節のトラブル―毛穴のトラブル―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0542 季節のトラブル―毛穴のトラブル―

NO.0542 季節のトラブル―毛穴のトラブル―

今日も風の強い一日でした。
日差しはすでに春ですが体感はまだまだ冬のようですね。
先週は雨の日が多く、何かとうっとうしい日が続きましたが、湿度の
バランスは良くなってきているようです。

さて、2月から急上昇する紫外線も要注意ですが、今日は気にすると
きりがない“毛穴”について勉強してみましょう。気にするときりがない
というのは、毛穴の開きは各自の気にする度合いによってまったく違って
くるからなのですが、それでも近頃では、若い男性も気にする方が増えて
きた感じがしますので、正しいトラブルへの理解は大切だと思います。

毛穴とは皮膚表面に存在する小さな孔で、人の肌1cm四方に少なくとも
20個あるといいます。そしてそこから体毛が生えることで毛穴と呼ばれる
とウィキペディアにもあります。皮膚には毛穴以外にも汗の発生する汗腺
という孔がありますが、毛穴はそれではなく皮脂の発生する方をいいます。
そういえば、毛穴の目立ってくる年代ってどのくらいだったでしょうか?
毛孔から皮脂成分が排出され始めるとともに毛穴が目立ち始めますので
思春期あたりから毛穴が気になり始めると考えてよいでしょう。

実際に毛穴の開きに関しては、思春期型のニキビが出やすい方の場合、
皮脂の分泌が活発で代謝の高い方が多いので13歳ぐらいから目立ち始め、
ニキビが治まった後もやはり目立ちやすい方が多いようです。
このタイプの肌の方で、適切なケアや生活のリズムをきちんと整えている
方の場合、30歳を過ぎると、逆にご自分お肌が老化しづらいことに
お気づきになると思います。しかし、適切なケアができていない方や、
生活のリズム作りが苦手な方などは、毛穴が開き、毛孔の入り口が黒く
目立って来たり、皮脂が気になったり、かなりの年齢になっても吹き出物が
出やすくなります。つまり思春期型ニキビ回復後のケア不足が、せっかくの
老化しづらい肌質をトラブルに巻き込み、老化させてしまう結果を生んで
しまうことになるのです。

それでは毛穴のトラブルをまとめてみましょう。
・ニキビ、湿疹、吹き出物が発生する
・毛穴が開いて目立つ
・皮脂が多く排出される
・毛穴が開いているのにカサカサする
・毛穴が横に広い涙型になりタルミを引き起こす
ざっとこんなところだと思いますが、毛穴が開いて目立つという中には、
部分的に目立つというものも入りますので、本当に気にする方は気に
なるものなのです。それが40代以上になって老眼が入ってくると、自分の
毛穴が見えなくなってきますので、あまり気にならなくなります。
しかし残念ながら老眼鏡をかけてチェックしてみると女性ホルモンの
分泌減少により毛穴がとても開いて見えてしまいます。がっかりですね!

そこで、毛孔が開く原因をまとめてみましょう。
・オイリースキンのためインナードライ肌になって皮脂の過剰分泌がある
・寝不足、ストレスにより開きが目立ってくる
・便秘がひどい
・タバコ、お酒をかなり好む
・食生活の偏り(こってりや糖分、刺激物)
・お手入れが苦手、または正しい手入れ法がわからない
これらが大まかな原因になりますね!
どうでしょう?当てはまってしまうものがありますか?
二つも当てはまれば、毛穴は開きやすい、または開いているという状態に
なります。ただし、これらが当てはまっても全く毛穴の開きが気にならない
方もいらっしゃいます。実は、それは肌に力がないために体の糖化や肌の
くすみとなって現れ、ひどくなると肝斑が発生してしまう肌なのです。

さて、肌質と原因の理解ができたところで対策に入ります。これはとにかく
毎日クリームタイプのクレンジングを使用してクレンジングを行うという基本の
ケアがとても大切になります。皮脂が詰まったり、汚れた毛孔は毛穴トラブル
を悪化させます。そして常にクレンジングをしてソープで洗うダブル洗顔が
ポイントになります。その後、私は指導する中でとにかく洗顔後や入浴後は
急いで化粧水を使用するようにお話しします。入浴後等は急激に肌の水分が
蒸発していきますのでこれがとても大切です。そして時間があれば再度化粧水
をコットンに含ませ湿布する!これは肌への収斂作用が高まり毛穴のトラブル
にはとても効果的です。この時大切なことは、コットンを選ぶこと、コットン
にはたっぷり化粧水を含ませること、コットンの乾く前に肌からコットンを
外すことです。そのあとは保湿クリームやエッセンスを必ず使用してください。
このとき“べたつくのが嫌だから”などの理由で化粧水までで終了すると、逆に
毛孔から皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

今回は毛穴のトラブルについての勉強でした。ご自身の肌のタイプを知り、
しっかりケアをするようにしてください。毎日のケアは必ず効果につながります。
キュッとしまった毛穴、キメの整った素肌を目指しましょう!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
お取扱店情報はこちらから
http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒104-0042 東京都中央区入船2-7-4
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up