夏|季節のお手入れー汗と体臭対策ー|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0651 季節のお手入れー汗と体臭対策ー

NO.0651 季節のお手入れー汗と体臭対策ー

今年は早々とゴーヤカーテンを作っているお家が目につきましたが、この
ところぐんぐん勢いよく育っているようです。グレーのカーテンをかけて
日差しを防いでいるお宅も多いですが、やはり植物のカーテンは清々しい
イメージですね!

さて、エルニーニョ現象の年は冷夏という予想はすんなり撤回され、いわ
ゆる厳しい暑さが予想される夏ですが、やはり気になるのは汗や体の匂い
です。実はTVで○○○除菌スプレーのコマーシャルを熱血タイプの元ス
ポーツ選手がされていますが、あんなにスプレーしてあんなに頬ずりして
本当に安全性はどうなんだろうと気になりました。そうしましたら「買っ
てはいけない」がベストセラーになった渡辺雄二さんの本に「○○リーズ
はいらない」というのがありました。なるほど、やっぱり!使用は気をつ
けることが大切!除菌、消臭スプレーは、家庭用品品質表示法の対象外な
ので詳細に成分を表示する必要がないのです。だから「除菌成分」程度の
表示になっているのです。実際に○○リーズの除菌成分は、天然由来消臭
成分となっていますが、第四級アンモニウム塩という化学物質で除菌作用
を謳っている色々な製品に使用されています。第四級アンモニウム塩は、
陽イオン界面活性剤ですので逆性石鹸と考えていただくとわかりやすいと
思います。

それではそれが体に無害かというと決して無害ではなく、化学物質過敏症
の原因やぜんそく、不整脈などとの関連が取りざたされていますので注意
ですね!この考え方からすると汗対策製品も同じことだと気づかされます!
制汗剤の汗を抑える収斂剤は塩化アルミニウムです。これもやはり長期に
わたる使用や使用法を間違えますと、腋の下にはリンパ腺もありますので
注意が必要です。そして同じようにシャワーシートも考えなくてはなりま
せん。シャワーシートにおける“摩擦”は、皮膚に傷を作ってしまい、成
分を経皮毒化させてしまうこともあります。スプレーも腋毛の処理後等傷
のあるときの使用は経皮毒化されやすいので注意が必要です。それでも汗
の季節は日本人にとってはとても気になる時季ですので、今回は除菌や消
臭の怖さを理解しつつ、匂い対策のケアを考えてみましょう。

汗にはサラサラ汗とベタベタ汗があるのをお気づきですか?サラサラ汗は
汗腺が毛細血管から塩分やミネラルなどが混合された水分を吸収して、必
要な成分を体内に戻し、水分だけが発汗される状態の汗です。それに対し
ベタベタ汗は、塩分やその他の成分が体内に戻れず、水分と一緒に発汗さ
れてしまう状態なのです。そしてその原因と考えられることが…、
・ストレス
・睡眠不足
・食生活
・冷房などによる自律神経の乱れ、などです。
これらは、できるだけ改善努力していただかなければなりません。
簡単なベタベタ汗対策としては、日中に十分水分を摂る!この時の水分は
できるだけ水にしてください!そして入浴時は湯船に入り発汗と浄化作用
を促進します。これが簡単にできるケアになります。そして制汗剤の使用
法は、入浴後、汗を乾かしてから使用していただくのが一番効果的で、濡
れている状態や、すでに発汗しているときは、効果が期待できず匂いが混
合されることもありますので注意してください。

男女ともに匂いが気になるときは、その元となる汗腺であるアポクリン腺
の汚れや詰まりも原因しますので腋毛の処理はとても効果的です。ただし、
処理後すぐの制汗剤は先ほどの経皮毒化の問題がありますので、一晩はあ
けるようにしてください。そしてもうひとつは、首や脇の下のクレンジン
グ使用です。オイルは流れてしまいますので注意が必要ですが、スキンケ
アに使用しているクレンジングを腋の下や首に延ばして入浴していただく
と、汚れをしっかり分解でき、加齢臭対策にもなります。そして良く泡立
てたソープで洗い、よくすすぐというのが大切なポイントですね!

スプレー、スティック、液状、ロールタイプと制汗剤は色々ありますが、
自分の好きなものが一番合っていると思います。ちなみにアメリカでは、
スティックタイプがほとんどですから強力なのかもしれませんね!日本人
は、世界で一番体臭のない民族といわれていますが、生活習慣の変化など
で気を付けなければいけない部分もありますので、もう一度考えてみてく
ださいね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
  http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
     http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒104-0042 東京都中央区入船2-7-4
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up