夏|豆知識ー痒みー|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0741 豆知識ー痒みー

NO.0741 豆知識ー痒みー

≪豆知識ー痒みー≫  

今年は猛暑が予想されていますが、確かに梅雨のこの時季から暑さを感じてい
ます。湿度も高く、昨日は30℃いかなかったようですが湿度で暑さを感じ、
汗が止まらない状態でした。梅雨時期ですので仕方ないのですが、湿度によっ
て肌も体も微妙に不調な状態になっています。湿度とは空気中の水分のこと!
よく湿度何%と示されますが、快適な室内の温度と湿度は夏場で25~28℃、
55~65%。冬場で18~25℃、45~60%といわれます。確かに湿度
が保たれますと過ごしやすい体感になります。冬など40%以下になると乾燥
を感じ、ドライアイ、肌荒れ、咳が出やすくなり、インフルエンザウィルスも
活動しやすくなります。そして夏は60%を越えますとダニやカビが繁殖しや
すくなります。ちなみにダニは湿度70%が要注意です!

ダニの話が出たところで今日の本題“痒み”のトラブルについて勉強してみま
しょう。この時季の痒みトラブルといえば、蚊に代表される虫刺されがピンと
くる方が多いと思いますが、アトピー性皮膚炎というアレルギーも強い痒みを
伴います。“痒み”はとても強い刺激で中々我慢できません!そして痒みの原
因も様々で、・食べ物・アトピー・皮膚病・蚊、ダニ・乾燥・病気・妊娠・化
学物質(洗剤や柔軟剤)・時計のベルト・不衛生・血行不良・栄養不足・温度、
湿度の変化など多種様々です。以前は痛みと痒みは痛覚神経が反応している防
御反応の補強と考えられていましたが、2009年に痒みが痛みとは独立した
神経経路を持った感覚であると発見されたようです。それでも単純に説明する
と、痒みは痛みのように原因がはっきりとしたものではないため、そのメカニ
ズムは様々なようです。そして人によってひどく痒みを感じる人もいれば、痒
みに対して無頓着な人もいます。例えば蚊に刺されますと、だれでも赤く丘に
なり痒みを感じます。このとき我慢できないくらい痒みを感じ、血が出るまで
掻いてしまう人と“ちょっと痒いな”くらいですぐにおさまり赤味も治まって
しまう人がいます。この違いな何なのでしょう!東洋医学的には解毒証体質と
いう分類があって、虫刺されにめっぽう弱い人で、食欲もあり、代謝力もあり、
その割食べても太らない体質をいいます。色々な考え方が東洋医学にはあるの
ですが、この体質の方はアレルギーが出やすいのも特徴のようです。痒みを悪
化させてしまう体質の方で、特徴として肌の色が浅黒いオークルの方になりま
す。そしてもうひとタイプは甘い物の好きなお(ヤマイダレに於)血体質の方
です。代謝が弱く生理不順の起こりやすい色白タイプという特徴があります。
この方も痒みにめっぽう弱い体質です。この体質は汗を掻きやすく、夏場特に
顔や頭に汗を掻き、虫にも刺されやすく、白い肌に赤い丘疹がとても目立って
しまいます。虫刺されは皮膚の放射熱の強さと炭酸ガスの放出で虫が集まりや
すくなるのですが、様々な要因が蚊をはじめとする虫を引き寄せてしまってい
るようです。ちなみに血液型ではO型の方が蚊に刺されやすいとTVで放映し
たことがあるようですが、これは私にはちょっとわかりませんがあるのかもし
れませんね!

痒みを強く感じる人、また随分前の虫刺されなどをぶり返してしまう体質の方
(これも解毒体質の方に多いようです)は、アトピー性皮膚炎という難治型の
強い痒みを伴う皮膚炎と診断されやすいので、むやみに薬はお勧めできません。
痒みを強く感じさせないためには、まず自分の体質を理解した上で“食毒”の
改善が一番近道になります。もちろん近道といえども半年、一年はかかります
が、蚊に刺されやすい程度ではなく、虫刺されが跡になる!アトピー性皮膚炎
といわれた!アレルギーがある!こんなタイプの方は絶対に食生活の改善です!

「自分の体質がそんなによくないの?」「わからない!」という方には、特に
宣伝しているわけではありませんがイオンカルシウムを試してみると良くわか
ります。その中でタチカワ電解Caとかパンカルという名称のイオンカルシウ
ムは本当に飲みにくいのですが、なぜか体質の良い方はそんなに不味く感じま
せん!大高酵素という商品がありますが、今の味はわかりませんがこちらも体
質に問題があると非常に飲みにくいです。その他身体に良いもので結構な歴史
のある生薬や健食は体質を見るのに適していますよ!現代人に合わせた飲みや
すいタイプのものは逆にわかりずらいのですが、良いものは補い続けてみると
良いでしょう。ただし納得させてくれる薬局さん等でキチンと聞いてからにし
てくださいね!

どうでしょう?“痒み”も角度を変えるとまた少し違った見方ができますね!
少なくともスナック菓子やジュース、コーラ、ファストフードは控えめにして
くださいね!

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up