冬|季節のトラブルーカサカサとツッパリ感ー|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0626 季節のトラブルーカサカサとツッパリ感ー

NO.0626 季節のトラブルーカサカサとツッパリ感ー

大寒も過ぎましたが、まだまだ体感的には寒い日が続いています。
「今日は15℃くらいになります!」という予報士さんの言葉を信じて
何度失敗した~と感じたことか…。よく考えましたら私の住まいは茨城
なので寒いんですね…!
それでも今年はお天気に恵まれている冬だと思います。ただこんな冬こそ
これから大雪~なんていうパターンもありますので注意しましょう。

さてそろそろ花粉のシーズンになります。感じ始めている方も多いよう
ですが、今年の超乾燥は肌荒れや痒みを発生させてアトピー、アレルギー
の方はもちろん、身近でも首や体を痒みから傷つけている方が多いようです。
もちろんお顔では肌荒れの発生がひどいようで、電車の中でもカサカサの
肌にメークしている方をよく見かけます。カサカサするという状態が、肌に
とってどれくらいのダメージなのか気にする女性は意外に少ないようですが、
「シミやシワ、タルミの原因になるんです!」というと急に気にされる方が
多くなります。そこで今日は、カサカサ肌(お顔)、痒いカサカサ(身体)
について勉強してみましょう。

高温多湿の日本の夏は日本人にとっては、お手入れをしなくてもしっとり
潤って感じられる季節になります。そして逆に冬は超乾燥で湿度がなく、
ノロウィルスやインフルエンザなどが大流行する季節です。お肌にとっても
お手入れをさぼりがちな方やアレルギーの方は肌が全く思うようにならず
トラブルが悪化する季節になります。

それでは先ず、肌(皮膚)について少し復習してみましょう。皮膚の内部を
守る皮膚表面、手で触れられる部分を皮膚組織名で表現すると角質層という
名称になります。この角質が身体、お顔を守ってくれている部分で、厚さ
でいうと、人によって違いはありますが0.01~0.03mm程度の薄いラップ
のような状態で内部を守ってくれています。この角質には3つの潤い因子
というものがすべての方の肌に含まれています。一番表面が皮脂膜、内部
に入り細胞間脂質、そしてNMFと呼ばれる天然保湿因子です。それぞれ
皮脂膜は天然クリームと考えられ、内部に入って近頃よく聞くセラミドを
含み、スポンジのように水をしっかり貯えてくれる細胞間脂質、水分を
しっかり閉じ込めるNMF、これら潤い因子が肌のコンディションの良い
悪いに大きく影響してきます。

超乾燥のこの冬、手でお顔を触れてしっとり感じられる肌こそ老化対策の
できているお肌ということになります。しかしほとんどの方はこの3つの
潤い因子が流出してしまいカサカサまたはツッパリ感を感じやすい肌に
なっています。このツッパリ感やカサツキは皮膚トラブルの初期状態で
これを放っておいて悪化させてしまう方が今年は多いようです。悪化した
状態の肌を乾皮症とか皮脂欠乏症と呼びますが、この状態はすでに乾燥
ではなく、皮膚トラブルとして考えていただいた方が良いでしょう。

痒みが起こるのが先か、カサカサになるのが先かは人によって異なりま
すが、ストレスや生活習慣も大いに関係してきます。痒みやカサツキが
ひどくなると、ストレスや習慣によって悪化させてしまい、安易に薬を
乱用してしまったりすることが多いので、スキンケアを整えるという
基本をしっかりしていただくことが大切です。例えば冬の乾燥から乾皮
状態になると、肌の深部にある痒みを感じる知覚神経が、皮膚表面のカサ
ツキや内部に異物が入ったりする刺激によって、本来あるべき部位から
伸びて表面に出てきてしまい、強い痒みを感じるようになります。この
ように外からの刺激を受けると皮膚の内部では肥満細胞からヒスタミンを
放出するので、より痒みが強くなり悪循環を繰り返します。痒いから掻く、
掻くから傷が悪化して痒くなる!これではよくならないですね!そこで
大切なことはケアをするということです。面倒でも毎日のケアです。
例えば身体であればボディシャンプーを低刺激性のものに変える。入浴剤
も質の良い保湿効果のあるものにする。入浴中、シャワーをあまり熱く
しない!湯船は一番湯は入らない!傷のあるところにシャワーを使用しない。
入浴後保湿剤をしっかり使用する。その際、圧迫が痒みを強くしますので、
強くすり込むようには使用しない。そしてスキンケアでは、ピュアで良質
なオイルをクレンジングの前につけて、クレンジングと洗顔もソフトなもの
にしてよくすすぎ、すぐにオイルをつけて再度すすぐ。入浴後は保湿ロー
ションやクリームを擦らないように使用する!この繰り返しです。

そして何度か紹介した“桃肌爽”という油性クリームを特にひどいところ、
乾燥しているところにつける!身体も同じです。このような繰り返しで
ケアすれば肌のバリア機能が戻り、肌力がついてきますので改善に一歩
近づいてくるはずです。ただし、睡眠不足、便秘、下痢、ストレス、食生活
の偏りは皮膚トラブル改善の妨げになりますので気を付けてください。
コタツや電気毛布などもカサカサや痒みの原因になる事がありますので注意
してくださいね!痒みやカサツキは、一度悪化させてしまうとなかなか
改善が大変なトラブルです。日々のちょっとしたケアでトラブルを起こさ
ない肌が作れますので、今年は老化対策の一つとしてカサカサやツッパリ
感を起こさない肌を心がけてくださいね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
  http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
     http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒104-0042 東京都中央区入船2-7-4
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up