春|豆知識―ノニ―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0545 豆知識―ノニ―

NO.0545 豆知識―ノニ―

今年は良い桜を見ることができました!季節も徐々に初夏の感じを表し始め、
春の特徴にもなっているスギ花粉も終息し、すっかりヒノキ花粉に移行して
います。この時期にアレルギーを感じる方はヒノキ花粉症と思ってくださいね!
春から初夏へ移行が始まりますと気分が何となくリフレッシュされてきます。

そこで突然ですが、今回は“ノニ”について勉強してみたいと思います。
“ノニ”って知っていますか?聞いたことはある!飲用している!
初めて聞いた!色々かと思います。
私自身は“ノニ”について以前から興味があったのですが、ノニとかアロエは
販売方法が一般的でないケースが多く、ちょっと躊躇していました。
ところが昨年11月に会社が移転しまして、同じビル内にサモア独立国の
大使館があったのです。引っ越しの時、ご挨拶に伺いましたらおみやげにノニ
ジュースをたくさんいただきました。何といっても本場サモアのノニジュース
でしたので、さっそくそこにいた社員達でありがたく試飲させていただきました。
はっきりいって本気で「おいしぃ~!」とはいえません。“良薬口に苦し”では
ありませんが、ワイン?のような、ちょっとチーズ?のような香り?
ただ、私にとって“まずい”ものでもないし、なんだか体に良さそう!という
ことで“ノニ”とのお付き合いが始まりました。そこで、いつもの癖でしっかり
知識面を充実してみました。

“ヤエヤマアオキ”というのが和名でハワイの現地語である“noni”が
一般によく知られている名称です。インドネシア、インド太平洋諸島、オースト
ラリア、フィリピン、沖縄と広く分布しています。日本では食用に用いませんが
各地でノニ果実をスタミナ増進や病気の予防に食べているそうです。
そんな“ノニ”は、ミラクルフルーツとかハーブフルーツと呼ばれ、民間療法の
万能薬として2000年以上重宝されてきたそうです。

つい先日TV番組の“世界ふしぎ発見”を見ていて、たまたま偶然に“ノニ”の
ところだけを見ました。“ノニ”ってすごい!というのを放送していました。
その中で、“ノニ”は発酵はするけれど腐らないという紹介があり???でした。
ということは、発酵が進むと成分が酸化して腐敗するというのは当たり前なの
ですが、酸化しないということなんですね。カビもはえない、細菌も繁殖しない、
まるで天然の抗生物質ですね!一応成分を調べましたら140種以上の成分が
含まれているのだそうで、アミノ酸、多糖類、ポリフェノール、食物繊維、脂質、
ビタミン、ミネラルetc。この成分を見れば、腐敗してもおかしくない感じなの
ですが、本当に不思議!その成分中の特徴成分をいくつか挙げてみますと、
“スコポレチン”という成分があります。これは血管拡張効果、脳内メロトニンや
セロトニンの分泌促進、抗ヒスタミン効果が期待できるそうです。簡単に言えば
血圧、自律神経、アレルギーに効果が期待できるという成分です。
次に“プロゼロニン”、この成分は植物にほとんど含まれない酵素で、脳内エンド
ルフィンを活性化し、免疫向上効果が期待できるという成分です。
そして“中鎖脂肪酸”これは実は油なのです。カロリー高そうというイメージを
持ちますが、中鎖脂肪酸は油の主成分の3つの種類、短鎖、中鎖、長鎖の中で
ダイエット効果のある脂肪酸で、エネルギー燃焼作用が非常に高い成分なのです。
そしてノニのカロリーですが、原液で100ml、19カロリーということ。
実際にはこれをかなり薄めて飲用するものですので、低下ローリーですね!
その他たくさんの有効成分を含んでいるわけですが、確かに体に良さそう!
私が飲用している現在の感じはというと、飲用してすぐに発汗して体がホカホカ
してきます。特に弱いところはないのですが、とにかく体重オーバーのため、
代謝力アップを期待しています。

実際にこの発汗を考えても、かなり期待できそうですが、東洋医学的な考え方で
見てみますと、やはり朝は水やジュースに混合して飲んでいただけるのですが、
夜は不眠に効果的だそうなので、常温水またはお湯で割っての飲用が良いようです。
体を冷やす心配はないと思いますが、やはり南洋の物なので日本人はそこに注意
した方が良いかと思います。

今回は酵素と考えてよい“ノニ”について勉強してみましたが、調べれば調べるほど
魅力的なミラクルハーブ “ノニ”、誰でもが美味しく飲めるものではありません
ので、無理強いではありませんが、機会があれば体質改善にお勧めしたい一品です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
お取扱店情報はこちらから
http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒104-0042 東京都中央区入船2-7-4
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up