春|豆知識ーアレルギーと食べ物ー|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0637 豆知識ーアレルギーと食べ物ー

NO.0637 豆知識ーアレルギーと食べ物ー

晴天が続いています。気分もすっきりしてくるので不思議ですね!
とはいうものの、今年は例年よりも少ないといわれているスギ花粉ですが、
どうしてどうしてかなりトラブルを発生させていらっしゃる方が多いよう
です。花粉の量の多い少ないというのは、その年花粉症デビューの方の
多い少ないに関連してきますが、アレルギーの方の重いとか軽いには、
あまり関係ないと考えていただいた方が良いですね!
そして今年はアレルギーではないのに肌にカブレを発生させている方が
多いのも特徴です。春になり顔にツッパリ感が出ていたり、細かい湿疹で
肌の表面がザラついていたり、部分的にカサついていたりしたら、この
季節はかなりダメージを受けていると考えてください。特に冬の間の
ケア不足は季節の変わり目に素直に出てきますよ!

さて今回は食べ物の及ぼす肌への影響を少し考えてみましょう。
現代における美味しいものは、昔と違ってかなり個性的だと思います。
例えばお寿司が回っていなかった時代は、やはりお寿司は高級品でしたし、
ピザなど、ほとんどの日本人は食べたことのなかった時代もあります。
銀座で初めてマックシェイクを飲んで感激した人も多かったと思います。
そんな時代の食卓は朝食こそパン食の家庭もありましたが、夕食は全体
的に黒っぽい食卓でした。どのように黒っぽいかというと、煮物、焼き魚、
豆類、お浸しや、漬物等、もちろんお肉もありましたが、今のような
野菜サラダや冷たいスムージーなどはなく、インスタントラーメンこそ
ありましたが、コンビニもなく、お店が7時や8時に閉まってしまう時代
には、アレルギーの人は本当に少なかったんですよ!とすると、やはり
体質の変化は、とてもアレルギーと関係が深いということになります。
そして、ひと昔前の食事は日本人の体質に合っていたということにもなりま
せんか?ご飯、みそ汁、副食のバランスが良いということになります。
一口にいえば温食なんですね!身体を冷やさない食生活は、肌にも良いの
です。全部とは言いませんが、少しだけ食生活を見直すことによって肌にも
体にも変化が出ます。もちろん、既に気を付けていらっしゃる方も多いと
思いますが、日本人はブームに弱いということを理解して、今流行の食生活
が本来自分に必要かを考えてみてください。例えば今流行のスムージー
ですが、これを百科辞典で調べてみると“本来は果物や野菜を使ったシャー
ベット状の飲み物である。クラッシュアイスを使用したフローズンドリンク
やシェイクと似ているが、スムージーは材料を凍らせて作る飲み物である”
と書いてあります。基本的に野菜は葉野菜、ホウレンソウや水菜、小松菜、
セロリ、クレソン、大葉など、果物はりんご、梨、桃、プラム、イチゴ、
グレープフルーツなどでつくります。キャベツや人参、白菜、トウモロコシ
等は使用しないそうで、キャベツなどは良さそうですがお腹が張ってガスが
溜まるので注意だそうです。それではスムージーは日本人にどうかというと
内臓がかなり冷えてしまい代謝が低下しやすくなる人もいます。特に花粉症の
シーズンは身体を冷やすことによって症状が悪化することが結構あるので、
体質を考え、実行するとすれば朝が良いでしょう。

そしてアレルギーを起こしやすい食品には化学物質を含むものもありますので
例を挙げてみましょう。
トマト、ホウレンソウ、なす、タケノコ、これらの食品はヒスタミンが
多く含まれています。また、バナナ、キウィ、パイナップルはセロトニンを
含むのでアレルギーの方は避けた方が良いでしょう。そしてもう一つ、小麦は
ほとんどが輸入品なのですが、海外からの輸送に耐えうるように殺虫剤や
防腐剤の使用が許可されていますので、これも長い間には要注意です。
もちろんファストフードやインスタント食品も注意してください。日本人の
食生活には揚げ物や単品の食事はあまり合っていないと考えた方が良いので
バランスを考えた食事がお勧めです。

こんな資料がありました。
・スギ花粉症にはトマトを控える。
・白樺花粉症にはリンゴやバラ科食物(桃、さくらんぼ、イチゴなど)を
 控える。
・ブタクサ花粉症にはスイカ、メロン、きゅうりを控える。
これらは特に悪化原因になるようです。毎日の食事や間食が丈夫な体や肌に
とても関係しているわけですね!肌も敏感になる季節ですから、体を温める
食生活を取り入れてアレルギーシーズンを乗り切ってください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
  http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
     http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒104-0042 東京都中央区入船2-7-4
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up