冬|季節のトラブルー老化ー|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0673 季節のトラブルー老化ー

NO.0673 季節のトラブルー老化ー

関東では今年はまだ大雪がありません。北国出身の私は、つい期待してしまい
ますが後のことを考えると軽はずみな発言は控えないといけません…。一年で
一番寒さの厳しい季節ですのでお肌の状況を改めて勉強していきたいと思いま
す。

冬の肌は寒冷寒風、乾燥から一年で一番つらい時期を送っていると考えてくだ
さい。例えば大人のニキビが悪化したとか、カブレが発生してしまったという
トラブルの発生以外にも気づかないうちに進行しているトラブルがあります。
それが“老化”というトラブルなのです。老化というと「私には関係ない~」
と思っていらっしゃる若い方も多いと思いますが、皮膚年齢と年齢は必ずしも
比例しているわけではなく、年齢が若くても皮膚年齢はもっとずう~っと上!
という現実があるのです。

ここでいつものお肌の復習です。若年型ニキビと私がよくお話しする10代前
半から高校生くらいで悪化するニキビでお悩みの方、結構いらっしゃると思い
ます。このタイプのお肌の方はニキビを治したいために、あわてて色々なこと
を行い、逆にニキビ跡を作ってしまう方もいるのですが、実際は老化しづらい
中々質の良い肌を持っている方々なのです。遺伝的な要因がかなりある若年型
ニキビ肌は、基本的に皮脂量が多い肌質なので、ケアを上手にして水分をしっ
かり取り入れていくスキンケアをしていくとバランスがとれ、若々しい肌をい
つまでも保てるというメリットがあり、実際に悩んでいたニキビでも無理なス
キンケアや薬はできるだけ避け、食事や生活習慣のバランスを保っていると、
一定年齢でスッキリきれいな肌に戻る方が多いのです。ただしこの中の10~
15%の若年性ニキビ肌は、何らかの原因で残念ながら改善しづらい大人ニキ
ビに移行してしまうこともチェックしておいてください。

そしてニキビに悩まなかった人のほとんどは、毛穴の目立たない乾燥肌の方で
す。日本人の80%以上がこの乾性肌タイプなので老化しやすい肌、または老
化を感じる肌質の方が圧倒的に多いわけです。それでは女性にとって老化とは
何でしょう?“シミ”“シワ”“くすみ”“たるみ”“白髪”これがスキンケ
アにおける老化現象になります。日本人と外国人の肌を考えると少し意外なデ
ータがあります。米国の有名コスメメーカーが日本進出に向けて皮脂量を綿密
に調査した結果、日本人は白人の人の肌よりも20%も皮脂量が多いことが分
かったそうです。20%とは驚きですね!しかしこれは日本人には化粧水ケア
が大切で、白人、黒人女性はクリームを重要なスキンケアとするというのがよ
くわかります。これはまず、肌表面の角質、この厚みが日本人の場合白人女性
の3分の2ほどの厚さしかなく、その代わりに真皮と皮下組織がかなり厚いと
報告されていて、弾力のあるバランスの取れた肌ができるということになりま
す。白人女性の場合は角質が厚く、真皮と皮下組織が薄いため常に角質をピー
リングして、しっかりクリームを使うケアをして初めて肌が柔らかくなるため、
日本人女性の水分ケアはあまり必要を感じず、化粧水もふき取り用として使用
することが多いようです。ですから白人女性に比べるとハリのある“老化しづ
らい肌”ということになりますが、日本女性にもそれなりの悩みがあるわけで
す。しかし肌質の違いが日本女性を世界的に見て“若々しい年齢のわからない
女性”というイメージにしてくれているのはありがたいことです。ここで大切
なことは、世界的に見て老化しづらい肌ではありますが、感想肌の女性は“老
化しやすい”という現実は変わらないということを忘れないでください。しっ
かりケアをすればこその肌年齢の維持ということです!

もちろんニキビ肌だった方もケアの必要性は当たり前にあります。毎日のクレ
ンジング→洗顔→化粧水→保湿→特に冬場は水分をたっぷり与えた後のクリー
ム使用が大切なのです。そんな中きちんとケアしているのに肌が思うように戻
らないと感じている方…。生活習慣もとても大切なのです!12~1月は生活
の乱れが一番出る季節なので、1月も後半になると体調も肌もバランスが崩れ
てきます。先ず大切なのは食生活です。“インナービューティー”という言葉、
とても重要です。冬はビタミンA、B、Eが冷えにもスキンケアにも必要な栄
養素です。豚肉、レバー、青魚、緑黄色野菜、海藻、ナッツ、卵、大豆等、食
事の中にしっかり取り入れましょう。そしてアルコールは血行を悪くして乾燥
肌になるというデータがありますので飲み過ぎに注意です。そしてタバコも血
行を悪くしてしまいシワとくすみの原因になりやすいので、できれば避けまし
ょう。室内の温度もやはり大切なのでチェックしてください。

老化は冬に起こりやすいトラブルです。毎日の生活の注意とスキンケアでかな
り改善できますので、この場を借りてしっかりアドバイスさせていただきまし
た。もう一つ付け加えますと、ストレス解消を忘れずに、楽しく過ごせるよう
にしてくださいね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
  http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
     http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒104-0042 東京都中央区入船2-7-4
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up