春|季節のトラブルーアレルギー時期の注意ー|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0770 季節のトラブルーアレルギー時期の注意ー

NO.0770 季節のトラブルーアレルギー時期の注意ー

お彼岸を過ぎてもまだ寒い日が続き、なんと数日前には東京に雪が舞ったとい
うことで“花冷え”どころではないようです。この“花冷え”、きれいな言葉
ですね!この意味、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、この花は桜を
指します。“もうそろそろ桜が咲くころでやっと暖かくなってきたと思ったら
また寒さが戻ってきて冷え込みますね!”というような意味です。まさに今年
が当てはまりますね!3月下旬から4月上旬がこの季語の使用時期ですから花
とは桜でぴったりですね!そしてもう一つ“花曇り”という言葉があります。
同じ時期に使う季語ですが、こちらは桜がせっかく咲いているのにうっすらと
雲がかかって、今にも雨が降りそうな天気の時に使われます。俳句の世界観は
花=桜だそうで、この時期限定の素敵な表現になりますね!

穏やかな前振りで始まりましたが、桜の咲くころはアレルギーの方にとって最
悪のシーズンでもあります。今年は昨年の状況から関東地方は軽めの予報を発
信してまいりましたが、人によっては関東地区でも急激にひどく発症している
方が増えているようです。確かにスギ花粉のピークは3月ですから今がまさに
という時期です。先日会社のスタッフが「抗アレルギー薬を飲んでも効かなか
った。咳で夜眠れなかった。」というので風邪の一般薬のお勧め品を教えまし
たら、「抗アレルギー薬よりずっと楽になった」といっていました。花粉症と
風邪はその症状が本当に境が分からなくなりますね!

さてここで耳の痛いお話を一つしておきます。花粉の時期、注射を1本打った
らもう大丈夫!という話をお聞きします。辛い花粉シーズン、本当に楽になる
ようで、シーズン前に準備として注射をされる方がいらっしゃいます。この注
射はいったい何なのだろうと思われる方は私だけではないはずです。1本注射
をすると、人によってはそのシーズンの間普通に生活できるそうです。ただし
何年も続けているうちに1本では効かなくなる方もいらっしゃるようです。こ
の注射な何なのでしょうか?すでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、
デボステロイド筋肉注射というもので、ケナコルトAまたはデボ・メドロール
という名称です。この魔法のような注射は簡単に言うとステロイドです!なん
だかよくわからずに病院で打ってもらうというものではないものです!ステロ
イド注射の場合は保険適用になりますので説明もしてくれるはずです。しかし、
副作用の説明を聞いた人は全体の40%程というデータもありますからそこは
注意です。なぜかというとこの注射には恐ろしいほどの副作用があるのです。
ざっと調べてみますと、免疫力低下によるトラブル(感染症等)・ホルモン異
常・肝不全・糖尿病・精神障害・潰瘍・緑内障・高血圧・副腎機能不全等、す
ごい副作用です。その他にもムーンフェイスという顔がパーンと腫れる副作用
や顔面紅斑といって赤くなる副作用などがあります。これは少し考えないとい
けません。納得の上ならば良いですが…。

このステロイド注射の他にも注射のタイプはありますからすべてが注意!とい
う訳ではありません。例えばアレルギー反応を抑える体質改善注射であるヒス
タグロビンや免疫をつけて完治させる花粉エキス注射、ノイトロトロピンとい
う目の痒みや鼻炎に効く生薬系注射などがありますが、すぐにピタッという訳
にはいきませんのでやはりケナコルトAほどの効果はないといえます。できる
だけ身体を休め、温かいものを食べるようにしてアレルギーを軽くする方向が
やはり大切です。

そしてお肌も、前回お話ししたように花粉症ではないけれど、春に敏感になる
“花粉症皮膚炎”!これは意外に多いのでやさしく基本に基づいたケアが大切
です。
この時期に、
・いやにツッパリ感がある
・粉っぽくなる
・痒みがある
・ニキビのようにプツプツ出る
・ゴワゴワした硬さを感じる
このような状態が春の皮膚トラブル、外からの刺激が肌ストレスを引き出す
“花粉症皮膚炎”ということになりますので、肌が通常のコントロールを失っ
ていると考えケアすることが大切になります。スギやヒノキの花粉症であれば
もっと強く肌に反応が起こる場合もありますが、花粉症でない場合はちょっと
ひどい肌荒れくらいに感じられます。ただし痒みが発生したら要注意ですから
やさしいケアをしてしっかり肌を保護することを忘れないようにしましょう。

素肌にマスクが一番肌荒れを悪化させてしまい、マスクの縁などにより接触性
皮膚炎や細かい湿疹が起こったりしますので、保護として毎日メークアップを
した方が直接肌に花粉やアレルギー物質が触れませんので良いと思います。こ
の時期はスギ、ヒノキと大きなアレルギー物質が飛散し、5月くらいまで続く
方も多いと思いますので、それまではスキンケアもアレルギー対応タイプにし
てやさしいケアをお勧めします。どちらにても紫外線量も急上昇のシーズンで
すから、日中の保護のためにもメークと夜のやさしいクレンジングからのスキ
ンケアは10年先を考えて必ず実行してくださいね!

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up