夏|季節のトラブル―自律神経と老化回復―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0514 季節のトラブル―自律神経と老化回復―

NO.0514 季節のトラブル―自律神経と老化回復―

台風6号のような台風をおじぎ台風というんだそうですね!
とってもスローモーで進路からおじぎをする形でズレて行くんだそうです。
東北地方に向わず、ズレて行ってほしいものです!

さてこの季節毎日電力消費をチェックしつつ、クーラーを28℃に設定する
わけですが肌にも目に見えないストレスがかかっていること感じられますか?
“夏冷え”は毎年のことですが、今年は冷えと暑さの繰り返しで体力の消耗
度がとても大きく、当然ですがいつもの夏よりも汗を掻く率が高い方が多い
と思います。そのため、今年は例年よりも紫外線、汗、湿度、冷房などによる
強制的な肌の老化度がかなり高い夏と考えていただいてよいと思います。
特に今年は東日本大震災の後でもあり、ストレスも非常に感じやすくなって
いますので、要注意ということになります。そこで今年の夏を乗り切るため、
自律神経と老化回復を復習してみましょう。

自律神経のお話は結構させていただいているのですが、今日は少し違った角度
から見てみましょう。台風が近づいて来る、または雨が降っていると思ってく
ださい。気分がダウンしてきますね。曇った日や雨の日は気圧が下がってきます
ので自律神経はリラックス神経である副交感神経にかたよってきます。
リラックスはとてもいいことなのですが、過度のリラックスは、気だるさや
やる気のトーンダウンにつながり、病気でもないのに痛みや、肩こりなどが
出やすくなります。当然肌も血流が悪くなり、皮膚表面の透明度がダウンして
クスミやたるみが出やすい肌の状態を作るわけです。

ここでちょっと自律神経の復習をしてみましょう。人間の体は60兆個とも
いわれる細胞で構成されているのですが、自律神経はそれらほとんどの細胞の
働きを調整するために体全体に分布しています。この神経は無意識のうちに
働いてくれていますので、自分の意思で何とかなるものではありません。
脳が指令しなくとも体が機能しているのはこの神経の調整能力なのです。
この神経には、活動神経である交感神経と休息神経である副交感神経があり、
日常生活で健康な状態を作っているときはこの神経がバランスよく入れ替わり、
肌にとっても、つやつやと透明感アップの状態にしてくれるのです。ところが、
自律神経失調症という病名を耳にすることがあるように、この二つの自律神経の
バランスが崩れることがあります。その原因は誰でもが感じる“ストレス”です。
過度の緊張、疲労、不眠、イライラが原因してバランスが乱れるのです。

さて、この自律神経失調症と“うつ”ってどこが違うのでしょうか?素人には
同じように見えてしまうのですが、専門的には違うようです。ただ、どちらも
検査では調べることができないようで、本人の訴えた症状、体調によって、
専門医が判断するようです。どうやら、自律神経の乱れの重症化、長期化が
うつに結びつくようなので、軽度な状態での正常化がとても大切ですね!

例えば食欲は交感神経が優位になると抑制され、副交感神経が優位になると
旺盛になるのですが、夏は食欲が落ちますね!本来夏は副交感神経が優位な
はずなので食欲は落ちないはずです。これは気温が高くなるために体温が上がり、
汗と共に食欲が抑制される状態を作るためなのです。そんな食欲も落ち気味な夏、
汗を掻くからメイクをしない!湿度でしっとりしているから簡単な手入れです
ます!メイクは汗で落ちてるから洗顔だけ!べたつきがイヤだから化粧水だけ!
そんなお手入を繰り返していませんでしょうか?今日勉強した自律神経という面
から見ても、夏の強い紫外線、汗、エアコンによる乾燥などから見ても、この
季節の手入れはとても大切です。実際に体調や外的要因によって老化が進むのは
夏の季節なのです。しっとり湿度に惑わされてはいけません!そこで、夏体調を
良好にしていくことはお肌の手入れにも気配りができることにつながるという
ことで、夏の体調管理法をピックアップしてみましょう。
・食事では、漬物、味噌、納豆などの日本の発酵食品をしっかり食べる。
その他、豆類、ゴマ、キノコ類、海藻類を取り入れる。
・早寝の習慣をつける。
・楽しいことを生活に取り入れる。
・入浴はなるべく湯船に入る。無理な場合は足湯とシャワーを活用し、
プチ半身浴で冷えをとる努力をする。
・夏の肌は秋の肌状態に直接結びつくので基本の手入れを毎日行なう。

簡単に書きましたが今年の暑さの中、是非体調管理を取り入れて夏の肌のフォ
ローをしていただきたいと思います。夏の肌で重要なポイントは、手抜きにより、
急に寒さを感じる始める秋に肌力がダウンしてしまうということです。
そこで基本の手入れを毎日実行して肌力をダウンさせないようにすることが
とても大切なことになるのです。

基本の手入れは良くご理解いただいていると思いますが、最低ラインとして
肌を老化から守るためには、夜ダブル洗顔、化粧水、エッセンスやクリームは
ご使用ください!特に目の周りはしっかりガードしましょう。
次回、来月の「季節のお手入れ」では効果的な手入れ法をご紹介させていただき
ます。それまで基本のデイリーケアをしっかり繰り返し、肌力のダウンを防いで
くださいね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
お取扱店情報はこちらから
http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up